ファミリー メンタル クリニック

児童精神医学,サッカー,時にテレビや映画、Macのネタ。
要するにひとりごと・・・

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

元厚生事務次官連続殺害・傷害事件をテロと表現

2008年11月18日 | Weblog
9時のニュースで驚愕。さいたま市で元厚生事務次官夫婦が殺害された。
また、今日の夕方は東京でも、元事務次官の妻が宅配便を名乗る犯人から刺された。
お亡くなりになった方のご冥福を祈ります。

ところで 9時のNHKニュースではテロという表現は控えめに使われていた。
10時の報道ステーションでは「連続テロ」か と表現している。
年金や後期高齢者医療で不満を持つ者から脅迫されていたと同番組では報道している。
(追記 1日経ち19日の朝のニュースでは 病院へ運ばれる元事務次官の妻が 夫が狙われている と話してたということのようだ。ニュースの聞く方のボクに先入観があって間違って解釈していたかもしれない)

連続テロ・・・・かもしれないが 腑に落ちない。

果たして、テロリストが退官した事務次官を狙うだろうか。
年金や後期高齢者医療に不満があり、こんなことをするだろうか?
不謹慎な言い方をすれば 現在の事務次官なり厚生大臣を狙うならテロリストの行動パターンとして分かりやすい。

ふと、思い出すのは、ライブドア事件で沖縄のサウナで「自殺」した社長や、姉歯事件との関連で「自殺」した社長・・・

恐らく犯人は捕まらないか、憂国の士が義憤に駆られてという線で、結局何かうやむやのまま終わるのではないだろうか・・・

テロに見せかけた大きな事件・・・・ミステリーの読み過ぎか。
というのも 早い時点でテロかという表現が気になるからだ。
長崎市長が射殺されたときもテロという表現ではなかった。
自民党(加藤)議員の事務所が放火されたときも自民党内部からもテロという表現はなかった。

ボクらがテロと思うときは使わない言葉を使うところが気になるのだ。
今日から明日にかけ、ネット上で色んな「情報」が飛び交うのだろうか。

ジャンル:
ウェブログ
Comment (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« つながらないと ただのヒモ以下 | TOP | 愉快犯の危惧 »
最近の画像もっと見る

1 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
これは間違いなく口封じ (kaetzchen)
2008-11-21 15:47:26
というのが「一般の主婦」からのメールでした.ごくフツーの主婦がニュースやワイドショーを見ていてさえ,そう感じるのだから,彼女たちはますます「正論を唱えようとすると殺されるかも知れない」と感じているのだと思います.

つまり,アッソー政治というのはテロリズムを越えた,恐怖政治なのでしょう(笑)

# インフルエンザ接種の副作用で肺炎になり,さらにおとといは 600を越える高血糖で倒れ,救急車で運ばれ一晩点滴を受けてました(泣) そんな訳で,自分のブログはしばらくお休みしています.

Related Topics