LGBTの家族と友人をつなぐ会ブログ

レズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダーの家族や友人による会のブログです。

「ミナミダイバーシティフェスティバル」にブースを出展しました!

2017年01月04日 | Weblog
2016年11月20日、大阪・難波にある「湊町リバープレイス」にて開催した「ミナミダイバーシティフェスティバル」にブースを出展しました。

大阪は昔から多様な文化や歴史的背景を持った人々が共に暮らし、独特の文化を創って来た一方で、そんな多様性を持った人々との「違い」から生ずる様々な差別や軋轢を生みだした「負の歴史」があり、これからも解決しなければならない課題も多いのも実状です。
このフェスティバルは、地域や民族等、様々な属性を持った人々、多文化共生やマイノリティ支援に関わる人々が集まり交流する事で、それぞれが抱える課題解決のきっかけ作りの場にして行こうと言う趣旨で実施されました。
以前、つなぐ会の神戸ミーティングで「ヘイトスピーチについて」ご講演をいただきました、コリアNGOセンターのみなさまからのお誘いで、LGBTの支援団体として参加する事になりました。

会場は大阪ミナミの繁華街からも近く、国際色豊かな食べ物を出しているブースや楽しい音楽や民族舞踊が披露された事もあって、来場者が多く私たちのブースにも立ち寄っていただける方も多くいらっしゃいました。
ブースに来場された方に、LGBTに関するアンケートを実施、結果は次の通りとなりました。

Q1:「LGBT」と言う言葉を知っていますか?(63名回答)
 年齢  10歳まで 10~20  30~40  50~60   秘密    計
 はい    2     31      19      3      2     57
 いいえ   0      3       1     1      1       6
Q2「LGBT」の人に出会ったことがありますか?(62名回答)
 年齢  10歳まで 10~20  30~40  50~60  秘密     計
 はい    0     26      19      3      1     49
 いいえ   1      7       1     2      2     13

もとより、このフェスティバルの趣旨について知った上での来場者が多く、私たちのブースに立ち寄られる方も、LGBTに関する問題意識が高い方が多い事もあり、いずれもかなり高い割合で知られていると言う結果になりました。
また、ブースに来られる方も、現在、LGBTに関わる問題についてグループ研究を行っている学校の生徒さん方や、LGBT当事者が学校や職場に居て、どの様に対応すれば良いか?相談される方が多く、改めてこの問題の関心の高さを実感しました。
また、私たちもこの社会の一員として、様々な課題を抱える人々と連携しながら、より住みやすい社会について考える良い機会となりました。
(あやか)
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 東京ミーティング(2016/12/1... | トップ | 第87回神戸ミーティング(... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。