LGBTの家族と友人をつなぐ会ブログ

レズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダーの家族や友人による会のブログです。

東京ミーティング(2月18日)の報告

2018年02月20日 | Weblog

2月18日に開催したつなぐ会ミーティングの感想を参加者の方から頂きました。

初めてつなぐ会に参加させていただきました。
当事者会ではなく、家族、友人という視点を大切にした会に参加したのは初めてで、親が多いと思うと、なんとも身がしまる思いでした。
(自分自身さえ、自分の感覚に半信半疑なのに、人に理解してもらえるとはなかなか思えないからだったかもしれません。)
参加者の多くは受け入れよう、当事者たちの感覚を大切にしようという方ばかりで、素敵な場所だと思いました。

参加して何より驚いたのは子供の当事者がこんなにもいるということ。
当初、当事者の子どもたちなのかな?と思っていましたが、なんとその場にいた子供達全員が当事者!完全に想定外でした。

私の性別違和を人に説明するならばXジェンダーやクエスチョニング。
自分の性別とは何か?男と女を分かつポイントは何か?
この違和感の根源は何なのか?と、ぐーるぐる考え続けている身からすれば、子どもたちはなんと潔い良いことか。
堂々と異性装し、その姿にはなんの違和感もないのです(当事者とさえ思えなかったわけだし)。
子どもたちは皆、第二次性徴期前。
男女どっちの服を着たって(大人から見れば)似合うし、
服を脱いだって(大人から見れば)大差がない。
私なんて30余年生きて未だに堂々と自分の性を見つけることも、受け入れることもできていないのに、子どもたちはのびのびと自分に性を謳歌している・・・(ように見える)。
子どもたちの考える性と、私が定義できずにいる性は、もしかして別物なのかもしれない、とさらに混乱しております。

遠目から元気な姿を見ていただけの私には、子どもたちの悩みも苦しみもまるで見えていないと正直思います。
それでも子供の頃から自分の考える性で成長していく子どもたちは、将来、どのように性をとらえ、性を語るのか。
今から楽しみになりました。


この記事をはてなブックマークに追加

第17回名古屋ミーティングレポート

2018年02月07日 | Weblog

1月21日㊐ イーブルなごや 第2研修室にて行いました。

参加者 12名  うち初参加者 1

(当事者の親が5名 当事者7名)

 

初参加のかたは、息子さんが当事者だという母親のかたでした。

親子参加、パートナー同士の参加者もいました。

 

自己紹介のときからNHKのTV番組「女子的生活」に話が及び、当事者のかたからドラマの中の「子どもの不幸を願う親はいない」と言うMTFの主人公の父親の言葉が印象に残ったという話が出ました。私も見ていたので、「親としても共感できた、本当にそう思う」と話しました。

 

初参加の母親からは、子どもが自殺するのではないかと心配していたので、カミングアウトしてくれてよかった。子どもは周りにカミングアウトするようになり、明るくなった。自分自身は、子どもからのカミングアウトを受けて、受け入れられると思っていたが、実際は受け入れられているのかどうかわからない。病院に通始めているが、まだはじまったばかり。これからいろいろなことが起こってくると思う。自分も勉強しようと思っているということでした。

これに対して、他の親からは、初めから受け入れようとする姿勢がすばらしいという言葉も出ました。

同じような立場の母親からは、自分の子どもは1年で不登校になり、当時は「死にたい」と言っていた今は受け直した学校に通学しているが摂食障害になっているという話も出ました。

 

発達障害を勉強している方からは、発達障害とLGBTの関連性などについて意見を聞くことができました。

 

トランスジェンダーのお子さんの母親からは、市へ同性パートナーシップの要望書を渡したことなどの報告もありました。

 

今回は名古屋のミーティングが始まった当初から毎回ミーティングに参加してくれていたOさんの訃報のお知らせをさせていただきました。

1月過ぎにOさんの親せきのかたから電話をいただき、昨年10月に亡くなったとのことでした。

Oさんからは母親との二人暮らしで自分はひとりっ子だと聞いていました。

ミーティングに来るときはいつも女性の服を着ていましたが、Oさんの指が工場で働いてるということを物語っているようでした。電話をくださった親戚のかたは、だれもOさんのセクシュアリティのことは知らず、亡くなって初めて知ったとのことでした。

いつもミーティングには連絡をくれるOさんからまったく連絡がこなくなり、おかしいとは思っていましたが、このようなことになっていたとは・・・。ご冥福をお祈りいたします。

 

榊原



この記事をはてなブックマークに追加

東京ミーティング(2017年12月17日)の報告

2017年12月30日 | Weblog

2017/12/17に開催したつなぐ会ミーティングの感想を会員の方から頂きました。

28名の参加者がありましたが、内5才のトランス当事者1名、小学生のトランス当事者2名の参加がありました。
また、小学生の当事者のいる親御さんのみの参加もありました。
回を重ねるごとに当事者の若年化が目に見えるようになってきました。
更にXジェンダーの方々も。
10年来、参加者は、レズビアン、ゲイ、トランスジェンダーにほぼ集約されていましたが、近年の様変わりに、時代の変容、まさしく多様性を感じます。

今回のゲストは、漫画家で、作家、ブログの人気も高い歌川たいじさん。
著作である「母さんが、どんなに僕を嫌いでも」(出版社:エンターブレイン、発売:2013/2)は、号泣物のコミックエッセイ(小説もあります)です。
すさまじい虐待の中で育ち心身に深い傷を負った少年が、悪友や、あったかいばあちゃんや、頼りになる仲間という周りの人たちの、温かい言葉や、何気ない会話から気づきを与えられ、絶望的な心がすくい上げられていきます。
虐待の描写に胸が痛くなって途中読み進めなくなるほどですが、他人との出会いによって、少年の心が動き出し、親との軋轢を乗り越えて大人になっていく姿に心が震えます。

歌川さんの講演では、この本を紹介しながら、逆境力についていろいろとお話していただきました。
やはり人との出会い、繋がりそして自分を大切にすることということでしょうか。
ただ、その中心にいる自分が閉じこもっていては何も始まらない。
それでは他人に出会わない。
ひとりで悶々としていれば、自分の狭い頭の中で貧しい妄想がふくれ拙い判断をし、失敗を重ねていくという悪い循環に陥るもの。
けれども反対に、たとえ自分自身はちっぽけな存在でも、誰かと繋がることで心が和らいだり、世界が違って見えてくる。
その繋がりが広がることで、自分が独りぼっちではないことを知り、ちっぽけな心に勇気が湧き、世界に踏み出せるようになる。
少しずつ踏み出すうちに自分自身も少しずつ強くなり、更に仲間も増え、段々良い循環になっていく。
そうやって逆境を乗り越えていけるのかと思いました。

つなぐ会のミーティングも、そんな場所でありたいと思います。
当事者同士、当事者とアライ、親同士が出会い、各人が窮状を訴えれば共に悩み、嬉しいことの報告には共に喜ぶ。
その繰り返しの中で、うつむきっぱなしの当事者が皆の前でしゃべれるようになり、カミングアウトを受け泣きじゃくっていた親が子どもを受け入れられるようになっていきました。回数を重ねるごとに、うろたえていた姿から前を向く姿に変わっていきます。

東京でのつなぐ会ミーティングがスタートして10年。
久しぶりに来てくれた方から嬉しい報告を聞く機会も増えてきました。
来年は、更にどんな出会いが待っているでしょうか。
多くの方々と繋がっていきたいと思います。



この記事をはてなブックマークに追加

第16回名古屋ミーティングレポート

2017年12月05日 | Weblog
11月19日㈰イーブルなごや・第2研修室にて行いました。
参加者14名 うち初参加者4名
(当事者の子どもをもつ親が7名・当事者が6名・支援者が1名)

参加者は、レズビアンも子をもつ母親、トランスジェンダーの子をもつ親、レズビアン、ゲイ、トランスジェンダー、バイセクシュアルの当事者と、LGBT支援者でした。中には夫婦参加の方もいらっしゃいました。
いつものように自己紹介から始めましたが、いつも参加される方からは、近況報告が加わるようになりました。
お子さんが念願かなって男子として体育の授業に出られるようになって学校生活を楽しんでいるといった話や、別の親からは、入り直した学校では始めから男子として学校生活を送る中、男友だちもでき、特に仲の良い友人もできて喜んでいる反面、仲良くなればなるほど本当のことを言ったらせっかくできた友達が去って行ってしまうのではないかという不安や恐れから言わないでいる。でも嘘をついているようで辛いと子どもが言う・・という話も出ました。
性同一性しょう害の子どもが唯一頼れるのが母親である自分だが、なかなか受け入れられない。自分との葛藤で苦しい。子どもの自殺願望や暴力、過剰に飲んでいるホルモン剤をやめさせたいがどうすることがいちばんよいのかよくわからない。子どもは早く手術をしたがっているが自分の気持ちがそれに追いついていっていない、と話してくれた母親もいました。
また、初参加の方からは、自分が親にカミングアウトしたら拒絶され、パートナーも受け入れてくれない。親とずっとうまくいっておらず、カミングアウトされた親はどんな気持ちになるものなのか知りたくてミーティングに参加してみた。家が田舎で自分がLGBTだと知られたらどんな目で見られるのか、そういう不安もある、という話も出ました。
休憩時間にはそれぞれ話したいもの同士が自然と集まっておしゃべりをする姿が見受けられ、さらに詳しい話をしたり情報交換する時間になっていると感じました。
ミーティング後半には、初参加者の方から、「こういう親たちいることがわかって来てよかった」という言葉も聞くことができました。
LGBT支援者として参加した方は、自分が仕事柄、最近LGBTの方たちと接する機会が増えて、自分の勉強のためもあるし、少しでもお役にたてたらという思いから来ている。この会に来るといろんな方のお話が聞けて勉強になる。これをまた仕事にも活かしたい、と言われました。
毎回主催する側も、傾聴や、言葉に表現する難しさに直面し反省することばかりです。
でも、「来てよかった」という言葉や参加者さんに励まされています。
何気ない言葉に傷つく人がいること、謙虚に耳を傾ける姿勢を失わない事を忘れずに、
このミーティングの場を大切にしていきたいと思います。
榊原

この記事をはてなブックマークに追加

会員からの活動レポート

2017年10月22日 | Weblog

★九州で啓発活動をされている会員さんからのご報告です。

教育現場で研修が増えていることはほんとうにうれしいことですね!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

人との出会い、そしてご縁により、私がお話をさせていただける場が徐々に広がってきています。

講演では、参加者の皆さんが、最初から最後まで、しっかりと聴いてくださっている姿勢と表情が良く分かります。

 

学校の先生方に講演をする機会も増えてきています。

先生方が、子どもたちと私との出会いを、と考えられているお話を伺い、嬉しく思います。

私は本物の講演を目指しています。私の言葉や思いが相手の心に届くように。

 

私の人生を変えた本、その本との出合いが、つなぐ会へと繋がりました。

もしも、その本を手に取っていなかったのなら、活動をしようと思わなかったのなら、これまで活動を続けていなかったのなら、と思うと・・。

これまでの間に出会った方々とは、出会わなかったはずです。

 

私は個人で活動をしていますが、つなぐ会の理事の方々や、つなぐ会会員の方からの応援が心の支えとなっています。私一人ではありません・・私の後ろには、たくさんの応援者がいらっしゃることを心に留めています。

 

「あなたの活動を応援していきます。」、とよく言われます。講演毎に、理解者や応援者を増やしている現実を思うと、私の役割の大きさに気づかされます。

 

現在行っている私の活動は、終活です。微力ですが、私が残せるもの、として取り組んでいます。

私ができる範囲で、できるものを、できるだけ長く、と考えています。

(M.H)


この記事をはてなブックマークに追加

第15回名古屋ミーティングレポート

2017年10月03日 | Weblog

9月24日㈰イーブルなごや・第2研修室にて行いました。

参加者12名。うち、初参加者1名。

(当事者の子どもをもつ親が7名、当事者の方が5名)

 

今回は私も当事者の子どもと参加しましたが、ほかにも親子参加の方やご夫婦での参加の方がおり、この会らしいミーティングとなりました。

初参加の方は、一年前に現在大学生のお子さんからトランスジェンダーとのカミングアウトを受けたとのことでしたが、以前よりそうではないかと思うこともあり、本人からのカミングアウトを待っていたので動揺することはなく、とてもうれしかったと話されました。ただ、手術するかどうかなど、これからの課題があるとのことでした。

また、前回のミーティングで、母親だけでなく家族にもカミングアウトをするつもりだと言っていた当事者の方からは、家族の反応やその後の家族関係のことなどの話を聞くことができました。

当事者の子の父親からは、本人が思春期でもあり、家の中でも避けられ、話もせず、いろいろ話して聞かせたいことがあるが、言うと今以上に親子関係が悪くなるのではと思い、気を遣いながら生活している。関係が良い親子の話を聞くとうらやましい、と言われました。こどもが幼少のころに「○○ちゃん、男だもん」という言葉を覚えている。そっちのほうだなぁ、と思っていたのでわりに受け入れられたが「男になりたかったら男らしく」と思ってしまう。虹色なのはわかるけど・・で止まってしまう・・と、正直な胸の内を聞かせていただきました。参加者の中からは、「お父さんがこういう会に出てくるのがすごい」ということばも出ました。

最近手術を受けたばかりのトランスジェンダーのお子さんのいる母親もいて、これから手術する当事者の方に向け、どのくらい仕事が休めるのか、どういった手術をうけるのか、付き添いの人の有無や費用のことなど、経験者ならではの具体的な質問が出される場面もありました。

ある母親からは、日本では、発達「障害」や性同一性「障害」などと、「欠けているもの」のような名づけ方をしているが、アメリカでは「チャレンジチルドレン」と呼ぶ。「ギフトをもらって産まれてきた!」サポートはするけど、弱者ではない。違うことを腹にすえて生きていこう!と周りも声をかける。ということを教えてもらい、皆で頷く場面もありました。

休憩時間には親同士が情報交換などをしている姿も見られました。

年齢が上とか下とか、性別や立場の区別に関係なく、知らないことを教え合ったり、尋ねる、話を聞くことができる場であることを嬉しく感じられるミーティングでした。

以上です。

榊原


この記事をはてなブックマークに追加

東京ミーティング(8月6日)の報告

2017年08月20日 | Weblog

8月6日、年に1回の親だけの会を神宮前イロドリで開催しました。
今年で6回目ですが、過去最高の20名が参加!
そのうち初めていらしたかたが6名。
日曜の午後、ウェルカムドリンクを飲みながら自己紹介。
20人もいると一巡するのに結構な時間です。
その後は5グループに別れて話し合いをしました。
軽食に舌鼓をうちつつ、日頃話せない事、聞けない事などを時間オーバーするまで語り合いました。
曇りそうになる心をお互いが思いやり、明日からの元気をチャージ。
誰もが笑顔で暮らせる毎日が子どもにも親にも訪れる日を願って、家路に着く後姿を見送りました。
また来年ね…


この記事をはてなブックマークに追加

第14回名古屋ミーティングレポート

2017年08月02日 | Weblog

<第14回名古屋ミーティングレポート>

 

7月30日㈰ 13:30~16:00 イーブルなごや・第2研修室にて行った。

参加者17名。うち、初参加者3名

(当事者の子どもをもつ母親が7名、当事者の方が8名、支援者の方が2名)

 

初参加のうち、2名の方は親子で、1名はレズビアンのかたでした。

母親とFTMのお子さんで、きょうこれから家に帰って家族にカミングアウトをするつもりだというお話でした。それで、どのようにカミングアウトしたらよいか、経験やアドバイスなど聞きたいということでした。

同席していたFTM当事者のかたや同じ立場の母親たちそれぞれが体験を交えた話をしましたが、頷かれながら熱心に聞いておられた姿が印象的でした。

ご本人は社会人として働いていて、ホルモン治療は受けているが手術はこれからとのことで、病院選びや手術経験者の方からのお話、職場へのカミングアウトはどうするか、どこまでカミングアウトするか、など多方面にわたり話しました。

相談の内容により、どこに相談したらよいかわからないときもあるという話には、適切に答えられるかたがいて、情報を知ることもできました。

他の当事者の方からも、自分は家族にカミングアウトしたが受け入れてもらえなかった、カミングアウトされた時の親の気持ちを聞かせてほしいと言われ、母親たちがその時の気持ちを話すという場面もありました。やはり家族へのカミンガウトは当事者にとって、高いハードルであることを再確認しました。

生命保険会社で働く、支援者として参加された方からは、保険の相談でお客様からカミングアウトされたことがあったことや、そのときどう対応したかというお話なども聞くことができました。

初参加のレズビアンの方からは、最近起きた嫌なこととして、当事者団体が主催するパーティ会場でストレートと思われる男性から偏見のある嫌な言葉を浴びせられ腹が立った、という話も出ました。LGBTという言葉もかなり浸透してきているとはいえ、まだまだ理解が進んでいるとは言えないようです。

お互いの立場から教え合ったり、新たに知ったりと、今回は特に参加者同士の交流がよくはかられ、活発な意見交換ができたと思います。                            

以上です。

榊原


この記事をはてなブックマークに追加

第1回なごや親の会ミーティングレポート

2017年07月29日 | Weblog

第1回 なごや親の会 ミーティングレポート

参加人数  8名  

日時・場所 7月16日㈰13:00~16:00   イーブルなごやにて

 

名古屋では初めての親の会でした。

毎回のミーティング参加者のうち、半数以上をしめる親(主にGIDのお子さんをもつ親が多い)同士の交流の必要性も感じていたところ、メンバーの方からやりましょうという声も上がり今回の開催となりました。

GID当事者の方から、「親としての心がまえ」や「子どもとの接し方」を学ぶ機会になりました。

参加者の中には、もうすぐ子どもが手術を受けることになっていると話す母親や、子どもが手術を受けたばかりという母親、将来的に手術を受けることになるであろうというお子さんの母親、またゲイやレズビアンの子のいる母親などがいました。

 

以下はアンケートに答えてくださった中からの抜粋です。

 

本日の感想

・同じ悩みを共有でき、うれしかった。励まされた。

・きょう来たことでさらに前を向けるようになりました。子どもが反発しても壁にぶつかって立ち止まってしまっても、苦しくて嫌なことではなくチャンスだと受け止めることができました。子どもと夢を探して前進していくことが楽しみになりました。

・親としていろいろ気をもむことよりも、大丈夫だよと受け止めてあげるだけでいいんだということが心に残りました。

社会への要望

・LGBTへの理解が深まり、ゆくゆくはLGBTという言葉がなくなるくらい普及するといいなと思います。

・GIDの医療費の保険適応。本当にそうなってほしい。一生ホルモン投与しないと生きていけません。

・学校教育の中でセクシュアルマイノリティの知識を正しく教えてほしい。

・手術をしてまでの性別変更しなくてはいけないということがなんとかならないのかと思いました。

LGBTの家族と友人をつなぐ会への要望

・いろいろなかたと出会え、自分の気持ちを素直に言える唯一の場所です。こういう会があることで本当に救われています。ありがたいです。

 

アンケートを見ていると、主催する側も毎回緊張感を持ってミーティングに向かい合わなくてはと思ったことでした。

榊原


この記事をはてなブックマークに追加

「親の会」のお誘い & 親たちへのメッセージ

2017年07月26日 | Weblog

8月6日(日)に、つなぐ会の「親の会」を開催します。
1年に1回の親だけの会です。
詳細はつなぐ会のHPを見てください。
親だけで大いに語らいましょう!!

最近のつなぐ会のミーティングには、小中学生を抱える親御さんの来訪が多い。

当事者の年齢がドンドン下がってきているようだ。

私の子育て中、今から20年近く前になるが、LGBTなんて言葉は巷になかったし、性同一性障害も同性愛も私には無関係だった。
女の子の服が大好きな男児もズボンしかはかない女児もいたけれども子供にありがちなこととして大して問題視しなかった。
ただ、親御さんは他とは違う子どもの様子に困惑し振り回されてる感がありありだったので、周りの親たちは「大きくなったら変わるわよ」と慰めていたものだ。
私の子供はといえば、保育サークルでの運動会で紅組やら青組やらの組別に色分けされた帽子を被るのが絶対に嫌で、仕方なく帽子なしにしたような・・・。
そんなこともあってお仕着せの保育サークルに限界を感じて、どんな子でも自由に好きなことができる保育サークルをつくった・・・。

そんなことを思い出しながら、親御さんたちの話を聞く。
相変わらず大勢に合わせろという学校という組織。
「お宅のようなお子さんは初めてです」というベテラン教師。
20年前と大して変わっていない。

最近は、メディアでLGBTニュースが頻繁に流れる。
渋谷区だけでなく多くの行政機関でセクシャルマイノリティの施策が提示されるような時代になってきた。
多様性が謳われ、個性が尊ばれる時代になっても、学校は別らしい。
何故なんだろう。

思春期前の子どもはそれこそ多様だ。
国籍の違い、家庭環境の違いはもとより、個性が歴然として違う。
おしゃべりな子、緘黙に近い子、聞き分けの良い子もいれば、自分の思いが強すぎて聞き分けられない子、感受性の強い子、読み書きの得意な子もいれば苦手な子もいる。
そして、男の子然とした子も女の子然とした子もいるが、判然としない子もいるのだ。
そのあるがままの子どもの姿を否定することなく受け止めるのが、本来の教育のあるべき姿ではないのか。
受容されたからこそ子ども自身の力で成長していくのではないか。

抑圧、矯正によるストレスは、子どもの自尊感情を貶めるのは知られていることだと思うが、身体的な成長も損なっているようにも見受けられる。
それを理解して子供に向き合っている教師はどれくらいいるのだろう。

そういう四面楚歌の状況の中で、ありのままの子供を受け入れてほしいと訴えている親がいる。
これは困難で孤独な作業だ。孤立無援になりかねない。そこをなんとか支援したいと思う。
それが先達の親の務めだと、私は思った。
(M)

 


この記事をはてなブックマークに追加