LGBTの家族と友人をつなぐ会ブログ

レズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダーの家族や友人による会のブログです。

東京ミーティング(2/5)の報告

2017年02月17日 | Weblog
2月5日に東京ミーティングを開催しました。

参加者の方から感想を頂きましたので、ご紹介します。



このようなミーティングに参加するのが初めての方も何名かいた為、ファシリテーターがLGBT用語のレクチャーをしながらのスタート。
「性同一性障害」、「トランスジェンダー」との呼び方の違いに、ほぼ困惑。
(「トランスジェンダー」は自分の性別に対する違和感を持つ人の総称で、「性同一性障害」は医学的な診断基準による診断名です。)
そのためLGBTの内、Tのグラデーションについて話が及んだ。
参加者の親が語る当事者の子どもの様相は千差万別で、同じFTMの範疇でも、手術を終えて、男性として一家をなしている者、自分は女性ではないことは確かだがいわゆる男性の価値観の中に自分をあてはめたくない、「自分は自分である」という者、性別違和は強いものの末だ葛藤の中にある者、その状態から踏み出そうとしている者と、カミングアウトから現状までの道のりもそれぞれのようだ。
揺るぎなく望みの性に向かっていく者もいれば、揺らぎながら自分の落ち着きどころを探している者もいる。
多分、L、G、Bも似たようなもので、性自認にしろ、性指向にしろ、セクシャリティはグラデーションということなのだろう。
しかし、これはセクシャルマイノリティと関わったことのない者にとっては理解しがたい。
世界は男女に分別されていると思い込んで生きてきた人々を混乱状態に落とし込む。

セクシャルマイノリティのコミュニティは通常ワンカラーで集うことが多いと思うが、このつなぐ会はあらゆるセクシャルマイノリティの当事者とその家族、及び友人、サポーターと幅広い層が集まるので、新しい出会いあり、発見あり、ここのミーティングを通して少しづつ自分の価値観が切り替わっていくのが、疲れるけれど面白い。

一旦休憩の後は、グループに分かれてグループミーティング。
現在、大学でセクシャリティについて勉強中という男性は、当事者と出会い、その苦悩や経験談を聴くことで学ぶことが多く、視野が広がったとのこと。
その一例として、震災時のゲイの帰宅困難者の話が出た。
当時、都心から自宅まで延々と歩いて帰ろうとしたが、不安と疲労で心が押しつぶされそうな状況の中、やっと見つけたパートナーと手をつなぎたくても人の目が気になって手をつなぐことができない。
その理不尽な現実を聴き、心が痛んだという。
このエピソードには疑問も出た。
なぜ、人の目が気になるのか。
手をつなぎたいのにためらってしまうのは何故なのか。
当事者自身にも偏見があるからなのか? いや、今まで他人から変な目で見られてきた。
物珍しさで写メ撮られたり、からかわれたり、幼少期からの嫌な経験の積み重ねがトラウマとなり、図らずも他者の視線を意識してしまうようになる・・・
異性愛者にとって、セクシャルマイノリティの苦労話によって目が開かれることは多い。
世の中はノーマライゼーションだ、バリアフリーだと言いながら、自分の心の中にあるバリアに気がつくのもこんな時だ。
当事者との出会いを重ね、話し合うことが学びとなり、心の垣根が砕かれ人として成長していく。
こうしてアライが増えていけば、社会の偏見は薄まっていくのではないか。




この記事をはてなブックマークに追加

第11回名古屋ミーティングレポート

2017年02月07日 | Weblog
平成29年 2月6日 
LGBTの家族と友人をつなぐ会 インなごや 第11回 ミーティングレポート

日時:平成29年 1月29日㊐ 13:30~16:00
場所:イーブルなごや 
参加者人数:14名 (会員4名  賛助会員2名 2回以上の参加者2名  初参加者6名)

初参加者の中には、パートナーさんと一緒に参加してくれたかたが二組おられました。
性別違和を覚える当事者のかた、これから手術を計画している性同一性障害のお子さんのいるお母さんたち、手術をして性別も戸籍も変えた当事者さん、男性同性愛者のかた、バイセクシュアルのかた、娘がレズビアンの母、などいろいろでした。
母親の方からは、本音を言えば体にメスを入れてほしくないし、今でも夢であってほしいと思う反面、受け入れなくてはという気持ちのはざまで揺れ動いているというお話にたいして、親はカミングアウトを受けて何か月か、せいぜい何年かだと思うが、本人たちはそれよりずっと長い年月を苦しんできている。受け入れるのにも同じくらいの年月が必要と思う、という当事者さんからのことばで頷く人もいました。また、「メスを入れてほしくない」という言葉はすでに手術を終えている人にとっては言ってほしくない言葉。自分は手術しているが、自分をFTMと思ったことはないし、FTMという見方もしてほしくない、という意見が出ました。
また、FTMのパートナーさんのことを母親に受け入れてもらえず悩んでいるというかたや、父親の反対を押し切って手術をしたものの、本当にこれでよかったのかどうかと考えてしまう。もとには戻れないが、親には心配をかけないような生き方をしたいと思っている、というお話も出ました。

********************************************

アンケートを書いていただいた中から抜粋したものです。

・自分の思いを出すことができてよかった。人によって悩みも様々なことがわかってよかった。
 同じ状況のほかの人の意見が聞けてよかった。活動を止めることなく続けてほしい。
・もっと医療機関を充実させることが必要だと思う。大きな手術をして翌日はビジネスホテルとい
 うのはどうかと思う
・ご家族のいろんなことがきけました。とてもよかった。
・LGBTの人々、親と子ども、カップル、バランスよくそろっていて貴重なお話を聞くことがで
 きて良かったです。就職に関して先輩にあたる人たちの体験談はとても参考になりました。
・男と女、という二択しかないので中間という選択肢が欲しい。
・自分一人ではなかったという思いで気持ちが強くなりました。
・カミングアウトしなくてよい社会になってほしい。
・ゲイの当事者だけの集まりには出たことはありましたが、FTM、MTF当事者やそのご家族の
 方のお話を聞けてとても勉強になりました。
・多様性を受け入れる社会に少しずつなるようにしていきたいと改めて思いました。
・親の気持ちが感じられる時間を過ごせました。また参加したいです。
                                
                                以上です。     榊原

この記事をはてなブックマークに追加

第87回神戸ミーティング(親だけの会)

2017年02月01日 | Weblog
年一回の親だけの会を神戸で開催して今年で4回目。
先輩的存在の神戸の親6名と大阪から初参加のご夫婦で8名と、人数は少なかったが、本音の発言で盛り上がった2時間余。
日本でもようやく性的マイノリティ(LGBT等)が人権問題として認知されつつある時代の親の心境に少し触れることができたような時間だった。
中学生の息子さんからゲイであることをカミングアウトされたお母さん。子育ての中で何となく感じておられ、学校での本人の辛さも分ち合われていた様子。
父親はホモフォビアもあり、妻を通じて知り、まさかの心境だったとのこと。しかしそれを契機としてLGBTのことを学び、日本の歴史的流れも学び、息子を理解する方向に動けるように変化。それが夫婦関係を含む家族関係にも影響。息子さんへの応援で家族の風通しがよくなってきたとのこと。
新しい世代の家庭を見せていただいたなと思うことだった。

お一人のアライさんが通常ミーティングと間違って参加され、次の機会にとお引き取りいただいた一場面があり、今後の広報の課題となった。

この記事をはてなブックマークに追加

「ミナミダイバーシティフェスティバル」にブースを出展しました!

2017年01月04日 | Weblog
2016年11月20日、大阪・難波にある「湊町リバープレイス」にて開催した「ミナミダイバーシティフェスティバル」にブースを出展しました。

大阪は昔から多様な文化や歴史的背景を持った人々が共に暮らし、独特の文化を創って来た一方で、そんな多様性を持った人々との「違い」から生ずる様々な差別や軋轢を生みだした「負の歴史」があり、これからも解決しなければならない課題も多いのも実状です。
このフェスティバルは、地域や民族等、様々な属性を持った人々、多文化共生やマイノリティ支援に関わる人々が集まり交流する事で、それぞれが抱える課題解決のきっかけ作りの場にして行こうと言う趣旨で実施されました。
以前、つなぐ会の神戸ミーティングで「ヘイトスピーチについて」ご講演をいただきました、コリアNGOセンターのみなさまからのお誘いで、LGBTの支援団体として参加する事になりました。

会場は大阪ミナミの繁華街からも近く、国際色豊かな食べ物を出しているブースや楽しい音楽や民族舞踊が披露された事もあって、来場者が多く私たちのブースにも立ち寄っていただける方も多くいらっしゃいました。
ブースに来場された方に、LGBTに関するアンケートを実施、結果は次の通りとなりました。

Q1:「LGBT」と言う言葉を知っていますか?(63名回答)
 年齢  10歳まで 10~20  30~40  50~60   秘密    計
 はい    2     31      19      3      2     57
 いいえ   0      3       1     1      1       6
Q2「LGBT」の人に出会ったことがありますか?(62名回答)
 年齢  10歳まで 10~20  30~40  50~60  秘密     計
 はい    0     26      19      3      1     49
 いいえ   1      7       1     2      2     13

もとより、このフェスティバルの趣旨について知った上での来場者が多く、私たちのブースに立ち寄られる方も、LGBTに関する問題意識が高い方が多い事もあり、いずれもかなり高い割合で知られていると言う結果になりました。
また、ブースに来られる方も、現在、LGBTに関わる問題についてグループ研究を行っている学校の生徒さん方や、LGBT当事者が学校や職場に居て、どの様に対応すれば良いか?相談される方が多く、改めてこの問題の関心の高さを実感しました。
また、私たちもこの社会の一員として、様々な課題を抱える人々と連携しながら、より住みやすい社会について考える良い機会となりました。
(あやか)

この記事をはてなブックマークに追加

東京ミーティング(2016/12/18)の報告

2016年12月29日 | Weblog
2016年12月18日に東京ミーティングを開催しました。

参加者の方から感想を頂きましたので、ご紹介します。



2016年最後のつなぐ会となりました。
何年前に訪れたでしょうか?と自分自身に問いかけながらの参加でした。
私は、初めて来た時はその場にいるだけで精一杯でした。
声を発する事さえ、コミュニケーションを取るのさえ難しかったのです。
初めて自分の心の内を話せた時、泣きました。拍手の中。

今や、私は自分の夢を見つけ歩み始めました。
2016年。大冒険でした。
まだまだ走り続けるのですが、終わりたくないのです。
そんな事をブワッと頭の中に駆け巡る中、
みなさまのお話を聞いていて、
ホッと和み、改めて考える必要のある物に気が付けました。

ある物。

私は自分の全てをオープンにカミングアウトして行きたかったのですが、
グループで話す中、それが出来ない生きずらさを抱えている方々がいると言う事です。
クローゼットにする生き方があって良いと。
しかし、私はそんな世界を変えたいです。
どうしたら皆んなが生き易くなるのか?
私に何が出来るのか?
私も完璧に乗り越えていない性別違和から来る他者からの目。
私自身のブロック解除。
仲間と話す事で見えた新しい問題。
これが、来年も問い続けていく物なのです。
マイナスをプラスに。
勇気を出す大切さ。
人に寛容になり、一緒に寄り添い考える。
これこそが、つなぐ会で感じました。

ある物。

私は、前に進みたい。
誰かの力になる人間でありたい。
成長した自分に誇りを持ち、みなさまに支えていただき感謝の気持ちでいっぱいです!
今度は、恩返しがしたくなったのです。
自分の意見を言って、みなさまの言葉1つ1つを傾聴し新しい世界を築きあげたいのです。
これが、私の想いです。

よう



この記事をはてなブックマークに追加

啓発活動のご報告をいただきました。

2016年12月11日 | Weblog
☆地元で啓発活動されている会員の方からご報告が届きました。
このような出会いと地道な活動の積み重ねが社会を変えていくのですね!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

昨年、教員の方と出会ったことがきっかけとなり、教職員対象の人権講座の講師として、お話をさせていただける機会が増えてきました。私の話を聴かれて、「自分が勤務する学校の先生方にも聞いてもらいたい」、「良い話をされる方だと伺っています」、とも言われ嬉しいです。私は一市民として、声を上げることしかできません。しかし私の思いが届いているからこそ、話す機会をいただけ、次へと繋がっています。
11月に、県内の県立学校校長先生対象の人権研修会の講師をしました。先生方から、説得力のある講演だった、多様な性について理解できた、考えさせられる機会となった等と感想をいただいています。校長先生方に、学校で取り組む必要性を感じてもらい、きっかけ作りができました。
先日、県立高校で行った課外授業についての生徒の皆さんからの感想が届きました。手助けできる人間になりたい、話を聞いて偏見がなくなった、偏見で見ていた自分が恥ずかしい、性は人権と似ている・・バカにしない、等と感想をいただいています。私の話をしっかりと聴いてもらえたことを実感しました。私が伝えた言葉以上に生徒の皆さんが受け止め、考えてもらえたと分かる内容の感想です。生徒の皆さん方の感想がとても嬉しくて、お手紙を差し出しました。
毎回の講演の後は、講演を振り返り、気付いたところ、反省すべきところを出しています。話を聴かれた方々の感想をしっかりと受け止めています。
応援してくださる方の存在が、私の活動への力になります。大きな力をいただき、幸せを感じる毎日です。
(M.H)

この記事をはてなブックマークに追加

講演会「日本の同性婚を考える」(『ジェンダー・マリアージュ』同時上映)の報告

2016年11月27日 | Weblog
講演会「日本の同性婚を考える」(『ジェンダー・マリアージュ』同時上映)の報告
(10月22日(土)plug078にて)

昨年、渋谷区を皮切りに幾つかの自治体が同性パートナーシップ制度を始めましたが、「同性婚」にはまだ遠いようです。今回上映した映画『ジェンダーマリア―ジュ』は、アメリカ・カリフォルニア州の同性婚をめぐる歴史的な裁判を描いたドキュメンタリー映画です。カリフォルニア州は、2008年5月に全米で2番目の同性婚合法州となります。ところが成立からわずか6カ月後の11月に、同性婚を禁止する「提案 8 号」が出され、住民投票によって可決されます。同性同士の結婚は禁止され、再び結婚は男女に限られることとなりました。
この「提案8号」に法的手段で挑もうとする大規模な計画によって、同性婚の問題が初めて専門家の証言や反対尋問などを通じ、最善の議論を尽くす連邦裁判にかけられることになったのです。勝訴を勝ち取る2013年までの5 年間、多くの困難を切り抜け、「同性婚」を否定する根拠ある理由はない、つまり万人に結婚を選択する権利があるとの結論にたどり着きました。
ここに至るまでの道のりを描いたこの作品は、強く私たちの胸を打ちました。当たり前のことが認められない理不尽さに怒りつつも、勝訴を勝ち取るまでの人々の真摯な態度、お互いを信頼する愛情に感動しました。
また二部は、同性パートナーを持つ当事者であり、法律の専門家でもある南弁護士に「日本の同性婚を考える」をテーマに講義いただきました。パートナーシップ制度等で認められた「社会的な結婚」と「法律的な結婚」にはどのような違いがあるのか、結婚とは何か、家族とは何か、そして一人ひとりが大切にされる社会とは何かを、参加者と共に考える機会となりました。人が人を愛すること、ともに暮らすことに対して国が規制や差別をするのは納得できないですし、一部の権力をもつ人の考えで、差別が生まれるのは許しがたいおかしなことだと思いました。

この記事をはてなブックマークに追加

第10回 なごやミーティングレポート

2016年11月03日 | Weblog
日時:平成28年 10月30日㊐ 13:30~16:00
場所:イーブルなごや 3階・中会議室
参加者人数:15名 (スタッフ3名 賛助会員1名 参加2回目1名 初参加者10名 )

15名の参加者のうち、初参加者が10名という構成になりました。
9月と10月のイベントや講演会などをしたときに来て下さった方が初参加者さんの中に何人かおられ、嬉しく思いました。今回はご夫婦で参加してくれた方もおられます。
中学生の子どものことで初参加されたお母さんは、友人のかたとふたりで来てくれました。
虹色どまんなかパレードのときにブースを出展していた生命保険会社の社員さんは、当事者のかたと関わるうち、もっと理解を深めたいと参加してくださいました。
ご自身も当事者で、行政書士の資格を持ち、仕事でLGBTの方のいろいろな相談に乗っているというかたや、最近異性にまったく興味がなくなり、同性愛者だと思うが確信が持てないと来られたかた、当事者ではないが友人に当事者の人がいて、卒論の研究テーマに同性婚のことを選んでいるという大学生のかた、そのほかに当事者のかたなど。
会社にカミングアウトできず深い悩みを抱えている様子の当事者のかたのお話も聞かせていただきました。
ミーティングでは話したいことだけを話していただければよいので、ご自分からは話すことなく、聞くことに終始する方もみえますが、そういうかたが、休憩時間やミーティング終了後に、個人的な相談をしている姿が見受けられました。
今回のミーティングで書いていただいたアンケートを抜粋してのせておきます。

「今回はじめて会に参加させていただき、いろいろな人の話を聞くことができて 本当に有意義な一日でした。ひとりではないと思えることは気持ちが楽になり、とくに子どもと同じ悩みを経験した方の話が聞けたのは嬉しかったです。またぜひ参加させてください。」

「きょうは、自分の子どもの話をした友達がこの会に参加を希望してくれたのでふたりで来ました。子どものこの先の性の思考がどんな方向に向かうのか全くわかりませんが、本人の意思を少しでも理解できるように、経験者の方の話をたくさん聞きたいです。思春期の子どもが参加しやすいイベントがあると本人はよろこんで来られると思います。」  
裕子

この記事をはてなブックマークに追加

東京ミーティング(10月16日)の報告

2016年11月03日 | Weblog
2016年10月16日に東京ミーティングを開催しました。
参加した方から、その時の感想を書いていただきましたので、ご紹介します。



参加者16名のうち、親御さんが11名。今回は、親の参加が多かったです。

まず、当事者の方から、「職場環境の改善が遅々として進まない。労働組合もLGBT問題に関わる姿勢が皆無だ」との問題提起がなされました。
当事者団体、あるいは個人が企業に向けてセミナーを行なっているのをニュース等でよく耳にしますが、
やはりそれはトップレベルの企業だけの話で、日本の大半を占める中小企業の実態はまだまだこれからといったところなのでしょう。
ところで、某広告代理店が企業へのLGBT研修を手掛け始めた、とのニュースに対して、「コンサルタントらしき人が語る講演が、果たして、本当に当事者のためになるのだろうか」、との疑問が提示されました。
折角埋没して生活しているのに、「LGBTは13人に1人」「この中にも何人かいるはずです」
と言われることで、皆の目が周りを詮索し始め、当事者探しが始まるような事態になったら、却って迷惑ではないかとの指摘もありました。
けれども反対に、「当事者の方が切々とご自身の苦悩を訴え、困っている状況、改善してほしいことを話してくれると、感情移入できて結構親身になって考える気持ちにさせられる、要はスピーカー次第」
という意見もあり、現に各所でスピーカーとして立たれている方々にとっては勇気づけられたようです。
企業研修は、LGBTのためというよりも、むしろ少子化時代に企業が生き残るための経営戦略に過ぎないとの見方もありますが、社会全体の流れとしては望ましいことなのかもしれません。
LGBT容認の流れが大企業から始まり、中小企業に及んでいって大きなうねりとなり、人々の意識も変わっていくのかと思います。
何といっても経済の影響力は強いのですから。

いずれにしても人々の意識は未だ「LGBTという言葉は知っている」程度で、多くの人にとっては他人事です。
よそのうちの話としてなら理解は示すが、自分に影響が及ぶとなると話は別、というように、本音と建前は違うのです。
「理解ある」と見受けられる家族であっても、一枚岩とはいかない現実があります。
それをどうやって解決していったらよいのでしょうか。
親としては、カミングアウトした我が子を受け入れる。あるいは受け入れる努力をする、といったところでしょうか。
それができたら、そこでストップせず、自分のいる場所でLGBTフレンドリーの輪を広げていっていただけたら、と願います。
日本中のあちらこちらでその輪が広がっていったら、人々の意識の壁も少しづつ低くなっていくのではないでしょうか。
人々の意識が、LGBT拒否でも無関心でもなく共生に変わっていくことで、当事者の孤独感や閉塞感も癒されます。
マイノリティの若者の心が解放され、意欲的に働ける社会は、誰もが自分らしく輝ける社会なのですから。

M




この記事をはてなブックマークに追加

第21回福岡ミーティングレポート

2016年10月04日 | Weblog
第21回福岡ミーティング


2016年7月17日、第20回福岡ミーティングを開催しました。

午前の部の

『LGBTと就労 ~当事者と職場の架け橋として~』では、産業カウンセラーでキャリアコンサルティング技能士でもいらっしゃる佐々木佐代子さんにお話しいただきました。
LGBT当事者の置かれている現状を、「就職前」「就労時」「退職時」に分けてお話しいただきましたが、履歴書の性別欄や研修時の宿泊施設、さらには福利厚生や職場での周囲の発言など、働く側に日常的にどのような苦難があるのかを具体的に知ることができました。
また、その現状を知るだけではなく、それらの諸問題に対してどのような権利や相談先が働く側にはあるのかもご紹介いただいました。
実際に佐々木さんのもとに相談に来られ、のちに保育士として希望に満ちた再スタートを切ることができた方のエピソードを聞き、「当事者が一人で苦しまずに共に解決していく仲間がいる」ことを強く感じることができた参加者さんがたくさんおられたと思います。
参加者さんの中には、「当事者と職場の架け橋であるべき立場にありながら、まだまだLGBTの知識や当事者の方への対応に多くの課題がある」との声もありました。
佐々木さんのように、まずは決めつけずに当事者に傾聴して会話を丁寧にしていく、真の「当事者と職場の架け橋」となる方が今よりもさらに多くなることを願っています。

午後の部では2グループに分かれてのミーティングを行いました。
当事者や当事者の家族からいろいろな話が出ましたが、その中に「同じマイノリティである『左利き』はなぜLGBTほどは生きづらくないのか?」という話が出ました。
日本の総人口に占めるLGBTの割合はおよそ7.6%、これは左利きやAB型の人とだいたい同じくらいの割合らしいのです。ではなぜ『左利きの家族と友人をつなぐ会』なるものが存在しないのでしょうか……。
左利きの人は自分が左利きであることをカミングアウトすることに特に抵抗もなさそうです。家族には自分からカミングアウトするまでもなく知られてしまうことでしょう。一方LGBT当事者にとって周囲へのカミングアウトというのはとても慎重になってしまうことのひとつです。ともすれば今の生活に終わりを告げられるほどの一大事だと言えます。左利きとLGBTとの間のこの差はどこから来るのでしょうか。
LGBTと左利きの『周囲へのカミングアウトの難易度の差』はまず周囲のマイノリティに対する認識の違いから来ているのだと思います。
周りが否定的だから自分を否定するのか、自分自身が自分を否定するから周囲が否定的なのか・・・
LGBTの家族と友人をつなぐ会は、現在の日本社会におけるLGBTに対するネガティブなイメージをポジティブなものへと変えていこうとする団体です。しかし、当事者自身が己に対して否定的では周囲の認識を変えてゆくことは難しいのではないでしょうか。
「他人と過去は変えられない、でも自分と未来は変えられる」なんていうセリフもあります。
実際その場にいた左利きの方は自分が左利きであることにあまり否定的ではないそうです。それは確かに周りが左利きの人に否定的でないことも関係していることでしょう。しかし逆に左利きの人が自分の左利きに自信が持てなかったり左手を嫌いだったりしたら?そんな本人の言動に周りは気を遣ったり面倒な奴だと思ったりするのでは?右利きの人は左利きの人にどう接していいのかわからなくなるのではないでしょうか。
もちろんまったく同じとは言えませんが、LGBT当事者とそうでない人の間には同じようなことが起きているのではないでしょうか。
これが左利きとLGBTの間にある『周囲へのカミングアウトの難易度の差』を生んでいるように思います。しかしここで問題なのはこう結論づけることで、あたかも当事者自身に責任の所在があるかのような言い方になってしまうことです。そうではありません。
LGBT当事者が悩みを抱える理由は大きくわけて二つ。先に述べたように、
『自分で自分を否定すること』
『周りが自分を否定すること』
社会というシステムがある以上、当事者が人間である以上、そこには法や感情が介在し何も気にしないなどということはほぼ不可能と言えます。それこそ家族や友人もいるわけですから。どこからなのか何からなのかは様々ですが、そこにネガティブな感情が生まれるのは自然なことなのかもしれません。しかし、この当たり前だとか自然だとかいう固定観念を取り去っていくのがLGBTの家族と友人をつなぐ会であり、私たちが目指すべき未来なのではないでしょうか。
LGBTを左利きと同じ身近なマイノリティにすべくこれからも当事者に寄り添い互いに歩み寄り、活動していけたらと思います。

この記事をはてなブックマークに追加