Blog FakeTK

某ヘタレ社会学者のブログです。本と音楽に映画の情報、日々のニュースや日常生活のできごとについてお伝えします。

認知症やひとり暮らしを支える 在宅ケア「小規模多機能」

2016年09月18日 18時41分46秒 | 
土本亜理子,2010,『認知症やひとり暮らしを支える 在宅ケア「小規模多機能」』岩波書店('16.9.18)

 小規模多機能ホームは、介護報酬が定額制であるゆえの経営上のデメリットがあるものの、あらためて地域包括ケアにおけるその存在意義がよく理解できた。サービス提供実績にもとづく介護報酬加算が望まれるし、小規模多機能ホームが高齢者福祉の地域拠点とならずしてこの国の高齢者の最低生活保障はありえないことを実感した。

目次
第1章 「小規模多機能」のある暮らし
七月の日々―「多機能ホームまどか」(埼玉県新座市)
小規模多機能型居宅介護とは ほか
第2章 それぞれの「小規模多機能」
認知症デイサービスから小規模多機能へ―ななかまど(神奈川県相模原市)
地域の力で最期まで安心を―ひつじ雲(神奈川県川崎市) ほか
第3章 「小規模多機能」のあした
六つの小規模多機能の事業所の報告から
在宅ケアの青写真―地域包括ケアと小規模多機能 ほか
第4章 「小規模多機能」のある暮らし、ふたたび
ひと夏を越えて
急な旅立ち ほか

デイサービス、ショートステイ、ホームヘルプサービス、そのすべてを一カ所で担当するのが「小規模多機能」。認知症の人の拠り所として注目されているだけでなく、老老介護、介護が必要なひとり暮らしの人、ときには「看取り」なども支える在宅ケアである。自らもホームヘルパーである著者が、「小規模多機能」の利用者とその家族の喜びと苦悩の日々に寄り添い、そこで介護者として働く人たちの「模索するケア」を活写した。高齢社会必読のルポ。
『本』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ケアの社会 | トップ | もう親を捨てるしかない »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。