Blog FakeTK

某ヘタレ社会学者のブログです。本と音楽に映画の情報、日々のニュースや日常生活のできごとについてお伝えします。

日本会議の研究

2017年04月15日 21時53分31秒 | 
菅野完,2017,『日本会議の研究』扶桑社('17.4.15)

 わたしも、つい5年ほど前までは、「日本会議」など取るに足らない団体だと思っていた。それが、第二次安倍政権成立以降、偏狭なナショナリズムと排外主義、復古主義(「教育勅語」や治安維持法もどきの復活!)を国民に広く定着させ、ついにかの団体の悲願、「自主憲法」の制定、いや「大日本帝国憲法」の復活というべきか、ともあれ世紀の大改革を実現せんとしている。
 著者も指摘しているように、「日本会議」は、地道な民主的社会運動の成果を積み重ね、こうした強大な政治団体と化した。脆弱な自尊心を共同幻想のなかで慰撫する可哀想な人たちではすまない、危険で有害なゴミをどう処分するか。「ぱよぱよちーん」と揶揄されてきた人々は、本気で考え実行に移していくべきだろう。

目次
第1章 日本会議とは何か
第2章 歴史
第3章 憲法
第4章 草の根
第5章 「一群の人々」
第6章 淵源
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

東北発の震災論

2017年04月15日 15時37分18秒 | 
山下祐介,2013,『東北発の震災論──周辺から広域システムを考える』筑摩書房('17.4.15)

 著者特有の文体の癖が読んでいて気になってしようがなかったが、「周辺」と「広域システム」の概念を鍵として、原発避難、住民の意向を無視した復興開発の問題点をくまなく議論の俎上にし、「ひと」中心の災害復興の方途を摸索している。

目次
第1章 広域システム災害
第2章 平成三陸大津波
第3章 東北という場
第4章 原発避難
第5章 復興と支援
第6章 システム、くに、ひと

中心(中央)のために周辺(地方)がリスクを負い、中心から周辺に利益が還流する「広域システム」。その存在を顕在化させたのが今回の震災であり、福島原発事故だった。東北において典型的に見られる「中心‐周辺」のシステム形成史をたどり、そのシステムから脱却するために、周辺に暮らす人々や自治体がいかに主体的に動くべきなのかを考察。広域システム災害一般の問題と、東北社会特有の問題との両方を論じた先に見えてくる、未曾有の災害を乗り越える新しい社会のあり方を構想する。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

続・下流老人

2017年04月15日 15時35分34秒 | 
藤田孝典,2016,『続・下流老人──一億総疲弊社会の到来』朝日新聞出版('17.4.15)

 中年期にさしかかると誰しもが直面する老後生活への不安。実際に、老齢年金だけでは生活できず、かといって生活保護の申請には躊躇する者が多いなか、「死ぬまで働く」選択をせざるをえない高齢者が増えている。
 現時点では社会保障の強化が望むべくもないことを考えると、一部の富裕層を除き、ある程度資産が形成できた時点で、「半農半X」のライフスタイルへの転換をはかるなどの対処が必要なことを、本書は示唆している。

目次
第1章 深刻化する下流老人
第2章 生きるために、働く老後―死ぬまですり減る、体と心
第3章 誰もが陥る「死ぬまで働く」という生き方―なぜ、高齢者は働かざるを得ないのか
第4章 日本の老後はカネ次第―不気味な顔をみせる格差社会
第5章 下流老人を救うカネはどこにある?―これから「財源」の話をしよう
第6章 一億総下流化を防ぐ解決策―持続可能な未来~子ども世代へ

もう、死ぬまで働くしかないのか?想像してみてほしい―「あなたが80歳のとき、本当に働けるだろうか?」忍び寄る「一億総老後崩壊」を告発した『下流老人』から一年半。世界一老後が過酷な国で、生きていくための「解決策」を示す。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

半農半Xという生き方【決定版】

2017年04月15日 15時33分59秒 | 
塩見直紀,2014,『半農半Xという生き方【決定版】』筑摩書房('17.4.15)

 Uターンに加えて、Jターン、Iターンも増えつつあるのは、都市生活での疲弊と人間らしい暮らしへの憧れを、本書のような経験に根ざした啓蒙書が後押ししているからだろう。大分ではじまった「一村一品」運動ともども、「半農半X」は、広く他のアジア諸国の人々にも大いに反響を呼んできた。いきなりの田舎暮らしは無謀だろうが、過疎に苦しむ市町村の移住支援と農業等の研修プログラムも充実してきている。カイシャに就職して都会であくせく働くのだけが唯一の人生の選択肢ではない、そのことを確信をもって提言する良い本だと思う。

目次
第1章 田舎に出よう!そこは人間復興の場だった!―人と人の間で心地よく生きる‐「半農半X」の神髄
第2章 小さな暮らし、大きな夢‐田舎暮らしの楽しみ―物欲縮小、健康獲得、甦る家族‐「半農」の意味
第3章 きっと見つかる!自分という魅力に満ちた原石―「好きなこと」と「役立つこと」の調和‐「半X」が目指すもの
第4章 それは「やりたいこと」か「やるべきこと」か―自分主役の人生創造
第5章 「半農半X」は問題解決型の生き方だ!―さまざまな社会病理を乗り越える知恵
第6章 出版一〇年を振り返って―文庫版のために

「半農半X」とは、農的暮らしを実践しつつ大好きなことを追求すること。このコンセプトを提唱し、少なからぬ読者の人生を変えてきた本、ついに文庫化!移住後の生き方として。就職とは別の生き方として。退職後のセカンドライフとして。多くの実践者の話から、天職の探し方、田舎暮らしの始め方、なぜ「農」が必要なのか、などがわかってくる。文庫化にあたり、その後の広がりを追加。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

実録! 熱血ケースワーカー物語

2017年04月15日 15時32分36秒 | 
碇井伸吾,2014,『実録! 熱血ケースワーカー物語』幻冬舎('17.4.15)

 生活保護ケースワークの貴重な実践記録。
 ケースワーカーとして、誠実、実直に業務にあたってきた著者ならではの、悲喜こもごもの経験の一つ一つがとても興味深かった。

目次
第1章 「福祉」を食い物にした男
第2章 これでもかの「試練」
第3章 最凶の「野獣」との対決
第4章 「終着駅」の修羅場
第5章 「奇跡」のケースワーカー
第6章 体力・総力の「バックアップ作戦」
第7章 「最後の砦」の現場
第8章 本当に困ったときへの「指針」

車の当たり屋として保険会社から金を取りながら、生活保護費の不正受給をもくろむ覚醒剤常習者との対決。鉄道自殺した高齢者の遺体との対面。六時間もかかるゴミ屋敷の清掃。一升瓶で頭を割られ、血だらけのアルコール依存症患者の引き取り…。関西の福祉事務所で生活保護受給担当を十三年間務めた、熱く、強く、優しいケースワーカーの記録。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

調査の科学

2017年04月15日 15時31分22秒 | 
林知己夫,2011,『調査の科学』筑摩書房('17.4.15)

 統計数理研究所を拠点とし、数量化理論の構築をはじめとして、戦後日本社会における社会調査の発展に寄与してきた林氏による、この分野にしては珍しい文庫本。文庫本にしては値段が高いが、社会調査の入門書としてお勧めするにはじゅうぶんな内容の一冊だ。

目次
序章 社会調査の心
第1章 社会調査の論理
第2章 調査の基本―標本調査の考え方
第3章 質問の仕方の科学
第4章 調査実施の科学
第5章 データ分析のロジック
第6章 調査結果をどう使うか

本書の真髄は、戦後の民主主義発展という歴史を背負って黎明期から調査関係者をリードし、調査の理論と実践を知り尽くした著者の「実践的調査理論」にある。この歴史と理論と実践が三位一体となり、現実の社会の課題解決のための研究が可能となったのである。今日、調査協力率の低下や回答者への接触の困難など調査環境悪化とともに、調査方法自体も質の低下が著しい。それにもかかわらず、「世論調査」が不当なほどに力をもつようになってしまった。本書にちりばめられた教訓を今一度、噛みしめる時である。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

地域再生の社会学

2017年03月23日 18時00分50秒 | 
三浦典子・横田尚俊・速水聖子編著,2017,『地域再生の社会学』学文社('17.3.23)

 本書は、三浦典子氏の定年退官を記念し編まれた論文集である。
 宇部興産(1章)、ブリヂストン(2章)の地域社会貢献事業、山口市一の坂川の環境保全運動(5章)、宮崎県五ヶ瀬町の「自然活動」事業(14章)等、特定の事例に的を絞った論考は、なかなか読み応えがあった。これらの事例研究は、「地域再生」のモデル事業を記録し広く知らしめる意味でも、たいへん貴重な成果といえる。
 それに対し、「理屈」で「地域再生」を論じたものは、総じて退屈で、とくに、官僚が好みそうな、自己本位の稚拙なコミュニティ理想像を住民に押しつけ、参加者40名前後のくだらないワークショップをして「協働のまちづくり」の一環として位置づけるなど笑止千万である。(7章)まちがって愚論を展開する失敗は誰にもあるが、自らの地位を悪用し、社会学のアクションリサーチを辱める、そして有害無益でしかない地域住民への官僚的な指導など行うべきではない。社会学の論考を読んでアタマにきたのは久しぶりだ。
 「地域再生」は、企業、住民有志、ボランタリーアソシエーション等が担ってきた。ファミリーサポートセンターとふれあいいきいきサロンの事業、本書では取り上げられていないが小規模多機能共生ホームの活動、認知症高齢者の見守りネットワークの構築等、地域住民の高齢化にともなう生活ニーズの充足をはかるべく、「福祉コミュニティ」としての「地域」の「再生」を実践してきた事例は豊富にある。
 「社交」、「経済」、「文化」、「防災・減災」、「福祉」、以上が活性化もしくは機能向上を図るべき地域コミュニティの課題である。本書の多くの論考には、その課題解決をはかるための有益な知見が提示されている。

目次
はじめに:社会学からみた地域再生
第1部 企業家と産業都市の地域再生
1章 企業の社会貢献と地域再生――アートがつなぐ官民の力――
2章 企業における家族経営と地域
3章 過疎地のアートプロジェクトと地域活性化
第2部 地域再生の理論と自治体政策
4章 地域社会における信頼形成の社会理論
5章 地域再生と「場所」の可能性
6章 市民参画と市民活動の時代における地域再生への展望
7章 「協働のまちづくり」の課題と展望
8章 災害復興と地域再生
第3部 まちづくりの実践と地域再生
9章 山村集落の地域再生とむらづくりのための基本認識―山村高齢者の生きがい調査から限界集落論を検討する
10章 類縁関係に基づく移住者のコミュニティ形成
11章 地域福祉活動と地域圏域
12章 生活困窮者への伴走型支援とコミュニティ形成―生活構造論からの整理
13章 子育て支援と地域ボランティア
14章 農山村地域における育児の社会化の可能性―宮崎県五ヶ瀬町の事例から
第4部 中国都市の現在
15章 中国大都市における転居後の高齢者の生活状況―上海市の高齢者調査をてがかりに
16章 中国の都市住民における主観的幸福感

 本書は、三浦先生よりご恵投いただきました。ありがとうございました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

経済ジェノサイド

2017年03月02日 18時37分28秒 | 
中山智香子,2013,『経済ジェノサイド──フリードマンと世界経済の半世紀』平凡社('17.3.2)

 学生時代、ミゲル・リッティンの映画『戒厳令下チリ潜入記』を見て、またガルシア=マルケスの同名ルポルタージュを読んで衝撃を受けたのが、わたしのニューリベラリズムとの出会いであった。その前後、サッチャリズム、レーガノミックス、そして中曽根政権による三公社民営化等々、これらによって激変する世界を生き、なぜこのような社会経済の大変動が進行したのかが、わたしの最大の社会学的関心となった。
 本書は、どの本よりも明晰に、その変動要因と経緯について説明がなされている。必読本など滅多にお目にかかるものではないが、本書はまさにその一冊だ。

目次
序章 経済学のオフリミッツ
第1章 何のための市場形成か―チリのクーデターと経済政策
第3章 社会的責任か、成長か―市場原理の例外としての企業
間奏 経済学の分岐点で
第3章 誰もそれを止められない―市場原理の例外としての貨幣
第4章 給料だけでは不十分?―所有者社会の夢と年金
終章 危機の時代にたたずむ

「ショック療法」の主唱者ミルトン・フリードマン―彼の経済理論は「人類のために最大の貢献」をしたとされ、一九七六年にノーベル経済学賞という栄誉が与えられた。だがそれは、最高評価に値する真の「発明」だったのだろうか。政治とメディアとの三つ巴で強引に推進された新自由主義的政策と、その帰結たる半世紀後の絶望的なまでに荒廃した世界状況を思うとき、そもそも経済学的権威とは何かと疑問を抱かずにはいられない。経済学の深い闇に鋭い批判的考察のメスを入れ、経済学者の果たすべき社会的責任と使命を問う。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

エンジェルフライト

2017年03月02日 18時36分08秒 | 
佐々涼子,2014,『エンジェルフライト──国際霊柩送還士』集英社('17.3.2)

 「納棺夫」(送り人)同様、知られることのないなりわいについて、丹念に取材し世に知らしめた意味は大きい。
 わたしたちが、こうしたなりわいをとおして、近親者の死を受容し記憶の引き出しにそっとしまい込む営みが、少し尊いものであるように感じた。

目次
遺体ビジネス
取材の端緒
死を扱う会社
遺族
新入社員
「国際霊柩送還」とはなにか
創業者
ドライバー
取材者
二代目

オヤジ
忘れ去られるべき人

国境を越えて遺体や遺骨を故国へ送り届ける「国際霊柩送還」という仕事に迫り、死とは何か、愛する人を亡くすとはどういうことかを描く。第10回開高健ノンフィクション賞受賞作。(解説/石井光太)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

下流老人

2017年03月02日 18時34分46秒 | 
藤田孝典,2015,『下流老人──一億総老後崩壊の衝撃』朝日新聞出版('17.3.2)

 高齢者の貧困は子どもの貧困と比べると注目されない。それは、高齢者虐待が子ども虐待と比べると注目されないのと相似である。わたしも含めて、無意識的にしろ、いのちの選別、序列化をはかっているからにほかならないが、長生きするのは幸福というよりリスクと捉えざるをえない現実を本書は明らかにしてくれている。

目次
第1章 下流老人とは何か
第2章 下流老人の現実
第3章 誰もがなり得る下流老人―「普通」から「下流」への典型パターン
第4章 「努力論」「自己責任論」があなたを殺す日
第5章 制度疲労と無策が生む下流老人―個人に依存する政府
第6章 自分でできる自己防衛策―どうすれば安らかな老後を迎えられるのか
第7章 一億総老後崩壊を防ぐために

まもなく、日本の高齢者の9割が下流化する。本書でいう下流老人とは、「生活保護基準相当で暮らす高齢者、およびその恐れがある高齢者」である。そして今、日本に「下流老人」が大量に生まれている。この存在が、日本に与えるインパクトは計り知れない。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

社会学的想像力

2017年03月02日 18時34分09秒 | 
C・ライト・ミルズ,伊奈正人・中村好孝訳,2017,『社会学的想像力』筑摩書房('17.3.2)

 はるか昔、鈴木訳の本書を読んで、そうだそうだとこころの中で相づちをうっていたことを懐かしく思い出す。旧訳もわかりやすかったが、新訳の本書もわかりやすい。どちらがうまく訳されているかは、比較していないのでわからない。しかし、この名著が文庫本で出版された意義は大きい。旧訳同様、約半世紀以上は読み継がれていくのだろう。
 パーソンズとラザースフェルド、およびその後継者たち、とくに後者に対する批判は手厳しいが、 私的問題と公的問題の相互翻訳の重要性を指摘しながらのそれは、現代の社会学にもじゅうぶんにあいつうじるものであり、新訳出版の意義はやはり大きい。
 ただ、ミルズの「知的職人論」は、「けっきょく社会学者による研究成果は個々人の才能、問題意識、努力による」という身も蓋もないことを意味するわけで、それが、本書が世界の社会学に与えた影響力の大きさにすれば少なくとも日本では不思議と振り返られることのない一因なのかもしれない。
(本書をご恵贈いただきありがとうございました。)

目次
第1章 約束
第2章 グランド・セオリー
第3章 抽象化された経験主義
第4章 実用性の諸タイプ
第5章 官僚制のエートス
第6章 科学哲学
第7章 人間の多様性
第8章 歴史の利用
第9章 理性と自由について
第10章 政治について
付録 知的職人論

社会学を学ぶ意味とは何だろうか?たとえば、社会の変化が私たちの日常にどう影響するか、あるいは、日々遭遇する困難を根本的に解決するにはどうすればよいか。それを適切に考えるためには、日常を社会や歴史と関連づけて捉える知性が欠かせない。社会学的想像力と呼ばれるこの知性こそ、社会学の最大の効用である。だが、当の社会学者も理論や調査に夢中になるあまり、そのことを忘れつつある―こうした現状を鋭く批判し、社会学的想像力を鍛える学としての意義を高らかに謳いあげる重要古典。今日でも全米の大学で最も多く用いられている社会学文献である本書を、みずみずしい新訳で送る。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

近代世界システムと新自由主義グローバリズム

2017年01月29日 21時10分26秒 | 
三宅芳夫・菊池恵介編著,2014,『近代世界システムと新自由主義グローバリズム──資本主義は持続可能か?』作品社('17.1.29)

 ライト・ミルズ、アミン、フランク、ウォーラーステイン、ブローデル、ハーヴェイ等々の思想を基底に、書名のとおり、たいへん大きなテーマに果敢に挑戦した大作。
 新自由主義グローバリズムから保護主義的ナショナリズムへの反動が起きている現在、グローバル経済の歴史と現状をあらためて検証した意義は大きい。
 本書を読んで、ともすれば忘れがちな重要な論点を思い起こすことができた。構成上のバランスもよい。

目次
序論 「新自由主義グローバリズム」による世界再編を、「近代世界システム」の歴史的視座から考察するために―資本主義の危機とポスト資本主義社会への可能性
第1部 共同討議 “資本主義の終焉”は近づいているのか?―近代世界システムと資本主義の長期サイクル
討議報告 「近代世界システム」の展開と現在
共同討議 資本主義の長期サイクルと分岐点
第2部 新自由主義グローバリズムによる世界/地域再編
欧米
東アジア
ジェンダー/セクシャリティ
批判とオルタナティブ
第3部 共同討議 “ポスト資本主義社会”をいかに構想するか?
討議報告 新自由主義グローバリズムによる世界空間の再編
共同討議 “ポスト資本主義社会”に向けて
第4部 「近代世界システム」/「新自由主義グローバリズム」考察のために
近代世界システムの基礎構造
従属の構造―植民地・女性・生態系
北側の「自由・民主主義」の権力構造
新自由主義グローバリズムによる南側の再編
近代世界システムと反システム運動
オルタナティブな世界のために

近代世界システムの展開と資本主義の長期サイクルという歴史的視野と構造分析から、グローバル資本主義の現在と未来を問う。話題の論者と新進気鋭25人による共同研究。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

中流崩壊 日本のサラリーマンが下層化していく

2017年01月29日 21時08分49秒 | 
榊原英資,2015,『中流崩壊 日本のサラリーマンが下層化していく』詩想社('17.1.29)

 日本経済の現状と未来をざっくり把握するには悪くない本なんだが、新興出版社ゆえか、編集が甘い。誤字・脱字だらけ。酷すぎるだろこれ。

目次
はじめに 二極分解し、貧困化していくサラリーマン層
第1章  アベノミクスの展開と終焉
第2章  世界経済停滞の流れを読む
第3章  「近代資本主義の終焉」という大転換
第4章  一億総中流の「奇跡」はいかに実現したか
第5章  2020年東京オリンピックを迎える日
第6章  インターネット社会が変える私たちの生活
第7章  サラリーマンたちが下層化していく
第8章  「ゼロ成長」時代のこれからの日本

2020年、アベノミクス後の日本を襲う衝撃!グローバリゼーションの進展、
そして近代資本主義の限界に世界経済が直面するなか、日本社会もいま、激変しようとしている。
子どもの貧困、若者の失業、非正規社員の急増、「一億総中流」から脱落、貧困化していく人々……
ごく普通に豊かさを享受していた日本の「サラリーマン層」が、二極分解し、その大部分が下層化していく2020年の日本社会の実像を読み解く。
また、格差拡大社会に対する、「政府による所得の再配分」の必要性を訴え、
「ゼロ成長」社会というこれからの日本が進むべき道を指し示す。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

社会保障亡国論

2017年01月07日 16時19分03秒 | 
鈴木亘,2012,『社会保障亡国論』講談社('17.1.7)

 消費増税による社会保障強化は虚構であること、相続税率を強化すべきであることなど、同感できる部分もあるが、それ以上に強烈な違和感をもつところが大きい。
 「偽弱者」も含めて社会保障の大判振る舞いを続けると、国と自治体の財政破綻は不可避なので、稼働不能な者のみに選別的な現物給付を行うべきだ。これが、鈴木氏がもっとも言いたいことなのだろう。
 鈴木氏は、自ら本書で引用している、ミルトン・フリードマンのネオリベラリズム思想の枠内からしか問題解決の方途を示さない。「最低賃金の大幅引き上げは、ワーキングプアを失業者にし、就業困難層をさらに就業不能にする」(p.252)とか、稼働能力がある生活保護受給者は「貧困の罠」に陥るから生活保護制度の枠外で就労を条件とした生活支援をすべきとか、国の財政シミュレーションには周到なデータによる裏付けを行っておきながら、あまりに根拠なき暴論を展開するのは、鈴木氏の知的良心の欠如に由来すると言わざるをえない。
 「国土強靱化」を旗印にした公共事業の展開、国家の安全保障に必要なレベルを遙かに超えた防衛費予算、ゼネコンへのキックバックを前提としたODAや円借款、法人税減税と過剰な控除優遇、どんぶり勘定の特別会計制度等々を見直せば、社会保障水準を引き揚げつつ国と自治体の財政健全化をはかることはじゅうぶんに可能である。
 昨日発表された米国雇用統計では、勤労者の賃金上昇が好感された。財政学者であれば、アベ流のデマゴーグを吐くことをやめ、内需依存度が高い成熟社会で社会保障財源を確保し財政悪化を防ぐ方途を誠実に熟考すべきだ。


目次
第一章 財政から語る社会保障
第二章 社会保障の暗黙の債務は一五〇〇兆円
第三章 社会保障と税の一体改革、社会保障制度改革国民会議
第四章 年金支給開始年齢は七〇歳以上に
第五章 高齢化社会の安定財源は消費税ではなく相続税
第六章 公費投入縮減から進める給付効率化
第七章 消費増税不要の待機児童対策
第八章 「貧困の罠」を防ぐ生活保護改革
第九章 改革のインフラ整備と仕組み作り

消費税が増税されると本当に社会保障は充実するのか。
現在わが国の社会保障給付費は、GDPの約4分の1にあたる110兆円を超える規模に達しており、年間3~4兆円というペースで急増している。消費税率の引き上げの効果は3~4年で消失する計算となる。
年金・医療・介護・子育て支援など、「少子高齢化」日本に暮らす人々の不安は拡がる一方だ。社会保障財源の現状を具体的に改善する議論と給付の抑制・効率化策も提言する。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ヒーローを待っていても世界は変わらない

2017年01月07日 16時17分30秒 | 
湯浅誠,2012,『ヒーローを待っていても世界は変わらない』朝日新聞出版('17.1.7)

 湯浅氏ならではの柔らかな筆致でしたためられた、ポピュリズム(大衆迎合主義)、政治的無関心を含めた衆愚政治批判として読んだが、あながちまちがいではないだろう。
 巻末に再録された内閣府参与辞職の経緯を説明した文書を読み、この国のガンが、蛸壺化した部局の利権争い以外に余念のない官僚たちにあることを再確認した。そして、官僚が自らの利権以外で意を汲むのは民意ではなくアメリカ政府の意向であることも。この構造を叩き潰さないことにはこの国はどうにもならない。

目次
第1章 民主主義とヒーロー待望論
第2章 「橋下現象」の読み方
第3章 私たちができること、やるべきこと

「反貧困」を旗印に、格差社会に異議を申し立てた「年越し派遣村」元村長・湯浅誠の最新刊。2012年3月までの約2年間、内閣府参与として政権に入った著者が、「橋下現象」や「決められない政治」「強いリーダーシップ待望論」について徹底的に考え抜いた民主主義論。議会政治と政党政治をあえて擁護する立場から、「おまかせ民主主義」に警鐘を鳴らし、真の民主主義のあり方を探る画期的論考!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加