七色の風が運ぶ祈り

ここで出会った人・心の風景
そして祖国日本についても
綴っていきたいと思っています。

美しい言葉のその先にあるもの

2017-04-21 12:58:41 | 日記
戦争は人殺し
自分は人殺しをしたくないから
戦争には反対

敵が攻めて来たら
人殺しをしたくないから
自分は逃げます


戦争をしたい人間
人殺しをしたい人間

それは

精神に異常のある人ではありませんか?

脳が正常に機能している人は

戦争もしたくないし
人殺しもしたくない

そうではありませんか?

大東亜戦争で

若くして

大切な家族を残して

後ろ髪を引かれながらも

戦場に向かい

そして

国の為に散られた英霊たち

彼らが

戦争をしたくて
人殺しをしたくて

戦場に向かったと
そうお考えですか?

英霊たちは

大切な人を守る為に
私たち次世代の命を繋げるために

日本の為に

あの時
戦場へと向かったのです

英霊たちの尊い犠牲無くして
今の私たちは存在しないのです

あの時

彼らが己の命と云う
尊い犠牲を払って

行きたくない戦場に向かい

殺るか殺られるかの
極限の精神状態の中で

敵と戦い

命を落とされ

或いは

捕虜となり

戦勝国
特にオランダからは
動物以下の扱いを受け・・・と


そういう犠牲の上に
私たちは今
生きているのです

日本と云う国が
今こうして
有るのです


英霊たちの命と引き換えに
今の私たちがあるのではありませんか?


今私たちはこうして平和の中で
生きていられるのではありませんか?

大切なものを守るには
それなりの犠牲を必要とします

皆が
戦争をしたくない
人殺しをしたくないと
そういう
美しい言葉を吐いて
逃げてしまえば

日本の国は誰が

どのように守っていったら良いのでしょうか

英霊から受け継いだこの日本を
次世代へと繋げることは最早不可能ではないのかと。

こういうことを書くと

戦争賛成者と
そう短絡的な思考回路の方々が居ますが

誰が
戦争などしたいものですか!

人殺しなどしたくはありません!



私は
頭脳明晰でもなく
反射神経がずば抜けているわけでもなく
腹が据わっているわけでもありません

戦えば
真っ先に殺される類の人間でしょう

しかし

戦わずして
中国や韓国に
日本を明け渡すようなことだけは
しないつもりです

あの汚れた手に
英霊が命を懸けて守り抜いてくれた
この美しき日本を渡すようなことだけはしない
そういう気持ちは十分にもっているつもりです


戦争をしたくない
人殺しをしたくない


美しい言葉ですが
哀しい言葉です






ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 魂に響く音色 | トップ | 捨てたキムチ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。