~ 彩華の徒然ブログ ~

月に1回更新できたらいいなぁ~

悪処方

2017年02月09日 03時11分40秒 | 徒然
ネトゲーの仲間が不眠症だと告白された。

だが、よくよく聞いていくと軽度の鬱症状がみられる。

で某大学病院の病院長(心療内科)が出した処方が藪医者丸出し。

土手医者と言ってもいいかもしれない(笑)

で処方ですが...

デパス1㎎×3T
サイレース2㎎×1T
ベンザリン5㎎×3T
エビリファイ6㎎×1T

まずベンザリンは量オーバー。2Tmaxで使うのが望ましい。

それに薬は標準体重60㎏の人で調整してあります。

だが、この人は40㎏しかありません。

医者は体重を考慮して薬を調整するのが当たり前です。

デパス・サイレースは過量、ベンザリンは過量の上に上限量オーバー。

あたしがメンヘラだから情報を持ってますが...

あたしだったら処方をこう変えます。

ハルシオン0,125㎎またはマイスリー5㎎またはアモバン7.5㎎×1T
デパス1㎎×1T 中途覚醒が出た場合は2Tに増量
サイレース1㎎×1T
エビリファイ6㎎×1T
ジェイゾロフト25㎎×1T但し2回目からは50㎎

ジェイゾロフトで改善がみられない場合はリフレックス15㎎やサインバルタ20㎎(2回目からは30㎎に増量)またはトレドミン25㎎(2回目からは50㎎に増量)に変更する。
リフレックスとサインバルタの同時処方も視野に入れる。

サイレースとベンザリンは、かぶってるのでベンザリンをカット。

患者の体重に合わせて処方量を調整する。

鬱が診てとれるので抗鬱剤を追加する。

にわか素人ドクターの処方だけど免許持ってる土手医者の処方よりマシだと思う(爆笑)

主科目が心療内科って医者は、どうして処方が下手なのかなぁ...

やっぱり精神科の医者のほうが、見るとこ見てるのかもしれない。

注)今回の記事に関してのコメントは控えて、笑って読み飛ばしていただきたい。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 死体無き死亡 | トップ | 立ち上げ中 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

徒然」カテゴリの最新記事