酵素生活~アンチエイジングの秘訣~

遠赤外線ラジエントヒーターと
長岡式酵素玄米ご飯がオススメです!
興味&関心のある方は気軽に声を掛けて下さいね

果物は自然が生んだ「命のプレゼント」

2017-05-16 13:45:18 | 食べ物とからだの関係
エンザイムをもっとも多く保有している食べ物は、
じつは「果物」です。

フルーツほどエンザイムに満ちあふれた
すばらしい食べ物はありません。

どんな食べ物も、フレッシュなものであればエンザイムが
含まれていますが、その量となるとさまざまです。

概して動物由来のものより植物由来の食物のほうが
エンザイムは豊富ですが、植物由来の食物のなかでも、
フルーツは飛び抜けて多くのエンザイムをもっています。

どんな食べ物も、消化吸収する際には、
体内のエンザイムが消費されます。

エンザイムの豊富な食物がよいとされるのは、
そうした失われるボディ・エンザイムを少しでも
補給することができるからです。

ところがフルーツの場合は、フルーツ自身がもっている
エンザイムだけで、そのフルーツ自身を消化吸収する
ために使われるエンザイムを完全に補うことができると
私は考えています。

さらに、フルーツの種類によっては、
自分自身を消化吸収しても、まだありあまるほどの
エンザイムをもっているものまであります。

パパイヤ、パイナップル、イチゴ、キウイなどは、
そうしたエンザイムを大量に含むフルーツの一つです。

ほかにも完熟バナナは、熟すことにより、
含まれる炭水化物の多くがグルコース(デキストロース)に
変化するため、通常のバナナとは比較にならないほど
多くの消化酵素をもつ食べ物となります。

昔から病人のお見舞いにはフルーツがつきものですが、
そこには果物に豊富に含まれるエンザイムが、
自然治癒力をアップさせる効果があることを
知っていた先人の知恵が感じられます。

でも、なぜ果物にはこれほど多くのエンザイムが
含まれているのでしょうか。

ここからは私の想像ですが、そこには命を次代につないでいくための自然のえい智が凝縮されているのだと思います。

果物というのは、植物の種を包むゆりかごのようなものです。

そのゆりかごには、種を守ると同時に、
自分では歩くことができない植物が、
種をより遠くに運んでもらうための工夫がなされています。

生き物がもっとも好む食べ物は
「エンザイム」を豊富に含むものです。

植物は、だからこそ種のまわりにエンザイムの豊富な
果肉をつけ、動物たちに喜んで食べてもらうことで、
自分たちの「命を受け継ぐ種」をより遠くまで運んでもらおうとしたのではないでしょうか。

いうなれば、エンザイムが豊富な果物は、種を運んでくれる
動物に対するお礼、「命のプレゼント」だということです。

フルーツはとても消化のよい食べ物ですが、
ここにも命のゆりかごならではの知恵が感じられます。

通常の食物は胃から腸に届くまでに2~4時間ほど
かかりますが、フルーツはわずか30分ほどで腸へ届きます。

これはフルーツ自身が消化酵素をたくさん含んでいる
ためですが、大切な種が胃酸によって損なわれるのを
防ぐためでもあると思われます。

胃で損傷しなかった種は、未消化のまま腸を通り抜け、
動物の排泄物とともに大地に返ります。

そして、親木とは離れた場所で新たな命を
伸ばしていくというわけです。


新谷弘実先生 著
      『病気にならない生き方② 実践編』 より抜粋



今日朝、宮崎に戻ってきました。
早速、遠赤外線ラジエントヒーターで、
長岡式酵素玄米ご飯を炊きました。

ナチュ村イムズ店スタッフから頂いたさつま芋
「紅はるか」を食べるのが楽しみ(o^~^o)です。






ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 新鮮なものを生で食べるのが... | トップ | 濃縮還元ジュースの製造過程... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。