酵素生活~アンチエイジングの秘訣~

人生が変わる『ゼンノア』!!全てが次元が違います!!
嬉しい、楽しい、幸せ、愛してる、大好き、ありがとう、ツイてる!!

ミラクル・エンザイム

2016-10-11 07:29:31 | 食べ物とからだの関係
人間の体はすべてつながっています。

たとえば、歯が一本虫歯になっただけでも、
その影響は体全体におよびます。

充分に咀嚼されなかった食物が胃腸に負担をかけ、
消化不良を引き起こし、栄養が充分に吸収されず、
体の各所でさまざまな問題が生じるからです。

「風が吹けば桶屋がもうかる」
ということわざがありますが、人間の体も同じなのです。

一見関係ないように見える小さな原因が、
複雑なつながりを経て深刻な病気を引き起こしていることは
けっして少なくありません。

私たちの健康は、日常何気なく行っている
さまざまな行為に支えられています。

食事、水補給、運動、休養、睡眠、精神状態、
こうしたもののどれか一つにでも問題が生じれば、
その影響は体全体におよびます。

そんな人体の複雑なつながりを担い、
健康に生きるために必要な恒常性を
保つ役目を果たしているのが、
ミラクル・エンザイムであると、私は考えています。

「ミラクル・エンザイム」という耳慣れない言葉に、
疑問を感じられた方も多いでしょう。

それもそのはず、これは私が作った造語です。

「ミラクル・エンザイム」というのは、
かんたんにいうと、
人間の生命活動を担っている
5千種以上の「ボディ・エンザイム(体内酵素)」
の原型となるエンザイムのことです。

「エンザイム(酵素)」というのは、
生物の細胞内で作られるタンパク質性の触媒の総称で、
植物でも動物でも、生命があるところには
必ずエンザイムが存在しています。

物資の合成や分解、輸送、排出、解毒、エネルギー供給など、
生命を維持するために必要な活動には
すべてエンザイムが関与しています。

エンザイムがなければ、
生物は生命を維持することはできません。

もちろん私たち人間の生命も、
数多くのエンザイムによって支えられています。

エンザイムの種類が多いのは、
一つのエンザイムは一つの働きしかしないという
特性をもっているからです。

たとえば唾液の中に含まれる「アミラーゼ」という消化酵素は、
炭水化物だけに反応します。

その他の脂肪やタンパク質などの消化には、
それぞれ別のエンザイムが働くのです。

生命維持に必要不可欠なエンザイムは、
それぞれの生命体が、自分の細胞の中で生成しています。

人間の体内にあるエンザイムは5千種以上と
いわれていますが、私たちも日々の食物を材料に、
必要なエンザイムをみずからの体内で作っているのです。

ところが、そうした多くの種類のエンザイムは必要に応じて
体内で生成されるといわれているのですが、
細胞の中でどのように生成されているのかということは、
じつはまだ明らかになっていません。

私がいう「ミラクル・エンザイム」というのは、
必要に応じて特定のエンザイムに作り替えられる以前の、
どのようなエンザイムにもなれる可能性をもった
原型となるエンザイムです。

私が、そうした原型エンザイムがあるのではないかと
考えたきっかけは、特定の場所で特定のエンザイムが
大量に消費されると、体の他の部分で必要なエンザイムが
不足する傾向がある、という事実に突き当たったからです。

分かりやすい例をあげれば、
大量のアルコールを飲み、肝臓でアルコール分解エンザイムが大量に使われると、胃腸で消化吸収に必要なエンザイムが
足りなくなるということです。

つまり、エンザイムというのは、何千種類のものが、
それぞれ決まった数だけ作られるのではなく、
原型となるエンザイムが先に作られ、
それが必要に応じて作り替えられ、
必要な場所で使われているのではないか、と考えたのです。

現在エンザイムは、健康をつかさどるカギとして
世界的に注目を集め、研究が進みつつありますが、
まだわかっていないことがたくさんあります。

ミラクル・エンザイムを補う食事をし、
ミラクル・エンザイムを消費しない生活習慣を
身につけることが胃相・腸相をよくすることは、
臨床に裏付けられた事実です。

これは、
30万例の胃腸を診てきた私だから断言できることでしょう。

ところが現代社会は、
その大切なミラクル・エンザイムを
消費する要因に満ち満ちています。

お酒やたばこといった嗜好品、食品添加物、農薬、
さらに薬やストレス、環境汚染、電磁波なども
ミラクル・エンザイムを消費させる原因となっています。

そんな現代社会で健康を維持していくためには、
自分の体の仕組みを知り、自分の健康は自分で守る
という明確な意志をもって生活することが大切です。

しかし、それはそれほどむずかしいことではありません。

何がミラクル・エンザイムを消費させるのか、
どうすればミラクル・エンザイムを補うことができるのか、
因果関係をきちんと理解してしまえば、
日々のちょっとした努力で、
「病気をしないで天寿をまっとうすることができる」
と、私は考えています。

「太く短く生きる」という言葉がありますが、
人生を「太く長く生きてほしい」と願っています。


新谷弘実先生 著 『病気にならない生き方』 より抜粋


私には、体の一部分で欠けている所があります。

それは「歯」です。

私には、下の歯の左右一本ずつ小臼歯がないんです。

正確に言うと、
顎の作りが小さいせいか小臼歯の永久歯が
生えてくる隙間がなくてその手前に生えてきたんです。

そんな場所に生えてこられても虫歯の原因になるだけですので大切な永久歯にもかかわらず泣く泣く抜歯したんです。
高校生位の頃の出来事です。

一つの奇形児の一種だと思っています。

だから体のバランスは悪いと思います。

しかし、食生活習慣次第では
これ以上のバランスを崩さずする事はできます。

だから自分の体の状態を受け入れて
前向きに対処したいと思います。

私には、他にも気になっている事があります。

それは、子供時代の虫歯の治療で使われていた
銀色の詰め物です。

次回は、銀色の詰め物と娘の歯の話しをしたいと思います。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 植物食85%、動物食15%... | トップ | 水銀中毒No.1 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。