酵素生活~アンチエイジングの秘訣~

興味&関心のある方は、
少人数から実体験談の茶話会しますよ(*^-^*)
090ー8356ー0875まで。

満月は「サクセス・ムーン」と呼ばれている

2016-10-16 07:09:44 | 酵素玄米・ファスティング
満月のときには、頭上にある月によって
上方に水が引き寄せられますが、
これは陰性の力によるものです。

このときは、人体の水分もまた、
上半身に引き寄せられるため、
冷えのぼせ状態
(熱が上気することで、足腰が冷える状態)、
つまり陰性な体の状態になります。

顔にむくみが出やすく、のどがかわいて
水をたくさん欲するのも満月の頃です。

そして体が水ぶくれ状態という
陰性状態になるわけです。

夜露が多いのも満月の頃の特徴ですが、
人間もまた水気を多く含み、
細胞が膨張した陰性状態になりやすいのです。

つまり、満月は人の体を陰性にして、
心(体に比べて陰性)の
活性を高めるととらえるとよいでしょう。

陰性の波動とは「融合する」ことであり、
「合体する」ことであり、「受け入れる」こと、
すなわち「すべてを結ぶ」ことです

満月のときにはこの陰の気が高まるため、
人と人との心を結びつけるコミュニケーションが
深まったり、恋の花が咲いたりします。

生き物が産卵する満月の日は、
精子と卵子を結びつける日でもあるのです。

ですから、人間関係をスムーズに運ぶためには、
この満月のエネルギーをいかすとよいでしょう。

アメリカで精神世界に関心を寄せる人々の間では、
満月は「サクセス・ムーン」と呼ばれ、
交渉事に適する日とされてきました。

満月の日には自分の表現力が増し、
意思や感情の伝達がうまくいくと考えられています。

陰性の働きには、「ゆだねる」や「任せる」
といった意味もあります。

月の力に身をゆだねると、
目に見えない力によって
生かされていることに気づくでしょう。

そうすると、「おかげさまで」という
気持ちに自然になれるのです。

満月の日は大いなる大自然・大宇宙の力と
人間が結びつきやすいことから、
古来インドに伝わるハタ・ヨーガの瞑想法では、
満月の夜の瞑想が重視されてきました。

普段の日の瞑想以上に自己の内側に深く入り、
宇宙とのつながりを得られるとされています。

また、満月に集められた野草や野菜は、
より強い威力を発揮します。

満月では葉や花、
実のほうにエネルギーが蓄えられるのです。

満月の日に収穫された野草や野菜、種子類には
ビタミンやミネラルが多く、
これらを用いて料理をすると浄化力が増し、
心が穏やかになります。



岡部賢二氏 著 『月のリズムでダイエット』 より抜粋


今日、10月16日は満月です。

早朝、福岡を出発しましたが、
あいにくの雨で月が見えませんでした。

今日の夜、満月が顔を出してくれると
いいなと思っています。

先月の満月プチファスティングと同じで、
今回も長岡式酵素玄米ご飯と旬の果物の
命を頂きたいと思います。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 肉を食べてもスタミナはつかない | トップ | 肉食動物はなぜ草食動物を食... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。