酵素生活~アンチエイジングの秘訣~

人生が変わる『ゼンノア』!!全てが次元が違います!!
嬉しい、楽しい、幸せ、愛してる、大好き、ありがとう、ツイてる!!

「腸内洗浄」と「コーヒー・エネマ」の違い

2017-06-17 07:26:09 | プライベート日記、他
いまアメリカでは、このコーヒー・エネマが画期的なガンの補助治療法として注目を集めています。

伝統あるコーヒー・エネマの効用が再評価されたきっかけは、1981年にドクター・リー・ワッテンバーグがコーヒーに含まれる成分が、血液中の毒素を解毒するエンザイム・システムをサポートすることを、科学的に証明したことでした。

つまり、65年以上前に臨床結果でしか証明されていなかったコーヒー・エネマの効用が科学的にも立証されたのです。

その後、多くの医師がコーヒー・エネマの研究を行うようになりました。

そして1996年、アメリカ国立衛生研究所(NIH)は、ドクター・ニコラス・ゴンザレスによる「膵臓のエンザイム・パンクレアチンの投与と、コーヒー・エネマによる膵臓ガンの治療研究」の成果に注目し、140万ドル(約1億5千万円)の資金援助をしています。

コーヒー・エネマを併用したエンザイム・セラピーは、アメリカではすでに、薬物を用いない画期的なガンの補助治療法として一般的にも利用されてきています。

もちろん「薬」ではないので、健康な人が行っても何の問題もありません。

問題がないどころか、毒素を体内から素早く排泄する習慣がつくので、エンザイムの節約につながり、健康にとてもいいのです。

最近日本では「デトックス」が一つのブームとなり、さまざまなデトックス法が行われています。

しかし残念なことに、そうしたものの多くは薬品を使ったり、機械を使うなど、人間にとって「不自然」なものです。

病院によっては、機械で腸内に洗浄液を注入して腸内を洗う「腸内洗浄」を行っているところもありますが、この方法では洗浄液を注入する際、腸内が高圧になるので、憩室に炎症がある場合などは、症状を悪化させたり、腸壁を損傷してしまう危険性もあります。

また、腸を洗浄し、きれいにすることは必要ですが、機械を使うと何度も反復して腸内を洗うため、体内のミネラルを必要以上に排出してしまったり、小腸のほうまで洗ってしまうと、栄養素の吸収を阻害する危険性もあります。

そのため、機械を使う「腸内洗浄」は、毎日行うことはできません。

その点、コーヒー・エネマは機械などで外圧を加えずに注入するので、腸を洗いすぎる心配はありません。

コーヒー・エネマで洗うのは、毒素のたまりやすい大腸の左側の部分だけなので、毎日行うことができます。

便秘で苦しんでいる方、ガスのにおいが気になる方、ひんぱんに下痢を起こす方などは、健康効果が高く、ご家庭で無理なく自分のペースで実践できるコーヒー・エネマをぜひお試しいただきたいと思います。

また、ガンを患っている方や、ガンの再発が懸念される方にも、コーヒー・エネマはお勧めしたいデトックスです。

ドクター・ゴンザレスは膵臓ガンに対するエンザイム・セラピーの一環としてコーヒー・エネマを用いていますが、すでにお話ししたとおり、肝臓は全身の毒素を解毒する場所なので、その機能が改善されるということは、全身の健康効果が期待できるということです。


新谷弘実先生 著
『病気にならない生き方② 実践編』 より抜粋


綾町「山もも」食べてみました。
多分初めて頂いたかも!?です。
真ん中にさくらんぼと同じ位?の種があって、果汁が凄く赤かったです。
酸っぱくはなく、「山もも」らしく素朴な味で美味しかった(o^~^o)です。



朝どれの「とうもろこし」やみつきです(o^~^o)。













今日、綾町早川農苑の「枝豆」が入荷していました(o^~^o)。
また頂けて大満足です(o^~^o)。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« コーヒー・エネマを30年間... | トップ | 腹式深呼吸は道具を必要とし... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

プライベート日記、他」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。