神に帰る生き方

せっかく生まれてきたのだから、心平安に生きていきたい!と思う。

招待されたいのであれば

2017-12-08 06:01:27 | 宗教
天国に入るには、
神様に正しく感謝をする者(信者)
でなければならない
というところで前回は終わりました。




こんにちは ファーティマ松本です。

最近ふと、、、
家のあちこちに

『人生の目的地は天国だ!』

と張り紙でも貼ってみようかなあ、、
なんて思ってしまいました。

なぜかと言うと、、、
(そうでもしないと)忘れちゃうから!なんですねえ(汗)

名のある選手や、
いわゆる成功者と呼ばれる起業家さんなどは、
家中のあちこちに
『目標!どこそこで優勝』とか
『目標!年収1億円』とか貼ってあるそうですね。
常に、自分の目につくところに目標を書いておくというのは、
脳裏にくっきりと叩き込まれて
自ずと、その道に導かれていくらしいです。

確かに
サッカー選手になろうっと、頑張って練習をしていて、
気がついたら、お相撲さんになっていた!ということはありませんからね。

この人生は面白いことに
目標がはっきりすると、
そして常にそのことを考えていると、
実現するようになっているみたいですよ。
(もちろん、行動も必須ですが、、)
これは、宗教面においても、同じことが言えそうです。

だからこそ(私の場合)
そこらへんに『人生の目的地は天国だ」と
貼っておく必要があるんです。
でないと、生活のいろいろなことに惑わされてしまって
目的地がどこだか、簡単にわからなくなってしまいますから。


さあて、天国です。
天国というのは、やはり誰でもが入れる所ではなさそうです。

読者の皆さんは、自宅でパーティーを開く時に、
誰でもオーケーよ!と完璧なオープンハウスにする人はいないと思います。
特に昨今は非常に怪しい人も多くなってきました。
何をするかわからない人を家にあげるのは、ちょっと、というか かなり躊躇しますよね。

怪しくなくても、、
こーんな人はちょっと遠慮願いたいのではないでしょうか。
例えば、
招待者であるあなたが、挨拶をしてもプイーッと無視してしまう人。
せっかく作った手作りの料理を
「なんだこれ、クソまずいぞー!」と文句を言って食べない人。
プレゼントをあげても、それを他の人に投げて怪我をさせる人。

こーんな人が本当にいるかどうかは、わかりませんが、
もしいたら、絶対にそんな人は2度と招待しないでしょう。

神様も同じなんですよね。
神様がお創りになった天国に、誰を入れるかは 神様ご自身が決めることです。
神様の存在を信じないで(挨拶しても無視するのと同じ)
沢山の恩恵を感謝しないで(料理に文句を言うのと同じ)
その恩恵を正しく使わないで(プレゼントを人に投げると同じ)

そんな人を、ご自分の天国に入れたいと思うでしょうか。

神様を信じる人と、信じない人とは同じではありません。
感謝をする人は、しない人と同じではありません。
正しい道を歩いている人は、間違った道を歩いている人と同じではありません。
天国に入れる人は、入れない人と同じではありません。



さて、さて、
読者の皆さんは
「誰かに招待してもらいたいなあ」って思ったことは、、、 ありますか?
特に、沢山の仲間が招待されている時には「私も行きたい!」
って、ふつう思いますよね。
そんな時に
「ねえ、私も行っていい?」と言ったら
「エーッ」とか
「イヤー、ちょっと」
なんて言われちゃったら、どうします?
かなり、辛いですね。

人間というのは、一人で生きていける生き物ではないですからね。
やはり、周りの人と少しでもいいから関わっていかないと、倒れてしまいます。

だから
招待されたいと思うのであったら、ある程度のマナーはやはり必要でしょう。
そーんなに、すごくいい人でなくたっていいと思うんです。
そーんなに、面白いことを言わなくったっていいんです。
芸の一つも、披露しないでいいのです。
ただ、、
来た時に、ちょっと挨拶をしたり
みんなと一緒に飲んだり食べたりしてくれるだけでいいんです。
そんなもんです。

神様も実は、同じ考えのようですよ。
神様が創った天国に入るのに、そーーんなにすごい人でなくても、いいのだそうです。
悪いことをいっぱいしてしまっていても、いいそうです。

何しろ、私たち人間というのは、”完璧”に創られていません。
誰もが、ミスをするし、間違った事をしちゃうし、悪い事も沢山しちゃいます。
人に嫌なことを言ってしまったり、意地悪なことをしてしまう事だってあります。
誰もが、です。
そう、人間はそういう風に創られているんだから、しょうがないんです。

しかし神様というのは、とてつもなく優しく、
そして沢山の罪を許してくれるお方です。

クルアーンの中で、神様はこのようにおっしゃっています。

 『自分の魂に背いて過ちを犯した我がしもべたちよ。それでもアッラーの慈悲に絶望してはならない。
  アッラーは本当に、すべての罪を赦される。
  かれは寛容にして、慈悲深くあられる。』
 (クルアーン39:53)

すべての罪を赦される、とありますが、
これには、注意書きが必要です。

 『まことにアッラーは、(何ものをも)彼に配されることをお許しにならない。
  だが、その外のことは、御心に適えばお許しくだされる。
  およそアッラーに同位の者をあげる者は確かに遠く(正道)から迷い去った者である。』
 (クルアーン4:116)

そうです。
神様の天国に招待してもらいたいのであれば、、、、
やはりある程度のマナーが必要になってきます。

そのマナーとは、、、

『天と地を作られたお方、
 人間とその他いろいろな物をお創りになったお方、
 その唯一の神様だけを信じること!』

そうすれば
天国へ入れてもらえる、、、、、
、、、かも、、
、、しれません。





今日もお付き合いいただきましてありがとうございました。
みなさまに神様からの祝福がたくさんありますように!
==============================

※5星レビューが5件もつきました。(o^^o)*
レビューを書いてくださった方々 どうもありがとうございました

アマゾンから電子書籍発売中!

「イスラム的現世の歩き方」
http://www.amazon.co.jp/dp/B01HQB2VPW/

イスラム的な人生の処世術!
あなたは何のために生まれ、何をして生きていけばいいのでしょう。
人生の目的は?
せっかく生まれてきたのです。
神様に守られた平和な現世を歩きたくはありませんか。
そして来世では、天国に入って
”永遠に” ”幸せ” に暮らしたくはありませんか。
方法はとてもシンプルです。
今まで知らなかったイスラム教に出会える本です。
=================================


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« どうして恩恵をくれるのか | トップ |   

コメントを投稿

宗教」カテゴリの最新記事