私の愛用の香水について

8年間、買い続けているお気に入りがございます。好きな動物であれば、大体好きだけど、1番はうさぎ、*'ш`*

家族旅行で海外に行くならマカオがおすすめ

2017-04-21 17:00:08 | 日記
家族旅行で海外に行くならマカオがおすすめ。子供さんが一緒なら治安の良い場所は絶対条件でショッピングに観光とグルメの充実している場所。世界遺産の旧市街と巨大リゾートが林立し、西洋と東洋が共存する魅惑の世界が楽しめます。そんなマカオでおすすめのホテルと言えば、パリをテーマにしたエッフェル塔もある話題の統合型リゾートホテルのThe Parisian Macao。カジュアルに贅沢を味わうならココです!
ザ・パリジャン・マカオに建つエッフェル塔
写真:旅人間
http://blog.crooz.jp/riuaeraer/ShowArticle/?no=2
http://blog.crooz.jp/riuaeraer/ShowArticle/?no=1

マカオと言えばカジノと言ったイメージを持つ方もあるかもしれませんが、今やマカオは家族旅行や女子旅、学生旅行向けの旅行地と言うのをご存知でしょうか。治安良く安全で、しかもエンターテイメント溢れる世界で満ち溢れているんですよ。
例えば、開発が進むコタイ地区にやって来ると、目を見張る豪華なホテルやビル群の中にフランス・パリの象徴エッフェル塔が見えて来ます。ここはThe Parisian Macao(ザ・パリジャン・マカオ)と言うフランスをテーマにした統合型リゾートホテル(IR)。もちろん宿泊先としてもおすすめですが、外観を見ているだけでとっても楽しい気分になれるマカオに来たら絶対に立ち寄りたい場所の一つ。
写真:旅人間
https://tab.do/items/25975803
https://tab.do/items/25975800

「ちょっと待って、マカオでエッフェル塔?」と思いますよね。確かにこれはレプリカです。しかし1889年の建設当時の姿を実物の半分の大きさで精密に再現し、実物と何ら変わりない気品ある美しさ、堂々たる迫力はリアルで見ごたえ抜群。
高さ約160mのパリジャン・マカオのエッフェル塔。この下に立ち見上げて見た時のワクワク感と胸の高まり。もはや紛れもなくマカオの観光名所の一つと言って間違いありません。
写真:旅人間

37階建てのビルに相当するパリジャン・マカオのエッフェル塔の展望台からの景色は、高すぎず、低すぎることもなく調度良い。周囲にはマカオに活気を与えている豪華なホテルの数々、人々の生活の場である高層マンション、まだまだ建設が進む風景、そして近代化が進む中でも緑が多いのも良く分かり、対岸には中国も見えます。
体に感じる風は涼しさの中に湿度と生温さがあり、風を体に浴びる度に、ここがアジアであることを思い出させてくれる。エッフェル塔で感じるアジア。この不思議な感覚もマカオの楽しさなのかもしれない。
ロビーに入ったら、そこには驚きの光景が…。
写真:旅人間

パリジャン・マカオのロビーに入ると、思わず足を止めて呆然と見上げてしまう事でしょう。目の前に巨大な白亜の柱があり、中央には人魚たちが水を噴射するパリのコンコルド広場を再現した噴水、ドーム状の屋根を持つロタンダには見事な天井画が描かれている。まるで今からドラマチックな映画でも始まりそうな期待感に満ちた空間です。
音楽に合わせて水が飛び跳ね、色とりどりにライトアップされる噴水前は記念撮影には最適で長居しても飽きる事がない。この壮大な空間は1Fから上を見上げるのも素敵ですが、2階から噴水を見下ろしてみる雰囲気も味わっておきたい。
写真:旅人間

コンコルド広場の噴水を中心にホテルサービスカウンターとホテルレセプションカウンターは左右に分かれています。サービスカウンターはルーブル美術館の芸術品をイメージしたブルーとゴールドを基調とし重厚な雰囲気と気品あふれ、レセプションカウンターはナポレオンをイメージしたレッドとゴールドで可憐で華やか。
この壮大なスケールを目の当たりにすると、思わず緊張で凍り付いてしまいそうになりますが、ホテルのスタッフの方々は目が合うと優しくニコッとほほ笑んでくれます。まさにカジュアルに贅沢を味わえる場所。宿泊や食事だけでなく、エンターテイメントのショーや買い物など自由に楽しめる最高の空間なのです。
写真:旅人間

このパリジャン マカオ内に併設されている「ショップス・アット・パリジャン」では最新のファッションや高級ブランドなど気になる店が盛り沢山。しかもシャンゼリゼ通りなどパリのムードを堪能しながらの買い物は語るまでもなく魅力的。
また全ての通りは‟ヴァンドーム広場”に繋がっているので迷子にならず気ままに買い物が出来るのも嬉しい。そしてマカロンやエクレア、エッグタルトなどスイーツの店を発見したり、ストリート・パフォーマンスに出くわすこともあります。
更に、隣接する統合型リゾートホテルの「ショップス・アット・フォーシーズンズ」「ショップス・アット・ヴェネチアン」「ショップス・アット・コタイセントラル」と館内通路で直結しているので、暑い日や雨の日も気にせず買い物が出来るのも素晴らしい。この大規模なショッピングエリアは女性には注目のポイントと言えるでしょう
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
«  ロックバンド175R(イナゴラ... | トップ |  宮崎県日向市の南端に位置す... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。