私の愛用の香水について

8年間、買い続けているお気に入りがございます。好きな動物であれば、大体好きだけど、1番はうさぎ、*'ш`*

信楽焼といえば、日本六古窯の一つとして

2017-04-21 17:03:32 | 日記
信楽焼といえば、日本六古窯の一つとして、その名を知る方も多いでしょう。そんな信楽焼をさまざまな形で楽しめる施設が、信楽焼の本場・滋賀県甲賀市にあります。滋賀県立陶芸の森です。今回は信楽焼の可能性さえも示した滋賀県立陶芸の森の魅力に迫ってみましょう。
信楽焼の魅力が楽しめる陶芸の森
写真:乾口 達司
http://www.freeml.com/bl/15549891/380587/
http://www.freeml.com/bl/15549891/380588/

滋賀県立陶芸の森(しがけんりつとうげいのもり)は、日本六古窯の一つ・信楽焼を顕彰し、その発展を目的として、平成2年、信楽焼の本場・滋賀県甲賀市の信楽高原に設立されました。
写真は信楽焼の名品を展示した陶芸館。陶芸館は陶芸の森を代表する中心施設で、館内では定期的に特別展ももよおされており、信楽焼がいまなお焼き物としての生命を保ち続けていることがうかがえます。
それを証明しているのが、画面右手前に置かれた手のオブジェ。驚くなかれ、これもまた信楽焼なのです。信楽焼が現代アートでもあることがうかがえますよね。
これが信楽焼!?さまざまな形の作品
写真:乾口 達司
http://kjbyby.net/show/pcbqf22
http://kjbyby.net/show/hmpq3rp

そして、その多様性は館外の数々のオブジェからもうかがえます。以下、その多様性の一端をご紹介しますが、まずは定番のこれから。
ご存知のように、信楽焼名物のタヌキの置物。さまざまな信楽焼があっても、これは外せないでしょう。愛くるしい表情も必見です。
写真:乾口 達司

こちらは石段の脇に並べられた壺。平成7年度招聘作家・小谷光二の作品『大壺』で、等身大の大きさが圧倒的です。
写真:乾口 達司

では、こちらはいった何でしょうか。良く見ると、車止めが犬の造型になっているではありませんか!?これはアニマルタイヤブロックの『おっとドック』。信楽焼デザインコンペ受賞作品ですが、こんなものまで信楽焼だとは驚きですよね。
珍しい作品はまだまだある!星の広場に展示された作品の数々
写真:乾口 達司

陶芸館からさらに山手側に登っていくと、やがて広い台地状の山頂に到着します。「星の広場」です。「星の広場」にもさまざまな作品が展示されていますが、なかでも、ひときわ目につくのが、ご覧の作品。平成18年度ゲストアーティストのサンドロ・ロレンティーニによって製作された『炎の人』です。大きさも見上げるほどで、圧倒的な存在感を放っています。
写真:乾口 達司

こちらは平成13年度ゲストアーティスト・栄木正敏の『クライム・ブルー』。信楽焼が現代アートにも充分対応出来ていることが、この作品からもうかがえますよ。
ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
«  宮崎県日向市の南端に位置す... | トップ | フランス公爵や英国伯爵との... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。