樹樹日記

じゅじゅにっき。樹木と野鳥に関する面白い話をご紹介します。

バードグループ

2017年03月30日 | 野鳥
前回の記事でお伝えした室内例会の準備のために、鳥とポップミュージックについていろいろ調べていて面白い事実に遭遇しました。1950~1960年代にアメリカで流行した「ドゥーワップ」という音楽ジャンルで、鳥の名前をつけたグループが続出したというのです。それらを一括してバードグループと呼ぶそうです。
「ドゥーワップ」とは、日本では顔に靴墨を塗った4人組のシャネルズ(後のラッツ&スター)が歌っていた黒人コーラスのこと。私はブルースやゴスペルなど黒人音楽が好きなのでドゥーワップにも関心はありましたが、バードグループのことは知りませんでした。
この領域に生息していた鳥は、カーディナルス(ショウジョウコウカンチョウ)、クロウズ(カラス)、イーグルス(ワシ)、ファルコンズ(ハヤブサ)、フラミンゴス(フラミンゴ)、ホークス(タカ)、ラークス(ヒバリ)、メドウラークス(マキバドリ)、オリオールズ(ムクドリモドキ)、ペリカンズ(ペリカン)、ペンギンズ(ペンギン), レイヴンズ(ワタリガラス)、ロビンズ(コマドリ)、スワローズ(ツバメ)、スワンズ(ハクチョウ)など、実に多様性に富んでいます。



私も初めて聞く名前ですし、日本ではほとんど無名だったようです。アメリカでもヒット曲に恵まれたり、継続的に活動を続けたのはレイヴンズ、オリオールズ、フラミンゴス、ペンギンズくらいで、あとはメジャーにはなれなかったようです。



このバードグループの中でも最もヒットしたのが、オリオールズの「Cryng in the Chapel」(右上のジャケット)。曲の中に鳥は登場しませんが、なかなかいい曲です。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 鳥とポップミュージック | トップ | 野鳥を食べる »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (guitarbird)
2017-04-03 11:18:35
こんにちわ
これはそういう動きがあったこともそれらのグループも全く知らなかったし(ドゥワップ自体はもちろん知っていますが)、ここで紹介されている曲も聴いたことはないものでした。
もうこれは完全に時代のもの、流行、でしょうね、後に続かなかった。
勉強になりました。
やはり (fagus06)
2017-04-04 07:55:55
ギタバさんもご存じなかったのですね。私も全く知りませんでした。
ポップミュージックと鳥についてネットで調べるうちに、そういう情報を得たのでした。
4月2日の室内例会は予想通り参加者が少なく、結局4名でした。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。