fagerioauor野日記

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

芸能リポーターの井上公造さん(60)がテレビ番組で

2017-01-04 16:35:35 | 日記
芸能リポーターの井上公造さん(60)がテレビ番組で、結婚したばかりのタレントのりゅうちぇるさん(21)とモデルのぺこさん(21)が2017年10月に破局するとの予想に、ネット上で批判が起きている問題で、井上さんはJ-CASTニュースの取材に対し「そんな発言をするわけがない!」とお冠だ。

番組収録は結婚を発表する前に行われたもので、実は「2人は17年に結婚するのか?」の予想を頼まれてのトークだったのだというのだ。
番組は結婚発表する前の収録

井上さんが出演した番組は、17年1月3日放送の関西テレビ「爆笑!2017年こうなる宣言」。1月から12月のカレンダー形式で、その月に起こるかもしれない芸能界の出来事を予想した。10月の欄には、16年12月28日に結婚したばかりのぺこ&りゅうちぇるが「破局」するとボードに描かれていた。同時に2人の結婚を伝えたスポーツ紙と、ボードとは別に「離婚!?」のテロップが表示された。

井上さんは2人について、本当は交際してはいない営業ラブではないか、という噂もある、とし、
http://www.sun-marche.com/post/entry/3813
http://www.sun-marche.com/post/entry/3812
http://fagerioauor.asks.jp/1058.html

「このまま行くとはとても思えない。りゅうちぇるはぺこちゃん居なくてもめちゃめちゃ売れている。頭もいいし、トーク力もある。16年にブレイクしたうちの何本の指に入る人物だ」

と、セットで売る意味が薄くなったことを「破局」の根拠とした。

これについてスポーツニッポンなどが3日の電子版で、

「井上公造がタレントのりゅうちぇるとモデルのぺこ夫妻の10月の破局を予想した」

と報道したことでネット上で騒動に発展。

「結婚したばっかりなのにどんだけゲスなんだよこいつは」
「社会的常識として、結婚直後に離婚の話するとか頭おかしいんじゃねえの?」
「この二人は離婚しないだろう。ビジネスカップルだったとすればなおさら別れる理由がない。そこらへんの大人よりシビアで割り切ってて精神的に成熟してる印象」

などと掲示板に井上さんに対する批判が書き込まれた。
「結婚できる状況にないから破局すると...」

ただし井上さんは「離婚」という言葉は一切使ってはおらず、収録スタジオ内も2人が夫婦であるという空気感はなかった。現在はハワイに滞在中という井上さんにJ-CASTニュースが17年1月4日に電話取材したところ、
http://fagerioauor.asks.jp/1022.html
http://blog.gurun.jp/bview.php?go=view&id=7180
http://blog.gurun.jp/bview.php?go=view&id=7179

「結婚したばかりの人について、そんな失礼な話をするわけがないし、あり得ません」

と今回の騒動についてお冠だった。井上さんによれば番組収録は結婚発表前。17年に2人は結婚するのかどうかを語ってほしいと頼まれ、結婚発表前だったこともあり、そんなに簡単に結婚できる状況にはないという判断から、あのようなトークになったのだという。しかし、番組は結婚後の予想という形で受け止められる放送だった。

井上さんは16年12月下旬からハワイに滞在しているため放送された番組は見ていないが、視聴者に誤解を与えるような「演出」があった可能性もあると話している。

そして、ぺこ&りゅうちぇるの今後については、

「離婚の可能性ですか?あるわけないですよ」

と取材に答えた。

当のりゅうちぇるさん、ぺこさん夫妻は17年1月4日午後まで、ブログやツイッターで今回の騒動には触れておらず、正月旅行をしているグアムでの仲睦まじい写真をアップし続けている。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 3日放送の「好きか嫌いか言う... | トップ | 12日放送の「有吉ジャポン」... »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。