全国付近で、やむを得ず手放さなけれ ばならなく

なった成長した犬や、産まれたばかりの犬などが優しい里親さんを待ってい ます。全国で犬の里親になりたいと思っている方は

かつて「ドラフト1位」でプロに入団した選手1人の野球人生をクローズアップする

2017-07-15 11:01:26 | 日記
<マイナビオールスターゲーム2017:全セ2-6全パ>◇第1戦◇14日◇ナゴヤドーム



 かつて「ドラフト1位」でプロに入団した選手1人の野球人生をクローズアップする。華やかな世界として脚光を浴びる一方で、現役生活では「ドラフト1位」という肩書に苦悩し、厳しさも味わった。その選手にとって、果たしてプロ野球という世界はどのようなものだったのだろうか。

井口資仁、7つの偉業。30本40盗塁に自由契約でMLB、そして…。球史に残る内野手の歴史
多田野数人、ドラフト1位の肖像#3――日本ハム1年目の骨折で余儀なくされた軟投派への転向

多田野はアメリカでの経験を今でも意識していると話している。【田崎健太】

■初登板初勝利も状態は「天と地の差」

 5月の北海道の天気は気まぐれである。
http://www.asks.jp/users/pipaewporie/
http://pipaewporie.asks.jp/589.html

 雨が降って気温が下がり分厚い上着が必要になることも、あるいはからりと晴れて半袖で過ごせることもある。

 2008年5月2日は後者だった。日中の最高気温は25度、鮮やかな青い空が広がっていた。ゴールデンウィーク中ということもあり、札幌ドームの近くには屋台が出て、夏祭りのような華やかな空気となっていた。

 この日、ぼくは北海道日本ハムファイターズの社長、藤井純一と一緒に球場へ歩いていた。前年度、ファイターズは13億円の黒字を出していた。数十億円の赤字を毎年計上することが当たり前だった、パシフィックリーグでは極めて異例のことだった。月刊誌から彼のルポルタージュを頼まれていたのだ。

 対戦相手、東北楽天ゴールデンイーグルスの先発はダルビッシュ有と防御率争いをしていた岩隈久志。そしてファイターズは多田野数人と発表されていた。前年ドラフト1位で入団した彼の初登板だった。
http://pipaewporie.asks.jp/483.html
http://pipaewporie.blog.shinobi.jp/%E6%9C%AA%E9%81%B8%E6%8A%9E/gfawerxdfaewr

 1回表、開幕戦以来の4万人の観客の前に、背番号16をつけた多田野がマウンドに登った。大学卒業後、アメリカに渡っていたため、ほとんどの観客は多田野の投球を観るのが始めてだったろう。

 1球、2球と投げ込んでいくうちに、スタジアムは不思議な雰囲気となっていた。多田野はアメリカで150キロほどの速球を投げると報じられていた。しかし、目の前の右腕投手がロボットのようにぎくしゃくとしたフォームで投げ込む球は130キロ代半ばしかなかったのだ。公式発表によるとこの日の最高速は139キロだった。

 その変則フォーム、そして事前情報とは違う球速に困惑したのか、イーグルスの打者は次々と凡退を繰り返した。多田野は7回を投げて1安打無失点、初登板初勝利を手にすることになった。

 多田野は少々複雑な表情でこう言う。

「ファイターズの方々には本当に申し訳ないのですけれど、アメリカでのピッチングとは天と地の差ですね」


■骨折が投球スタイルに大きく影響

 原因はシーズン前の怪我だった。1月6日、自主トレーニング中に左手首を骨折していた。

「ランニングをしていて、駐車場のところにあったチェーンに脚が引っかかってしまって転んだんです。そのときに左手をついてしまい骨折。破片状になった骨を手術でくっつけたんです」

 リハビリを経て2月末に二軍に合流、4月25日に二軍戦に登板している。一軍の投手が不足し、急遽一軍登録、初登板となったのだ。

「ピッチャーって利き腕はもちろんですが、反対の手もすごく大事なんです。投げるときにグラブを(脇に)ぎゅっと巻きこむ。それが全然できない」

 手術後、左手首は自由に動かなくなっていた。今も買い物をして釣りを貰うとき左の掌で受け取ると、小銭が下にばらばらと音を立てて落ちる程だという。

「手首をうまく使えないから、ふわっとした感じで(グラブを)巻きこむしかない。そうなると球速が落ちる。だいたい10キロぐらいは遅くなりました」

 球威を売りにする投手が、コースを投げ分けて交わす、いわゆる軟投派への転向は難しいとされている。年齢を積み重ねるうちに、投球スタイルを変えていく場合もあるが、多田野の場合は突然、球速減を受け入れざるを得なくなったのだ。そして、ドラフト1位投手という視線の重みもあったろう。

 ただ、多田野は周囲の目は気にならなかったと言う。

「直接、ぼくの耳には入ってこなかったです。目の前の打者をどう抑えるか。150キロを投げて打たれるよりも、140キロで抑えるほうが全然いいですしね」

 1年目の多田野は7勝7敗という成績を残した。ただし、これが彼の最高の成績となった。

 翌2009年シーズンは5勝5敗で、二軍落ちも経験した。そして2010年シーズン終了後に戦力外通行を受けた。トライアウトを受験。ファイターズと再契約を結んでいる。

 二度目の戦力外通告は2014年のことだった。

「34歳で、年も年だし、次のステップに進むべきかなと思いました。木田(優夫)さんが石川(ミリオンスターズ)でやられていて、翌年からファイターズに戻るのが決まっていた。木田さんから連絡があって、石川でピッチングコーチ兼任でどうかという話を頂いたんです」

 68年生まれの木田は、読売ジャイアンツ、オリックス・ブルーウェーブなどの他、アメリカのメジャーリーグにも所属した投手である。

「木田さんは尊敬できる先輩で、アメリカでも同時期にいたことがありました。ファイターズでも2年間一緒で、食事にも連れていってもらったことがありました。そういった方から誘っていただくというのは、すごくありがたかった。自分が断る理由はありません。しばらくしてからやりますという返事をしました」
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 先日、九州新幹線の車内でこ... | トップ | 人気タレントのローラ(27... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。