イタンデイコウ!

ひっそりたたずむ、設備たち

今年は70周年です

2017年03月22日 | 消火栓・消防
以前に購入した建設工業社のパンフレットであるが、



いつのものかわからなかった。しかし、住所が



東京市外南品川町を棒線で消して東京市品川区南品川となっているのがヒントである。
今年は品川区が誕生して70周年だそうだ。 
品川区は昭和22年に品川区と荏原区が合併したとあるが、東京市が東京都になったのが昭和18年。

アレ?

ちなみに右端に小さく「昭、七、二」とあり、昭和7年2月を示していると思われる。
ウィキ先生によると、もともとの品川区は昭和7年10月に誕生したとある。
昭和7年の2月に発行したが、10月に品川区になったので修正したよ、ということらしい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ははは

2017年03月17日 | その他


いや、まさか三越がこれをやるとは思わなかった(笑)

とはいえ、実は三越が苦手。この近辺に通勤していた時は、常に道路の反対側を歩いていた。
何かわからないけど、怖いんだよココ。だから前を歩けない・・・・

友人にその話をしたら「へっ?」て感じで、「ひょっとして天女?」と言われたが、
そうかもしれないし、そうじゃないかもしれない。というか、あれに顔が向けられないので
実は何があるかよくわからない。顔のついたものが苦手なので、直視できない。
だから日本橋で買い物する時は、もっぱら髙島屋である。髙島屋は落ち着くんだよね。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

建築金物KK

2017年02月03日 | シャッター
出かけた先で見つけたシャッター銘板。
建築金物商会のもじりかよ~と、ニヤニヤしながら撮影していたが




2枚あるうちのもう一つをみたら



「森建築金物KK」とあり、浅草千束町にあったようだ。
電話の局番が2桁というのが、今となっては珍しい。

銘板で、そりゃ使っている漢字がグッドでしょうというのが
三和シヤッター。このデザインは文化や小俣にはできないよなあ。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

弟の名は弐号じゃない

2017年02月02日 | その他
奈良ホテルと取り壊された大阪の精華小学校にあった窓枠のスナップ。
奈良ホテルでは階段の窓についている。








これが奈良ホテルに手紙で質問したらシカトされた設備?である。
戦時中の「灯火管制」用の布を留めるものだったのではないかと想像するが、
そういう文献を見たことがないので、未解決である。

古書店でそれが掲載されているかも、と一縷の望みをかけて買った
「防空遮光設備用暗幕と其の運用」。しかーし載っていなかった・・・・(しくしく)
この小冊子は日本遮光工業株式会社が発行しているが、著者は「田島壱号」。
この人は戦前のシャッターとサッシ業界で著名な人。田島は建築金物商会で
工場長をしていたが突如、機械を持ち出し、人を持ち出して独立するという
ドラマチックなことをしでかすのである。


田島壱号について

まさかこんなところで壱号に会えるとは!であるが、知らなかったがこの日本
遮光工業の社長であった。田島壱号には弟がいた。名前は忘れたが、弐号では
なかった。なんだよーと、ちょっと不服である。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

火力で圧力かけるよ~

2017年02月01日 | 暖房・ボイラー
ボイラーの本を読んでいるうちに、使ってみたいものができた。
それは「圧力なべ」。使い方を間違えるとなかなか危険そうなので、
どうしようか悩んでいた。悩む理由はその値段と、飽きたらどうしよう
というものだった。

新居に移り、近所のホームセンターにガスホースを買いに行くと
ティファールのクリプソアーチが安く売られていた。1万9800円
くらいするものが1万円で、かつホームセンターの商品券が千円分つく。
さらに、応募するともれなく2千円の商品券がもらえるキャンペーン中。

まさに「いつ買うの?」「今でしょ!」ということで購入したが、
使ってみると簡単で(ティファールは初心者でも扱いやすいらしい)
週末は圧力なべで実験である。(決して料理とは呼べない)




白飯うまい、牛スジとろとろ、鳥ハム早っ、と重宝しているが、
あまりにも短時間で調理できるため、今までの鍋でチンタラ
できなくなってしまった。買ったのは4リットルだが、違うメーカーの
容量が小さいやつを買うかどうか迷い中。というのもキッチンが
1.6畳と、コックピット並の狭さなうえに脱衣所も兼ねているので
モノが増やせないのである。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加