イタンデイコウ!

ひっそりたたずむ、設備たち

北海道に飛び火

2012年05月06日 | 暖房・ボイラー
建物竣工より遅れて設置された大阪府立中之島図書館の
ラジエーターだが、オーナメンタルタイプは一部にしかない。
館内を回ると、設置されているのは2階の図書協力室・登録
カウンター、蔵書検索室、複写室のあたりだ。

竣工当時の平面図では、この区域は「事務室」となっている。
閲覧室に設置されたのは、装飾のないタイプ。これは図書館
職員に威厳をもたせる意味があったのではないかと思う。
ちなみにラジエーターの運転は毎年3月31日まで。無名では
あるが、現役で使い続けられる大阪の素晴らしい名品である。

中之島図書館の暖房工事を手がけた村井菅谷営業事務所は、
住友総本店、造幣局、天王寺公園植物温室、日本銀行広島
支店などの暖房工事も施工した。北海道でも北海道本庁舎を
はじめ日本銀行小樽支店、函館支店の暖房工事を担当し、
活躍した。日銀小樽支店は重要文化財となり、現在は
「金融資料館」として一般公開されている。ここには当時の
ものと思われるラジエーターが残されている。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 村井菅谷営業事務所 | トップ | いきなり鎮火~ »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。