goo

セルリバイブ・ジータ経過報告(2ヶ月半)

 

セルリバイブ・ジータを注入してから早いもので、約2ヶ月半が経過しました。

目の下の窪みの部分は現在も良好に平坦化して、患者様からも「先生、若返りましたね」「全然、違う」とか言われています。

全く違和感も無く、順調に経過していると思います。
コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )
« シルエットリ... 第2回スレッド... »
 
コメント
 
 
 
Unknown (とんとん)
2009-02-12 19:22:50
セルリバイブ・ジータとは、どのようなものなのでしょうか。
PRPにbFGF(線維芽細胞増殖因子)を加えたものですか?
 
 
 
とんとんサンへ (Dr.Spa)
2009-02-13 10:38:03
W-PRPにb-FGFを加えたものです。W-PRPというのは白血球を含んだ多血小板血漿でこれ単独でも皮膚のコラーゲンを造成し、シワを取ったり肌の張りを出したりする効果はありますが、それにちょっとだけb-FGFを混ぜるとその効果が増強、あるは安定化します。これをセルリバイブ・ジータと言います。
by ドクタースパ
 
 
 
Unknown (とんとん)
2009-02-17 18:48:21
お返事ありがとうございます。
ひとつ疑問があるのですが・・・素人ですので、
まったく的外れでしたらお許しください。

久保田潤一郎先生が警告しておられるように、
PRPにbFGFを追加する方法は、予期せぬしこりなどを
作る原因になりうるということで、実際に
そのような問題が多く起こっていると聞きますが、

先生のところで行っておられるセルリバイブ・ジータとは、これとは別の方法でしょうか。

本当に失礼な質問で、申し訳ございません。
 
 
 
とんとんさんへ (Dr.Spa)
2009-02-21 10:29:13
私のところで行っているものは、久保田先生が警告しているものと同じものです。ただし、現在使われているセルリバイブ・ジータは沢山の実験やら使用経験からbFGFの混入量が厳密に規定され、それに従った使用を行えば予期せぬ合併症等を発生することはまずありません。以前に問題が何例か起こったことは私も知っておりますが、それはほとんどがbFGFの混入量が多すぎた場合か、同じところに短期間に何度も使用した場合のようです。私も自分で試しておりますが、全く問題はありません。問題がないことを確認しているから使っているわけですが。
by ドクタースパ
 
コメントを投稿する
 
現在、コメントを受け取らないよう設定されております。
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。