Notes of Cinematograph

個人的な映画覚書

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

マルコヴィッチの穴 -BEING JOHN MALKOVICH-

2005-06-16 | cinema
制作年:1999 国:アメリカ 監督:スパイク・ジョーンズ 出演:ジョン・キューザック、キャメロン・ディアス、ジョン・マルコヴィッチ
お勧め度:★★★☆☆

誰か違う人になってみたいって思ったことはありませんか?
例えば、芸能人とかミュージシャン、ハリウッド俳優とかさ。とにかく自分とは違う人。うちはそんな風に思ったことあるなぁ。でもやっぱり自分が一番いいけど。

この映画はそんなお話。
あるところにジョン・マルコヴィッチの頭の中に通じる穴を発見しちゃって、その穴の中に入るとジョンの視線で物を見て15分だけジョンになれちゃう(ジョンの頭の中に入っちゃう)っていうお話。コメディ映画に分類されてるけど、これはコメディとは言いがたいと思うのだけど。哲学?なんていうのかしらねぇ。とりあえずコメディではないでしょ!DVDのジャケがやけに印象的でオバカな映画に思わせるけど、そうでもないです。笑えるところと言えば、ハゲのカツラをあからさまにかぶってるってわかるチャーリーシーンと、「マルコヴィッチ」としかしゃべらないジョン・マルコヴィッチだけの世界でしょうか。マルコヴィッチ?マルコヴィッチ。

感想としてはおもしろいともおもしろくないとも言えないなぁ。7と1/2階の意味は?そんなことはまぁいいか。マルコヴィッチっていのがすごくいい。『危険な関係』とは思えない。
えーと、この映画はその「穴」がどうのこうのっていうよりは、結果的に人間は欲深いみたいなそんな結末ですかね。でも、あの人形の動きは只者じゃないよ!!すごい。あれだけのテクニックを持ってるのに、認めてもらえないのは悲しいね。有名人が披露すれば認められるってのもまた切ない。社長たちの歴史のつなぎめはイヤだって言う言葉も切ない。そこから逃げてる彼らもなんか切ない。うちにとってはなんだか切なくなる映画だったよ。利用されてるマルコヴィッチかわいそうだし、性同一性障害のキャメロン・ディアスはチャーリーズエンジェルとは嘘でも言えない顔してるし・・・。

監督のスパイク・ジョーンズの映画はなんか最後惜しいところがあるように思う。『ヒューマン・ネイチュア』も途中までは食入って観てたけど、最後まで乗り切れない。でも心に残る、じーんとくるものはあったよ!ヒューマンネイチュアは制作を担当してるけど、彼の作品はきっとコメディになりきれてないんだろうなぁ。どっちつかずっていう感じ。ドラマともコメディとも言い切れない。あ、でも、『アダプテーション』は面白かったな☆

この映画はジョン・マルコヴィッチ好きな人にはめちゃお勧めです。
トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 21グラム -21grams- | トップ |   
最近の画像もっと見る

あわせて読む

2 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
これからは社長キラー路線でw (要旬)
ちょwww 東京から出張で来てる社長さんゲットしたんだがwww 2回ヤったんだけど、ディープスロートがうますぎて1回目は即イキしてしまった(^^; だから2回目は無難だし楽なので騎乗中心にしておきますたよww てか、社長ゲットしたらマジうまいよ! 今回一...
スマター (けめち)
昨日ヤってきたハーフのリサって女の子、自分の事「スマター」って言ってたぞww なんのこっちゃ?って思ったら、素股の天才って自称してたww ぶっちゃけ疑ってたけどさ、ホテルに着いてから早速ヤってもらったら、ま○○に突っ込むより倍以上は気持ち良かったぞ!! ...