山の時間 Time to spend for mountain climbing-山行メモ

沢登り&山スキー&ハイキング >>>>

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

鳥海山(祓川~七高山)

2008年05月19日 | スキー
■山行No.4088
■山行種別 山スキー
■山行期間 2008年 5月 3日
■コースタイム 
5月2日 自宅(19:00)=白石IC=東根IC=祓川(23:30)車中泊
5月3日 祓川(6:00)→七ツ釜避難小屋脇(7:50)→七高山山頂・新山往復(10:10~11:40)→七ツ釜避難小屋(12:05)→祓川(12:25~12:50)=温泉入浴=自宅(18:45)
■メンバー  K.K A.K

<行動記録>
5月2日
 会社から帰宅し、夕食をとって19時出発する。東根まで高速を使い、さらに北上する。途中高速道路を無料解放してある区間もあり、順調に走る。院内から左に折れて祓川を目指す。23時30分駐車場に到着、車中泊。
5月3日
 天気は最高、温度も高く、まったく寒さを感じない。6時出発する。食欲もあまりないので、朝食をとらずに歩き出す。天気がいいので、我々よりも早く出発したパーティーも多いようだ。シールをつけて歩く人、スキーを曳いて歩く人、スキーをザックにつけた人とさまざま。


祓川山荘とバックは鳥海山

 ルートには赤い標識のついた竹竿が5mくらいの間隔でついている。天気がいいので、思い思いのルートで山頂を目指す。途中の小休止で朝食をとったら、相棒は気持ち悪くなったとのことで、ペースダウン。時間が早いので心配ないが、追い越されると気がもめてくる。最後の急斜面を登りきると七高山だ。
 10時10分ようやく七高山に到着する。のんびり歩いて4時間10分、景色を楽しみながらのタイムとしてはいいペース?


七高山で記念撮影

 記念撮影をしていると、後続の登山者が続々到着する。一息ついて新山を往復する。七高山からおよそ20分で到着する。数人の登山者が入れ替わり往復していた。ピークから360度の展望を楽しんで戻る。


新山でポーズ

 ギャラリーを前に華麗なシュプールを刻んでいた人もいた。再び七高山で小休止して出発準備。
 11時40分、シールをはがして滑り出す。相棒はスキーが下手なので、人のいないところまで斜滑降で移動してから滑り始める。スキーは下手でも下りは早い。登りの苦労を考えると、もったいなくてついつい立ち止まる。12時05分、七ツ釜避難小屋の前を通過、12時25分、祓川の駐車場に到着する。


祓川の駐車場は雪の壁

 帰宅途中、フキノトウを採り、温泉に入り、食事をして18時45分自宅に到着する。(K.K)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大作山 | トップ | 南八甲田(睡蓮沼→駒ヶ峯→猿... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。