まっくんはギョーザが好き!

まっくん日記です。

UFOが見える人

2016-09-19 12:38:05 | 日記
その人は全身黒ずくめの50代の女性。映画に出てくる魔女のように、ネックレスやパワーストーンをたくさん身につけています。見知らぬ人でもおかまいなしにビデオカメラの映像を熱心に見せてくれます。

「それは何ですか?」なんて聞こうものなら、魔女のしゃべりは止まらなくなります。

「これは私がいつも撮っているUFOなの。今日は1番よく撮れたものを持ってきたのよ。私の事務所の非常階段のところからちょうどよくとれるのよ。ほら見て、見て!」

見せてもらうと、ビルの谷間を飛ぶヘリコプターが写っていました。それが、ある瞬間に急に雲のようなものに変化して、さらに円盤型の物体に変わり、消えてしまいました。えっ、CG?

「ほら、すごいでしょ。これだけじゃなくて私はいっぱい写してるのよ。みんなわからないかも知れないけれど、私はこの辺でしょっちゅう見てるの。明治神宮があるからかしらね。あなた知ってる? 明治神宮の上は、しょっちゅう大きなUFOが来て止まってるのよ」

何度も空を見てるけど、それらしい気配は……。

「私何度も見てるから!先週は新宿の交差点のところ。あれびっくりしたわよ、木の上にヘリコプターが乗っかっちゃってるんだから普通考えられないでしょう。ヘリコプターが木の上にのっかってるのよ。

普通は風圧で、みんなすごいことになるはずじゃない。でも見た目には何も起こってないの。だからあれは絶対ヘリコプターじゃなくて、UFOが形を変えてでてきてるのよ!」

まじすか……。

「誰だったかな、ネットでそんなこと言ってる人いるじゃない。あれ絶対そうよ。でもね、やっぱり見える人と見えない人がいるから、私の言うことわかってもらえないのよね。

いっしょにいる人に『ほらあそこにいる!』って、指さしても、『えっ、どこに? いないじゃん』なんて言われちゃうからさ。困っちゃうのよね!」

見えないということはパニックにならなくてすむ……ということかもしれませんね。



ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ボランティアでお手伝い | トップ | やる気のない屋台 »

あわせて読む