ある阿呆の叫び

今更どうにもならない諦め人生だが他人様の邪魔に成らぬ様に生きたい。

お互い無関係

2016-11-26 09:04:07 | 僕流

 寒い土曜日の朝から僕の住む団地の同棟隣出入り口(10世帯)に救急車が音もたてずに到着した。赤色灯だけぴかぴか光っている。殆どが目礼も交わさない入居者だけに窓から様子を窺がっていたが、停車中の消防車内で何が行われているかわからない。1度消防車を呼んだらしき人物が係り数名と車内へ乗り込んだまま?の状態が続いている。他人事で僕が関与する問題でもない。公務でご苦労なことだが既に40分は経過している。直接会話を交わす住民は居ないが窓越しに眺めて見覚えのある人物も数名は居る。車に乗り込んだ人物は見覚えがなく最近の転入者なのだろう?シングルマザーやシングルファッザ―も居るようだしお互い無関係者に過ぎない。勿論冠婚葬祭一色無関係な関係者で部屋を隔てて日々を送る団地住民と言える。ひと昔以前なら団地で生まれ育ち成人した団地族みたいな方々も居たのだろう?どっかで生まれどこかを彷徨い流れ着いた住居に過ぎない原住民?お互い達者でな!

 

ジャンル:
きいて!きいて!
Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 同じ人でも百変化する | TOP | あばよ! »
最近の画像もっと見る

post a comment

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics