F1ホームサーキット・タミチャレ特設ブログ

レースの詳細については下記「カテゴリー」タブよりどうぞ!

第4戦(8/30)のお知らせ 7/30,8/4追記

2015-08-04 23:55:48 | 2015年スケジュール
第四戦(8/30)のお知らせ

2015ホビーショップF1ホームサーキット・タミヤチャレンジカップ第四戦

2015年8月30日(日)

10:00 会場オープン、練習走行開始

12:00ドライバーズミーティング

予選2回(5分間:スタッガースタート)

決勝1回(5分間:グリッドスタート)

※時間未定

エントリー締め切り 8/28(金)メールまたは店頭にて

開催クラス

・タミチャレGT500

F1ホームサーキット・タミチャレレギュレーションによる

バッテリー電圧制限:出走時に7.3V以下(出走前に計測します。)

モーター制限:KV2700以下(上位車両のみ決勝終了後測定予定。計測器を操縦台裏に置いておきますので、事前に計測しておいてください。)



・タミチャレGT300ドイチュランド

タミヤ製RCカーTT01、TT02シリーズ推奨(FF03、M05なども可、他社製パーツ可)ペナルティ有(注1)

ダンパー:フリクションダンパー(TT01やM05キット標準のオイルが封入できないダンパー)推奨 ペナルティ有(注1)

※フリクションダンパーが入手困難な場合はオイルを抜いたCVAダンパーでもOK(7/30追記)

ギア比:7.2以下(例:TT01 スパー純正/ピニオン22T=7.21 TT02 スパー純正/ピニオン25T=7.28 M05 スパー純正/ピニオン16T=7.25)

モーター:マブチ540SH or 540J(ただし、小中学生ドライバーはトルクチューンモーター使用可能)

モーター制限:540SH/540J 18,000rpm(7.2V) トルクチューン 20,500rpm (7.2V)(上位車両のみ決勝終了後測定予定)

バッテリー:7.2V以下(ただし、ギヤ比を8.0以下にする場合のみ7.4VLipoバッテリー使用可能)

ボディ:タミヤ製ドイツ車ボディ推奨。(シャーシや駆動方式とボディの整合は問いません。例えばFF03にベンツDTMなども可)サーキット入場以降、ボディの交換は認めない。ペナルティ有(注1)

(注1)特別ペナルティストップルール:以下の条件に該当する車両には決勝時に強制ピットインがあります。強制ピットインは1分、2分、3分、4分の各経過時点でアナウンスされた車両がピットインし、対象の全ての車両がピットインするまで再スタートできません。

1分経過時「TT01、TT02以外の車両」

2分経過時「フリクションダンパー、オイルレスCVAダンパー(8/4追記)以外の車両」

3分経過時「ドイツ車以外のボディ」

4分経過時「同車種のボディ」

例:「(アナウンス)ドイツ車以外、ピットイン」→「(走行している全てのドイツ車以外のボディの車両がピットイン)」→「(全ての対象車両がピットインし停止したことを確認の上、再スタート)」

つまり、「TA06」「TRFダンパー」「スバルBRZ」を使って「他にスバルBRZボディの人がいた」場合、毎分ピットストップしなければなりません。

※小中学生ドライバーはペナルティストップ免除。(7/30追記)
※対象車両が1台のみの場合はピットエリアで10秒ストップ。(8/4追記)

エントリー代 2500円

2500円でGT500クラスとGT300クラスのダブルエントリー可能です。(タイヤの使いまわしが可能なスケジュールとします。)

両クラスともタイヤはサーキット指定タイヤとなります。詳細はサーキットにお問い合わせください。


※次回は10/25開催予定。開催クラスGT500/GT300セダン(タミヤ製4ドア・セダン車ボディ、TT01orTT02、フリクションダンパー)

GT300セダン・ペナルティストップ対象「4ドアセダン車ボディ以外」「同車種ボディ」「TT以外」「フリクションダンパー未使用」
コメント
この記事をはてなブックマークに追加