地底人100物語

相手にとって不足なし

矢代温泉「矢代ふれあいの里友楽里館」

2017年04月19日 | 新潟の地底人
矢代温泉「矢代ふれあいの里友楽里館」

今回は上越方面へ行って参りました。
矢代温泉「友楽里館」であります。

旅の始まりは上信越道の中郷IC。
インターチェンジを降りたら国道18号を日本海側へ。
旧ARAIマウンテン&スノーパークの麓近く。
白を基調とした建物は周りの木々の緑に映えます。
矢代地区の皆さんが運営する交流宿泊施設で、宿泊・入浴のほか、色々な体験イベントを企画しているそうです。
では日帰り入浴料480円を支払い館内へ。
内湯のみの小さな浴室で、宿泊施設のお風呂を日帰り入浴に開放しているような感じです。
脱衣所もそれほど広くないですが、鍵付きロッカーは大判です。
この画像では判りづらいですが、ダウンなどのかさばる冬物衣料やスキーウエアを想定しているのかな。

振り返ると洗面台とドライヤーが完備。


では裸になって浴室内へとガラス戸をあけると…

飛び込んできた光景がこれっ!
湯面に泡が大量に漂っているではないですか。
別の角度からもう一枚。

泡が漂う温泉は数々あれど、こういった泡がこれだけ漂う温泉は初体験かも。
湯口付近をアップにして観察してみましょう。


湯口の掲示が読めるかな?
「このお風呂のお湯は飲めません」
今回は素直に掲示に従いました。
実際この大量の泡、温泉の泉質ではなく、衛生管理に起因するものではないかと考えてしまったんですが、どうでしょう。
体を洗う分にはこの通り、洗い場は充実しています。

まぁ見た目じゃないし、と目を閉じ心眼で味わおうとしたんですが、2階から響いてくるカラオケが浴室内にもコダマし、千々に心が乱れるのでした。

矢代温泉
単純硫黄冷鉱泉
10.3℃ 成分総計216mg/Kg
分析年月日 平成20年12月12日


新潟県妙高市西野谷新田256-1
TEL 0255-72-8686


2016年12月の入浴メモより
『新潟県』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 亀徳泉 | トップ | 新潟日帰り温泉パラダイス »
最近の画像もっと見る

新潟の地底人」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL