島根県内で41年ぶりの大発見で飯南町から感謝状

2017年06月15日 | 授業&実習

5月8日に中山間地域研究センター構内で、島根県内で41年ぶりにモンクロベニカミキリを発見した
農林大学校 林業科 2年の、山本浩也君と板持孝祐君に対して、6月15日 飯南町から感謝状をいただきました。


 島根県内で41年ぶりに発見されたモンクロベニカミキリ

モンクロベニカミキリは主に関西から九州北部に生息しているものの、分布場所が限られ、島根県のレッドデータブックでも
きわめて珍しく、見つかった数が少ない「情報不足」に分類され、生態もほとんどわかってい昆虫です。

飯南町には豊かな自然があり、生物の多様性を示す貴重な発見となったことから感謝状を受け取ることになりました。

 
      感謝状を受け取る山本君と板持君

感謝状贈呈式には、同級生6名も参加し、同級生の快挙をみんなで祝福しました。


 飯南町長・中山間地域研究センター所長を囲んで記念撮影
(飯南町のマスコットキャラクター いいにゃんとともに)

 

感謝状贈呈式終了後は、NHK松江放送局の取材を受けました。

  
   中山間地域研究センター構内で発見の経緯の取材               卒論の調査風景の取材

2人とも、最初は撮影に緊張した様子でしたが、撮影終盤は少しリラックスして取材を受けることができました。

ちなみに、放映は 本日のNHK総合テレビ(松江放送局) 18:10からの しまねっとニュースで放映されます。

2人の快挙を是非ご覧ください。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 出雲西高等学校体験実習 | トップ | 地元の名所 赤名湿地 で草... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

授業&実習」カテゴリの最新記事