この時期の苗畑・除草作業は辛いです!

2011年07月15日 | 授業&実習

7月15日(金)  

暑い陽射しの中でしたが、2年生は汗だくになりながら苗畑の除草作業を行いました。

林業における「苗木」とは、山に植えられた後も健全に成長し立派に成林することが期待できる樹木の苗のことで、その苗木を作るための作業を「育苗」といいます。したがって、「育苗」は『森林づくりの原点』とも言われています。

森林管理科では、「育苗技術」の授業・実習において健全な苗木づくりを勉強しています。育苗では苗畑づくりから始まって種まき・除草など年間を通じて様々な作業があります。 多くの作業を適切に実行することによって、山へ植林できる健全な苗木に育てることができるのです。

    

    

数ある苗畑作業の中で、特に辛い大変な作業のひとつが除草です。 森林管理科の苗畑では除草剤は一切使用していません。このため、今の時期、少し目を離すと苗畑は雑草だらけになってしまいます。夏の強い日差しの下で行う除草は、大変辛い地道な作業ですが、重要な仕事のひとつでもあります。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 就職ガイダンスを受けました。 | トップ | しまね情報キューブの取材が... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む