出雲西高等学校体験実習

2017年06月13日 | 授業&実習

6月6日 出雲西高等学校 環境福祉コース 3年生 35名が、農林大学校の実習体験に
やってきました。

6日は林業科、7日は農業科の体験実習です。

午前中は、林業科の説明をするとともに、中山間地域研究センターの施設見学をしてもらいました。

午後からは、7班に分かれ、コンパスという道具を使って、面積の測量をしました。

林業科の1年生・2年生が講師となり、コンパス測量の仕方を懇切丁寧に指導していました。

  

7班の測量精度は、良い班は0.6m程度と良い結果になったのですが、
初めての測量で、コンパスの据え付けが悪かったのか、針の読み方を逆を読んでしまったのか
精度の悪い班もありました。
(是非、次回指導するときには、この失敗を次に生かしてください)

測量終了後は、ナイロンロープの端末処理とアイ加工を指導しました。
測量に時間がかかった班は、ナイロンロープ加工の時間が短く、十分な時間が確保できなかった
班もあったようでした。

 

最後は、農林大学校学生 出雲西高等学校学生で、それぞれ挨拶をして終了しました。

これからも、高校の体験実習やオープンキャンパスなど、学生が高校生等を指導する機械は多くあると思います。

コミュニケーション能力も向上するよう頑張ってみてください。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 刈払機の刈刃の目立てを学ぶ | トップ | 島根県内で41年ぶりの大発... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む