ツキノワグマ学習会~in 斐伊小学校~

6月21日(水)、雲南市木次町の斐伊小学校でツキノワグマ学習会を行いました。

141名の生徒を対象に

クマの生態、クマがなぜ人里に出てくるようになったか、クマはなぜ人を襲うのか、クマに出会ったときどうしたらいいのかなどの話をしました。

クマに出会ったときの方法はクイズ形式で行ったので、低学年の生徒も楽しんで参加してもらえたと思います。

 

今年は斐伊小学校を含む、木次町内の5つの学校でツキノワグマ学習会を行う予定です。

今後も動物の正しい知識の普及に努めてまいります。

 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« クマの冬眠穴調査 サルから野菜... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。