ハノハノ福ちゃんとヤッコさんの    ☆ALOHAブログ☆

ハノハノランニングプロジェクト ハノハノ陸上部の活動と二人の日常を明るく元気に伝えます!

札幌オリンピックミュージアム

2017-01-25 16:18:19 | ■ハノハノ福田のMAHALO日記

平成 28 年 10 月からリニューアルのため約 4 カ月間休館していた「札幌ウィンタース ポーツミュージアム」が、館名も新たに「札幌オリンピックミュージアム」として、2 月 21 日にオープンします。 今回のリニューアルでは、オリンピック開催都市としてのレガシーを次世代に継承して いくため、2 階部分の展示をオリンピック・パラリンピックの歴史や理念等について学べ る展示内容に再構築しました。 また、オープンに先立ち 18 日に内覧会、20 日にオープニングセレモニーなどのイベン トも開催されます。

 
「札幌オリンピックミュージアム」の オープン日 は  平成 29 年 2 月 21 日(火)、 所在地は 中央区宮の森 1274 番地 札幌市大倉山ジャンプ競技場内  、施設延床面積    5034.43 ㎡(地上 3 階建て)、 開館時間(年中無休)・夏季(4 月 29 日~11 月 3 日):9:00~18:00   ・冬季(11 月 4 日~翌 4 月 28 日):9:30~17:00  、 入館料(平成 29 年 2 月 28 日まで無料) 高校生以上:600 円、15 人以上の団体:540 円、65 歳以上:450 円、中学生以下:無料 、 改修の概要は 正面デザイン     オリンピックミュージアムネットワークに加盟したことに伴い、オリンピックシ ンボルの入ったデザインへと更新されました。 

 展示コーナー は 1972 年冬季オリンピック札幌大会に関する展示をメインとしていた 2 階部分につ いて、オリンピック開催都市としてのレガシーをより深く伝えるため、3 つのエリ アを設け、オリンピックの歴史や理念等について学べる展示内容に再構築。 また、オリンピックと並ぶ国際大会であるパラリンピックについても 1 つのエリ アを設け、歴史や理念等について学べる展示内容とした。 オ リ ン ピ ッ ク オリンピック スピリッツゾーン 古代オリンピックから近代オリンピックの歴史や理念について学 ぶことができる。 オリンピック ゲームスゾーン 冬季オリンピックの起源や歴代大会のトピックを学ぶことがで き、オリンピアンが使用した用具を間近に見ることができる。
札幌オリンピック レガシーゾーン は1972 年冬季オリンピック札幌大会が開催されるまでの道のりや、 オリンピックを機に札幌市がどのように発展してきたかを学ぶこ とができる。


パラリンピック ワールド はパラリンピックの歴史や理念等を学ぶことができ、パラリンピア ンが使用した用具を間近に見ることができる。 
改修費 約 86,695 千円 、関連イベントについては 名誉館長着任式 が2 月 7 日(火)13:00~13:15(予定)、場所:市長応接室 、内容は1994 年リレハンメルオリンピック、ノルディック複合団体金メダリストの 阿部 雅司氏を名誉館長に任命するもの、秋元市長から阿部氏に任命書を手渡します。 (内覧会 は 2 月 18 日(土)16:00~17:30(予定) 場所は札幌オリンピックミュージアム 町田 隆敏副市長のあいさつの後、札幌市内の児童や札幌市議会議員、 2017 冬季アジア札幌大会のために来札している国会議員等に向けた内覧会を 行い オープニングセレモニー 、2 月 20 日(月)17:30~19:00(予定)場所:札幌オリンピックミュージアム 、 内容:2017 冬季アジア札幌大会のために来札している IOC(国際オリンピック委 員会)役員や JOC(日本オリンピック委員会)役員、各競技団体役員等を招待しセレモニーを開催。秋元市長の挨拶や、テープカット等を行った後、 セレモニー出席者に向けた内覧会を行うそうです。

このブログにも度々登場する阿部雅司氏、冬季オリンピック金メダリストであり、市民ランナーであり、北海道のスポーツ全般を全力で支援するウインタースポーツのレジェンドを陰ながら応援して行きます。

いよいよ開催される冬季アジア大会の規模は72年の札幌オリンピックを越えるそうだし、札幌の経済効果にも大きく貢献することは間違いない。

 

ジャンル:
スポーツ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 釧路、帯広、札幌、合同練習会 | トップ | マイナス気温でも快晴だと気... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL