アーバンライフの愉しみ

北海道札幌近郊の暮らしの様子をお伝えしています。

梅雨ですね

2017年06月26日 | アーバンライフ

梅雨のない(はずの)北海道ですが、当地は、一昨日から2日続けて雨となり「これじゃまるで梅雨だね」と嘆くことしきり。

写真は、先日、埼玉のブログ友から届いた段ボールいっぱいの野菜に同梱されていたカボチャです。

まだ若いので、時々日向にだして「身固め」をしているところです。

話は変わりますが、昨日、近所にお住まいの友人からうれしい知らせがありました。

それは、地元の市議会で、「政府に核兵器禁止条約交渉への参加を求める意見書」が採択された由。

これは、日頃、原水爆禁止の運動を熱心に行っている友人が、「委員会」に出て説明。結果、本会議で採択されたそうです。

目下、この条約の検討会議が国連で開かれていて、来月初旬にも「条約」が採択されることになっていますが、唯一の被爆国である日本の政府はこれに参加していません。

上記の「意見書」は、政府に対し、この会議への参加を促す上で力になると信じます。

コメント

札響名曲コンサート

2017年06月25日 | 音楽三昧
昨日午後、札幌Kitaraで札響名曲シリーズ「大地のショパン」を聴いた。
いつになく男性の聴衆の多い、ほぼ満席のコンサートであった。
 
 
プログラムは、
 ・ドボルジャーク 序曲「謝肉祭」作品92
 ・ショパン ピアノ協奏曲 第1番 ホ短調 作品11
 ・ムソルグスキー 交響詩「はげ山の一夜」
 ・ハチャトリアン バレエ音楽「ガイーヌ」から
   "剣の舞"、"子守唄"、"薔薇の乙女たちの踊り"、"レスギンカ"
  ・ボロディン オペラ「イーゴリ公」から"ダッタン人の踊り"
 
の5曲で、いずれも馴染みの深い名曲ばかり。
 
ショパンのピアノ協奏曲は、遠藤郁子さんがソリストであったが、お歳(72歳)のせいか音の出が半拍ほど遅れる感じがあり、これが気になって十分楽しむことが出来なかった。
 
これに対し、後半の大編成のオーケストラによるダイナミックな演奏は、いろいろが音が聞こえとても楽しかった。
 
特に、日頃耳にすることの少ないハチャトリアンの音楽は、その独特リズムと斬新な音の数々が、オーディオ的にも挑戦のし甲斐ある音楽だと思った。
 
いつか良い音源を入手して、拙宅のシステムでどんな音になるか試してみたいと思った。
コメント

「誓い~私達のおばあに寄せて」

2017年06月24日 | ドラミング

昨日は、沖縄戦没者慰霊の日。
摩文仁の平和祈念公園で開かれた「沖縄全戦没者追悼式」では、上原愛音さん(宮古高3年生)が自作の詩を朗読し、会場からは盛んな共感の拍手を受けたという。(以下、その詩を沖縄タイムスから転載させていただきます)


「誓い~私達のおばあに寄せて」

 今日も朝が来た。

 母の呼び声と、目玉焼きのいい香り。
 いつも通りの
 平和な朝が来た。

 七十二年前
 恐ろしいあの影が忍びよるその瞬間まで
 おばあもこうして
 朝を迎えたのだろうか。

 おじいもこうして
 食卓についたのだろうか。

 爆音とともに
 この大空が淀んだあの日。

 おばあは
 昨日まで隠れんぼをしていたウージの中を
 友と歩いた砂利道を
 裸足のまま走った。

 三線の音色を乗せていた島風に
 鉄の臭いが混じったあの日。

 おじいはその風に
 仲間の叫びを聞いた。

 昨日まで温かかったはずの冷たい手を握り
 生きたいと泣く
 赤子の声を抑えつけたあの日。

 そんなあの日の記憶が
 熱い血潮の中に今も確かにある。

 決して薄れさせてはいけない記憶が
 私の中に
 私達の中に
 確かに刻まれている。

 少女だったおばあの
 瞳いっぱいにたまった涙を
 まだ幼かったおじいの
 両手いっぱいに握りしめたあの悔しさを
 私達は確かに知っている。

 広がりゆく豊穣の土に芽吹きが戻り
 母なる海がまた
 エメラルドグリーンに輝いて
 古くから愛された
 唄や踊りが息を吹き返した今日。

 でも
 勇ましいパーランク―と
 心臓の拍動の中に
 脈々と流れ続ける
 確かな事実。

 今日も一日が過ぎゆく。

 あの日と同じ刻(とき)が過ぎゆく
 フェンスを飛びこえて
 締め殺されゆく大海を泳いで
 癒えることのない
 この島の痛み
 忘れてはならない
 民の祈り
 今日響きわたる
 神聖なサイレンの音に
 「どうか穏やかな日々を」
 先人達の願いが重なって聞こえる。

 おばあ、大丈夫だよ。

 今日、私達も祈っている。

 尊い命のバトンを受けて
 今
 祈っている。

 おじい、大丈夫だよ。

 この島にはまた
 笑顔が咲き誇っている。

 私達は
 貴方達の想いを
 指先にまで流れるあの日の記憶を
 いつまでも
 紡ぎ続けることができる。

 誓おう。

 私達はこの澄んだ空を
 二度と黒く染めたりしない。

 誓おう。

 私達はこの美しい大地を
 二度と切り裂きはしない。

 ここに誓おう。

 私は、私達は、
 この国は
 この世界は
 きっと愛しい人を守り抜くことができる。

 この地から私達は
 平和の使者になることができる。

 六月二十三日。

 銀の甘蔗(かんしょ)が清らかに揺れる今日。

 おばあ達が見守る空の下
 私達は誓う。

 私達は今日を生かされている。

コメント

映画「天国のスープ」

2017年06月24日 | ギャラリー

小生のPC映画館。

今回は、国仲涼子さんと時任三郎氏が共演して、2008年に公開された「天国のスープ」を観た。
原作は、ノンフィクション作家松田美智子さんの同名小説。

物語~特許事務所で働くOLの結子は、交通事故で亡くなった姉が残した一枚の絵を手掛かりに、「幻のスープ」を探してレストランを訪ねて歩いていた。そのスープは、オレンジ色をしたキャロットスープなのだが、豆乳と牛乳を隠し味にした独特のものだった・・・。

“幻のスープ”を捜し求める女性と心に傷を負った料理人、そして彼女らを取り巻く人々を描いた心温まるドラマ。

特に、「幻のスープ」をつくった料理人の亮介が、「スープ作りには時間が掛かるからいい。 食べる人の事を長く想っていられるから」 と語るシーンが心に残った。写真は、ネットから拝借しました。

コメント

正義のためにペンを!

2017年06月23日 | ドラミング

19日のしんぶん赤旗に「試される”記者の力”」という記事が出た。

昨今、政権の施政をおもんばかって(忖度して)、当然報道すべき事柄に手心を加えたりする風潮が目立つ中、特に、職業文筆家に対して、「正義のためにペンをとるべきだ」と提言した。

以下、詳しくは記事をご参照いただきたいが、文科省前事務次官の会見で、「守秘義務違反にならないか」と質問した記者(読売新聞)がいたというから驚きだ。

コメント