アーバンライフの愉しみ

北海道札幌近郊の暮らしの様子をお伝えしています。

国谷裕子著「キャスターという仕事」

2017年07月12日 | 読書三昧

「より複雑化して見えにくくなっている現代に、少しでも迫りたいとの思いで制作・放送して来た。」

1993年から2016年までの23年間、一貫してNHK「クローズアップ現代」のキャスターとして活躍して来た国谷さん。この間、送り出した番組の数は、実に3,784本にもなった。

あの才色兼備の国谷さんが、インタビューを通して頑迷な著名人に切り込む様をみて、私たち庶民は何度、溜飲を下げ快哉を叫んだことだろう。

同氏は、テレビの報道番組が持つ危うさについて、次の点を挙げている。

 ①「事実の豊かさをそぎ落としてしまう」
 ②「視聴者に感情の共有化、一体化を促してしまう」
 ③「視聴者の情緒や人々の風向きに、テレビの側が寄り添ってしまう」

これらに対し、「常にフェアに事実に誠実に向き合う」ことでこたえようとしてきたという。

また、「・・・現代」の歴史が、日本の失われた10年、20年と重なると述懐しておられる。ご一読をお勧めします。(お勧め度:★★★)

『本』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 花の山旅~秋田駒ヶ岳② | トップ | ダブルスタンダード »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。