アーバンライフの愉しみ

北海道札幌近郊の暮らしの様子をお伝えしています。

死闘

2017年06月14日 | ギャラリー

昨夜、イランの首都テヘランで行われたFIFAロシア大会アジア最終予選対イラク戦は過酷な環境の下、90分間の死闘が繰り広げられた。

NHK BS の中継を観ながら応援したが、結果はアウェイでのドロー、勝ち点1の善戦であった。

中継では、あまり触れられていなかったが、テヘランは海抜1,200mの高地。
小生は現役の頃、6年ほどここに住んでいたからよくわかるが、ちょっと急いで歩くと、すぐ心臓がバクバクするほど厳しい環境なのだ。

まして真夏の昼、気温25℃・湿度20%の環境の下、始終全力疾走を求められるサッカーの試合は、文字通り「死闘」である。

試合は、前半の早い時間にCKから得点して楽な展開かと思ったが、後半になると、身体能力で勝るイラクに再三にわたり攻め込まれ苦戦が続いた。

そして、27分、ゴール前の混戦からイラクに押し込まれ同点とされてしまった。

しかし日本代表の選手たちも、ここから頑張ってドローで収め、貴重な勝ち点1を死守した。結果、リーグ戦の首位をキープ。次のホームでの対オーストラリア戦に代表権獲得をかけることになった。写真はネットから拝借しました。

ジャンル:
スポーツ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 森林浴 | トップ | 三流国 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
対イラク戦 (ken)
2017-06-14 19:21:11
 同じようにテレビ観戦・応援しました。日本の選手よく頑張りました。試合後のインタビュウではそろって「2点目を取りに行かなかったことがいけない」と反省。
 主審の判断に異議を申し上げたい。ペルティエリア内で後ろから突き倒されても反則ではないとは?これが一つ残念!
kenさん (エゾフクロウ)
2017-06-14 20:23:44
こんにちは。
コメントありがとうございます。

「ペルティエリア内で後ろから突き倒されても反則では
ない」という判定には驚きました。

あの場面は、当然ペナルティキックが与えられるべき
でしたね。

昔、マラドーナの「神の手」というのあったように、この
手の問題は勝負事にはつきものですので、これも含め
勝ち切らないといけないということでしょうか。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。