アーバンライフの愉しみ

北海道札幌近郊の暮らしの様子をお伝えしています。

大原美術館展Ⅱ

2017年05月06日 | ギャラリー

過日、北海道立近代美術館で「大原美術館展Ⅱ」を見た。

これは、2012年に開催された同展に続く企画で、1920~30年にパリにあこがれた邦人画家たちの作品を中心に、同館が所蔵する絵画(一部、陶器など)71点を展示している。

勿論、この時期、パリで活躍していたピカソやマティスなどの作品も2・3あって、(それらに魅せられた)邦人画家たちの想いに共感した。ご一覧をお勧めしたい。

 ・大原美術館展Ⅱ
 ・期間:2017年4月22日~6月11日
 ・時間:9:30~17:00
 ・場所:北海道立近代美術館
 ・料金:大人1,300円

蛇足:バーナード・リーチ氏の作品「楽焼走兎図大皿」を拝見できたのは何より幸いであった。

また、下記のような作品が印象に残った。

 ・児島虎次郎 「里の水車」
 ・ピカソ 「鳥籠」、「フランコの夢と嘘」(ゲルニカの原型)
 ・藤田 嗣治 「舞踏会の前」
 ・岸田劉生 「童女舞姿」など

『絵画』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 88歳 | トップ | 桜が咲いた »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。