アーバンライフの愉しみ

北海道札幌近郊の暮らしの様子をお伝えしています。

ショルティのマーラー第2番「復活」

2016年10月16日 | 音楽三昧

久しぶりに、ショルティのマーラーを聴いた。

手元にある音盤は、上記の他、1番「巨人」、3番、5番、8番「千人の交響曲」だが、番号が増えるに従って馴染みも薄くなる。

ただ、マーラーの音楽は歳と共に味わいが変化していくもののようで、今回聴いた「復活」は、幽玄な世界観を広大なスケール感で提示するすばらしいものであった。(ショルティ指揮ロンドンシンフォニー:1967年制作)

マーラーは、第5楽章に次のような詩(部分)を置いた。

 おお、信じよ、
 おまえは空しく生まれたのではない!
 空しく生き、苦しんだのではない!

 生まれ出たものは、必ず滅びる。
 滅びたものは、必ずよみがえる!
 震えおののくのをやめよ!
 生きることに備えるがよい!

 おお、あらゆるものに浸み渡る苦痛よ、
 私はおまえから身を離した!
 おお、あらゆるものを征服する死よ、
 いまやおまえは征服された!
 私が勝ち取った翼で
 愛への熱い欲求のうちに私は飛び去っていこう、
 かつていかなる目も達したことのない光へと向かって!

他方、3・11の鎮魂歌のようにも聴いた。
あの大震災で奪われた数知れない人々の魂への想いである。

そう言えば、ジャケットにある樹木は、(陸前高田市の)高田松原にただ1本生き残った「奇跡の一本松」のように見えなくもない。

蛇足:マリス・ヤンソンス/ロイヤルコンセルトフェボウによる「復活」は、こちらでお聴きになれます。

『音楽』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 松田浩著「NHK~危機に立つ公... | トップ | ハットトリック »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。