アーバンライフの愉しみ

北海道札幌近郊の暮らしの様子をお伝えしています。

映画「像の背中」

2017年06月16日 | ギャラリー

過日、ネットで観た「愛と哀しみの果て」が良かったので、その後あれこれ物色しながら(映画をPCで)観ている。

ただ、「愛と・・・」は、長編(2時間30分)で且つ、字幕ものだったからセリフを画面で追う必要もあり、さすがに観終わった後は、目がショボショボして困った。

これに懲りて、最近は邦画を観るようにしているが、これはという映画になかなか出会えない。評判の良かったものは、大抵、テレビで放映され視聴済みだったりする。

とは言え、上戸彩さんと高良健吾君が共演した「武士の献立」と役所広司氏と今井美樹さんが夫婦役を演じた「象の背中」などは面白かった。

とりわけ「象の背中」は、中堅デベロッパーの部長であり家庭環境も安定していて、順風満帆の人生を歩んでいた主人公の夫が、ある日突然、48歳の若さで末期ガンと診断され、余命半年と宣告されることから始まる。

そこで彼は悩むが、延命治療でなく人生を全うしようと決意する。
初恋の女性、竹馬の友、昔、倒産に追い込んだ下請けの社長等々、ゆかりの人々に会い別れを告げるのだが、それらは、いずれも苦渋に満ちたものとなる。

原作は2005~6年、サンケイ新聞に連載された秋元康氏の新聞小説らしいが、主人公たちの等身大の暮らしと生き方に共感を覚えた。写真は、ネットから拝借しました。

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 三流国 | トップ | 腹を据えて・・・ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。