アーバンライフの愉しみ

北海道札幌近郊の暮らしの様子をお伝えしています。

イタリアを旅した「夜明け前」

2016年09月18日 | 読書三昧

昨年11月のイタリア旅行に持参した島崎藤村の「夜明け前」(文庫版第1部上下巻870頁)を、このほど(北海道ぐるり旅にも携行して)ようやく読み終えた。

この間10ヶ月。
しかもまだ第2部が残っているのだが、それでも名作に接した余韻に浸っている。

物語~山中にありながら時代を映す木曽路、馬籠宿。その本陣と庄屋を兼ねる家に生まれた青山半蔵(モデルは、藤村の父島崎正樹氏)は、江戸に旅した際、念願の国学者平田篤胤(あつたね)の門人となる。その頃、江戸湾に黒船が来襲し動乱の世を迎えつつあった・・・。

激動する維新期を、国学者の門人として政治運動への参加を願う心と、木曽路の旧家の仕事とのはざまに揺れ動く主人公「半蔵」の青年期を時代背景とともに克明に描きつつ、主人公に寄り添う藤村の温かい目線を感じながら読んだ。

第2部(上下巻)も購入したので、これからじっくり読み進めようと思っている。

『小説』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 夏ゴルフ | トップ | 空を飛ぶ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。