アーバンライフの愉しみ

北海道札幌近郊の暮らしの様子をお伝えしています。

面白い~原田マハ著「リーチ先生」

2016年12月10日 | 読書三昧

英国人陶芸家バーナード・リーチの生涯を活写したマハさんの最新作。
2013年10月から2年余、信濃毎日新聞など7紙に連載された464頁の大作。

物語~明治42年、22歳のリーチは、芸術を通して日英の架け橋になりたいとの希望をもって来日。柳宗悦、浜田庄司ら日本の若き芸術家と出会い、彼らとの友情を育みつつ「陶芸」に生きることを決意するのだが・・・。

明治、大正、昭和にわたり、陶芸を通して東洋と西洋の架け橋となったリーチと彼を支えた日本の若き芸術家たちの感動の物語である。

芸術とは何か、東西の架け橋とはどういうことか、この1冊でその何たるかを理解したかのような気になった。ご一読をお勧めします。(お勧め度:★★★)

蛇足:リーチ氏の作品は、こちらでご覧になれます。

『社会』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« カジノ法案の危険性 | トップ | 何じゃこれは? »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。