ペーパードリーム

夢見る頃はとうに過ぎ去り、幸せの記憶だけが掌に残る。
見果てぬ夢を追ってどこまで彷徨えるだろう。

しぶとい秋風邪

2017-10-26 01:26:55 | 暮らしあれこれ
171017.tue.

あああああ、、、実はまだ治りません。
熱が引いてから行った耳鼻科では、
「3年前も同じ症状で来てますね。
また、しましょうか?あれ、痛いけど効くから」と女医さん。

喉の奥の炎症部分にぐぐぐぐぐーっと薬を塗ると
(めっちゃイタ苦しい(//∇//))、白い綿の玉が血まみれに。

ところが、相変わらず咳込みは治らず。
気管支が弱い家系だったことを、こうやって思い出すのだ。

今日は健康診断ついでに診察してもらった内科の先生に
「去年の4月にも同じ症状できてますね」って言われて
強い咳止めの薬を処方してもらいました。

この一週間、私的にはかなり安静にじーっとしてきたつもり。
でもよくならないのは、夜にちょこちょこ出かけては(やむを得ない用事だけですけどね)、
付き合いでアルコールを取ってるからかしらん?

本日は高校の同級生たちと、M女史の誕生会&私の快気祝いの肉食。
って、まだ快気していませんけど (~_~;) 。
ビタミンC取らなきゃって、瀬戸内塩レモンサワー飲んでちゃあ、ダメか!?(//∇//)

 

秋風邪、しぶといですよ。
皆さまもどうぞおいといくださいますように。



金木犀の季節も過ぎていきます
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今年もきました。鬼の霍乱

2017-10-26 01:25:51 | 暮らしあれこれ
171011.wed.

久しぶり鬼の撹乱?

昨夜からの悪寒と関節痛の予兆にもれなく発熱。
カラダが休んで??と言っているのだから、素直に倒れるに限る。

昔は一年に一度だったけれど、年々インターバルが短くなってるのは、
無理がきかなくなってるってことか。

年甲斐もなく動きすぎだっていうお見舞い?メールが次々舞い込む。
ありがとね。

夕方、病院に行く。
幸いインフルエンザではなかったけれど、世の中は夏日だったようで。
明日は動けるかな。

 

先週買ってきた竜胆、花開くとこうなるんですねえ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

いつの間にか、秋。

2017-10-26 01:21:25 | 暮らしあれこれ
171006.fri.

どこからともなく金木犀の香り。



見上げると、花水木の赤い実も鈴ふるように。。。
足元にも秋が来ていました。

 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

不思議・絵アルチンボルド展

2017-10-26 01:17:42 | 美を巡る
170922.fri.

9/22(金)メモ。(見つけたので(^_^;))



さっきまで、ゆったり鑑賞できた
都美館のボストン美術館展とは打って変わって、
ええっ!とその人混みに一瞬ひるんだのは、
西洋美術館のアルチンボルド展。



閉幕2日前とすれば、やむなしか。(9/24終了)
金曜日、21時まで開館というのはありがたいサービスです。

目玉作品である連作・四季「春・夏・秋・冬」と
それに呼応する連作・4大元素「大地・火・土・水」は、
直に見ると存在感がハンパない。

おもしろ寄席絵の国芳といい、
こういうことを考える人の脳味噌を見てみたいものだわ。



でも、アルチンボルドという稀代の画家を作り出したのは、
彼が仕えた3人の皇帝の理解と自然科学への興味と
その博識ぶりであることは明らかだから、
やっぱり人と人とが巡り会うタイミングって大切なのだ。

ブールデルの「弓を引くヘラクレス」
雨に映える肉体美。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

14番目の月と東京駅と秋の味覚と。

2017-10-09 03:10:56 | 美味いただく
171005.thu.

中秋の名月が10月4日だったから、5日は十六夜。
でも月例は14。



丸ビルで、美味しい焼き鳥のフルコース。と日本酒。

 

窓から見えるお月様! なんて贅沢なお月見でしょう。



14番目の月と東京駅と秋の味覚と。。。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

フィンランドのデザインはあたたかい。

2017-10-09 03:07:45 | 美を巡る
171004.wed.

「フィンランド・デザイン展」府中市美術館。



ムーミンだけではありません。
イッタラのグラスもマリメッコのファブリックもアラビアのお皿も、
どこの家にもさりげなく馴染んでいるのでは?
木製のアクセサリーも私のお気に入りのひとつ。



有機的でひとに優しいから愛される。それでいてモダン。
代表的なデザイナーごとに括られた展示。気持ちのいい空間が広がっています。

ロシアから独立して100年しか経っていないとは驚いたけど。


写真のピンバッジは、今春のヘルシンキ土産。



すっぽり体を包み込んでくれるボールチェアの座り心地のいいこと!
これ欲しい~~けど、もう外に出たくなくなりそう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

万歩計とフラワーBAR

2017-10-07 04:26:04 | 暮らしあれこれ
 171003.tue.

歩いた歩いた!! 15346歩!

市ヶ谷…同窓会用マンションの鍵の返却
 ↓
虎ノ門…版元のHさんと久しぶりのランと&打ち合わせ
 ↓
池袋…キルト作家花岡眸先生が出品しているキルト展へ
 ↓
下北沢…笹公人さんの「念力短歌祭り」(月刊『ムー』編集部主催)


歩きまわってくたびれたので、
シモキタのフラワーBARで、
花の香りに囲まれてワインを一杯。

 



竜胆を10本お持ち帰り。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

戦闘機より芽葱!

2017-10-07 04:17:41 | 暮らしあれこれ
171002.mon.

クリストファー・ノーラン監督の「ダンケルク」の評判がいいらしい、
と観に行ったんだけど、あれは元・男の子のための映画だね。



英仏蘭軍の第二次大戦のダンケルク大撤退。防波堤、空、海での撤退の様子が、
ヒューマンドキュメンタリー風に描かれている。
メル・ギブソン監督の「ハクソー・リッジ」も、
第二次大戦沖縄選で仲間の命を助けた米軍衛生兵の話だったけれど、
最近期せずしてそんな映画が続いた。

連合軍にして大勝利ではない、一見地味なヒューマンドラマ。
そういう事実に目を向けはじめた時代だということか。
ハクソー・リッジには宗教観、死生観がはっきり描かれていたからよしとして、
ダンケルクの方は、はっきり言って、
見終わって「はあ?それで?」って感じ。(^^;;

とブツブツ言ってたら、隣で夫が
「スピットファイア、かっこよか?(←長崎県人)。
プラモデル作ったなあ」と喜んでいる。

なにそれ?なんか零戦みたいなプラモデルみたいな
ちょっとカッコいい戦闘機が大空狭しと飛び回ってたけど、
それこそがロールスロイス製エンジン搭載、英国空軍の星なんだそうで。
ふーん。ふーーん。。。(笑)それで?(笑)



元・男の子は必見かも、です。

鮨食べて帰りました。
芽葱、美味しかったな~♬

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『稲穂』できました!

2017-10-02 13:06:31 | 暮らしあれこれ
170930.sat.

完成しました!
在京飯田高校同窓会誌『稲穂(トウスイ)』。



編集に携わって8か月ほど、
飯田中学卒の大先輩から現役大学生まで、
様々な世界で才能を開花させている同窓生のなんと多いことか、
と改めて感服しています。



9月30日は、この冊子と11/11の在京同窓会案内状の送付のために、
幹事学年の我が32回生と42回生、それに編集委員39名が集まって、
約4000名の同窓生達への発送作業。

 ラベルと送付シールを貼って

 梱包書類をセットして

 封筒に詰めて

 宅急便やさんへ運ぶ。


軽い懇親会のあと幹事会、二次会、三次会と、エンドレスの乾杯、、、(^^;;
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

秋の夕べとシューベルト

2017-10-02 13:03:44 | 暮らしあれこれ
170927.wed.

9月26-28日の近江レポートもまだなのに、日々流れるように過ぎていってしまう?
取り急ぎメモ。



9/27、「日本の秋の歌とシューベルトの夕べ」下北沢の音楽カフェ音倉にて。

主催者のお祖父様が、シューベルトの邦詞を手がけた学者、故・実吉晴夫さん。
シューベルトの楽曲約600のうち3分の1の邦詞をされているのだとか。
テノール歌手の畑儀文さん、
「ドイツ語の歌でも、日本の言葉で歌って聴いてもらう方がよほどいいのです」。
優しい語り口と朗々とした歌声に聞き惚れてしまいます。



口語の歌詞は本当に新鮮でした。
「野ばら」なんて、邦詞を読んだだけではまったく別物なのに、
メロデイがつくと、あ!あの野ばらだ!! と、
いかに自分の頭に文語訳が染みついているかを痛感。
文語の訳詞は調べはきれいですけど、口語の邦詞はより歌の情景が目に浮かびます。

客席にいらしたお腹に赤ちゃんのいるソプラノ歌手をステージに呼んで
「子守歌」を歌ってもらうサプライズも。

♪ 眠りなさい かわいい坊や そっと揺する ママの手で
気持ちよい 愛の世界が ぱっと開く この揺りかごに ??

カフェ全体が大きな揺りかごに揺られているように感じた素敵な晩でした。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加