ペーパードリーム

夢見る頃はとうに過ぎ去り、幸せの記憶だけが掌に残る。
見果てぬ夢を追ってどこまで彷徨えるだろう。

8月29日(日)のつぶやき・登川誠仁ライヴ

2010-08-30 01:26:46 | 暮らしあれこれ
23:08 from モバツイ

表参道EAST and MEETS Cayにて、登川誠仁ライヴ。
3時間オールスタンディング。疲れた~。
でもハジメ君とナツキちゃん、2人の弟子を従えて、
78歳の誠小(せいぐゎー)センセイ、まだまだお元気でした。



by quu75 on Twitter
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

8月定例句会~蝉に木槿に

2010-08-26 15:27:21 | 歌を詠む
100809.mon.

「久珠の会」8月の定例句会(帝国ホテルにて)
兼題は裸足・素足・裸(どれでも)、メロン、蝉。

  七日(しちにち)の命も愉し蝉の君

  縁側の白き素足やかき氷

  メロンの香ゆうるり胸にしまひたり

  鬼灯(ほおずき)のぽつと灯りし夕まぐれ

  木槿(むくげ)にも信念ありて眼開く

蝉が仰向けにコロンコロンと倒れています。
先日の五行歌歌会でも、蝉も熱中症かなんてお歌がありました。
土の中で十分な人生を過ごしたあとの、地上での短い命。
決して「つまんな~い」なんて思ってないよね。

むくげの花言葉は「信念」。
最近白いむくげが、鬼太郎の目玉親父に見えて仕方がない私です。



おまけ:双子の目玉親父が私の家にやって来ました。
    制作者のKさん、バイヤー(?)のS姉、どうもありがとうございました!
コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

涙の理由

2010-08-25 00:10:21 | 歌を詠む
100824.tue. 

痛い・・・
さっき、四ッ谷駅の階段から落ちまして
右膝とおでこと右手親指をしこたま打ちました。

実は、本日朝、家を出がけに
久しぶりにパンプスを履いて走ったところ、
突然左足首をグキリとひねってしまっていまい、
そのまま足を引きずりながら
恵比寿→赤羽→銀座→麹町と
打ち合わせやら取材やら歌会やらで走り回ってきたところでした。
1日の最後がこれかあ・・・(涙)

   「痛い」という
   単純な理由があるだけで
   涙なんて
   簡単に出るものだね
   …あふれ出るのは心の痛みだ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

8月20日(金)のつぶやき・さ、さむい・・・

2010-08-21 03:03:08 | 旅する
20:44 from モバツイ

草津温泉に来ています。湯畑そぞろ歩き。
ひさしぶりに、さ、さむいです……




by quu75 on Twitter
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

8月19日(木)のつぶやき・蓮の実

2010-08-20 02:38:35 | 美味いただく
18:14 from モバツイ
取材先の千葉で、古代蓮の実の甘露煮をいただきました。
二千年前の遥かなる味がする…?



by quu75 on Twitter
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ニヤリ

2010-08-20 01:12:14 | 歌を詠む
先月7月27日の五行歌麹町歌会の題詠は「笑う」。

   御蔵の海中で
   ニヤリ と
   イルカ
   あっ…
   神様が笑った

毎年のように竹芝桟橋から船に乗って
伊豆七島のひとつ、御蔵島(みくらじま)に
イルカと泳ぎに行っていたのは
もう15、6年も前のこと。

小さなボートで、イルカの生活を脅かさないように出かける
1日2回の素潜りツアーだった。

水中で、できるだけイルカと一緒に泳げるように、
あちこちの海で結構訓練したものでした。
なのに、肝心のイルカ君たちは、
全く興味なさげに海底深くを悠々と、
あるいは近づいてきてもスルリッと通り過ぎてしまう。

あるとき、気配を感じて振り向くと、目の前に大きなイルカ!
お互い、立ち泳ぎみたいにしてご対面です。
ええ~~~、うれしい! でも、大きい! 怖い! どうしよう! うわ~。
と思った瞬間、ぷいっと行ってしまいました。
私ももう息が続かなくて、水面へ一直線。
でも、彼(たぶん)の口元がニヤ・・・としたような。
遊んでくれようとしたのかな?
好奇心いっぱいな顔をしてた。
それより、畏れ多いという感覚がぴったりで…
ああ、ごめんね~。残念~。
ほんとに一瞬のことで、でも、きっと生涯忘れられない一瞬。


当時の「写るんです。水中カメラ」で撮った写真(紙焼き)を眺めると
あのときのことが鮮やかに蘇ってくるのです。




嫌がるイルカを追いかけているわけではありませんよ。(笑)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ゲゲゲ・・・

2010-08-17 23:49:11 | 美を巡る
100816.mon. 

銀座で取材のあと、ちょっと時間があったので
銀座松屋で開催中の「ゲゲゲの鬼太郎展」へ。
・・・と、会場内はすごい人込み。
老いも若きも皆、妖怪のミニチュアや原画を熱心に覗き込んでいる。
NHK朝ドラの視聴率もよく、再び<水木しげる>ブームが来ているのも頷ける。
かくいう私も毎朝楽しみに見ているわけで、
「ちょっこし・・・」「そげですか?」が
我が家の最近の流行り言葉でもあったりするのだ。

漫画の原画には仕事柄ずいぶん触れてきた私ではあるが、
噂に聞いていた水木先生の点描には息をのんだ。
スクリーントーンのない時代、ここまでの描き込みを・・・!
写植の貼り込みも懐かしい。
生原稿の持つパワーを、改めて浴びた感じ。

鬼太郎ファミリー、悪魔君、河童の三平、妖怪たち等々・・・
所狭しと会場にあふれかえっていて、楽しいやら妖しいやらの空間だ。
見えないものが見えている、不思議。
水木先生88歳。
その漫画人生は、まだまだゴールがないように見える。

出口付近には、水木先生のインタビュー映像が流れていた。
どん底貧乏時代から、黙って夫を支えてきた
布枝夫人の言葉は坦々として深みがある。

「戦場から戻って、片腕を失くしても
 ただひたすらに漫画を描いてきたんですよ。
 この人は大人物。
 いまでも凄いと思っています」

布枝さん、貴方も凄いです。



これは、ビーズで作った目玉親父。
先日会ったS姉が、さりげな~くペンダントにしてるじゃありませんか!
「私もほしい~。作って!」
というわけで、待機していたところ、
日記をアップしたと同時に「できたわよ」とメールが!
うーん、これも妖力かしらん?(笑)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

記憶の扉

2010-08-15 01:32:29 | 歌を詠む
100814.sut.

記憶の扉があるとすれば・・・
こんなふうに開くんですね、というお話。

週刊誌の1ページに
谷山浩子さんが載ってた。
読み飛ばそうとした瞬間、
急激に懐かしい思いが襲ってきて
なになに? 何を思い出そうとしているの?
自分でもそのときはよくわからなくて、
自分の頭の中で、何か化学反応が起こったみたいな・・・
いや、そんな激しいものではなくて
絡み合った糸が少しずつほぐれていくような手応えを感じ始めたとき、
  ~猫の森には帰れない♪という
さびのメロディーが頭一杯に広がった!

記憶の片隅にある小さな扉がパタパタと開き始めた。
音を立てて。
もう、止まらない。
甘酸っぱい、切ない想いがあふれ出して涙ぐみそうで
自分でもちょっとびっくり。
シンガーソングライターの谷山さんの歌をよく聞いていたのは
高校時代かな。
よく透き通る声に、幻想的で不思議な世界の歌詞を乗せて、
谷山ワールドをいっぱい運んでくれたのだった。
私と生年月日が同じ仲良しの漫画家、H・Sちゃんも
たしか谷山さんのファンだった、と思わずメールをしたら
すぐに返事が返ってきた。
昔、「谷山浩子のオールナイトニッポン」に取材に行ったよ~。
懐かしいね~、懐古だね~、と。

一昨日、取材でお話を伺った医学博士・認定音楽療法士のT先生から、
音楽療法は認知症にとてもいい結果を残していると聞いた。
昔の音楽を思い出すことで、記憶の扉が開きやすくなるのだと。
そう! 記憶の扉ですよね! と思わず、自分の
「猫の森には帰れない」事件(笑)を話してしまった私。
そういえば、昨年、老人ホームへ三線の慰問演奏に行った際、
沖縄音楽のほかに「春」とか「春の小川」を演奏したら、
何人ものご老人が涙を流して一緒に歌ってくれてたっけ。
古代中国の国名を暗記するのも、もしもしかめよ♪のメロディーで覚えると一発!らしい。
先週会った小学2年のTちゃんも、百人一首を歌を歌うようにそらんじていたっけ。
音楽の力って、すばらしい!

それにしても、本当に、まったく頭の中から消えていたのだ。
遠い遠いむかし、少女の頃にあんなに好きだった歌。
なくした歌を歌える日は不意にめぐってくる。

早速CDを取り寄せた。



「おはようございますの帽子屋さん」なんて
私のテーマソングにしちゃいたいくらい。
どうして忘れていたんだろう?

「すずかけ通り3丁目」も好きだった。
これは、
空襲で焼け死んだ子どもに会いに
時間をさかのぼってくる老婦人の歌だ。
終戦日を前にして、まさか聴くことになるなんて・・・
偶然なんだろうか?

   突然、思い出してしまった
   雨のやさしさ 雲の色
   かすかな 記憶のかたすみに
   風の中 あの子の瞳


<もう二度と猫の森へは帰れない空を見上げて雨粒を飲む>

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

8月12日(木)のつぶやき・トマトのスフレ

2010-08-13 03:12:58 | 美味いただく
23:58 from モバツイ

銀座1丁目にあるフレンチ・レストランchez tomoでdinner。
山梨県産の季節の無農薬野菜30種類を盛り合わせた前菜にびっくり。
デザートのトマトのスフレは、フランべしたあとアイスクリームをトッピング。
トマトの香りのソースに包まれた熱々とひんやりが舌の上でとろけて・・・。





by quu75 on Twitter
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

8月12日(木)のつぶやき・ラビットリング

2010-08-13 02:11:29 | 暮らしあれこれ
14:32 from モバツイ

LEENAの21歳の誕生日にプレゼントしたラビットリング。
可愛い!!
なんて似合うのかしらー。
さすがB型倶楽部の副隊長!…実は隊長の私も持っている(笑)



by quu75 on Twitter
コメント
この記事をはてなブックマークに追加