ペーパードリーム

夢見る頃はとうに過ぎ去り、幸せの記憶だけが掌に残る。
見果てぬ夢を追ってどこまで彷徨えるだろう。

日本画は愉し(^^♪

2017-04-21 02:11:10 | 美を巡る
170414.fri.

午後、駆け足で美術館巡り。
どちらも16日までということで、
前売り買ってても結局こうなっちゃうのよね σ(^_^;)



まず、恵比寿の山種美術館「日本画の教科書 東京編」。
教科書展と銘打つだけあって、
さすが日本画専門美術館・山種の名品がズラリ。

 

そのなかでも、なんたって土牛さんの「鳴門」ですよ。
今年は「醍醐」にお目にかかれずじまいだったけど、
久しぶりにこの絵の前に立って、
じわじわと感動を身体中に巡らせました。



お次は文化村のザ・ミュージアム「これぞ暁斎!」。
時間延長の金曜日でしたが「あと3日ですので、
館内は混雑しております」というアナウンスに、嗚呼、、、。
でもまあ、評判通りの充実ぶり。
百鬼繚乱の絵画イメージが強いけど、もともと好きな画家。
今回、幕末明治の転換期をリアルに写しとった画力に改めて惚れ直しました。



昔は美術館3つくらい平気で回ったものだけど、さすがにくたびれたわー。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 都内の桜の名所巡り、と新刊営業 | トップ | 春の新宿御苑 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。