ペーパードリーム

夢見る頃はとうに過ぎ去り、幸せの記憶だけが掌に残る。
見果てぬ夢を追ってどこまで彷徨えるだろう。

故郷協奏曲(ラプソディ)6

2017-06-10 17:47:35 | 旅する
170527.sun.-2

昨夜の同期会の後、幼馴染のKちゃん家に泊めてもらい、
(それにしても話が尽きない!別れ難い!!)
美味しい朝ご飯をいただいた後、
ひとまず市街地まで送ってもらう。
途中で、見せたい場所がある、と寄ってくれたのがここ。

 

近年、サフォークを飼う農家が増えているようで。
焼肉の町・飯田だから?σ(^_^;)
みんな可愛いなあ。まだ毛の生えそろっていないチビ助も、
ちょこまか動き回って。
すごーく長閑な風景でした。

柳田邦夫館や日夏耿之介記念館を見た後は、
五平餅を買って、電車に飛び込む。
なんたて、一時間に一本しかないですからね、これを逃すとお昼に間に合わない。



十数年ぶりに飯田線に乗って実家へ帰宅。
最寄りの伊那大島駅まで、のんびり25分の旅。

 

飯田線には「下平」駅という無人駅があります。

 

当時小1の姪っ子(もう大学4年!)を連れて乗った時、彼女が大騒ぎ。
「きゅうちゃん!しもだいらえきだよ!!パパにおしえてあげなくちゃ」
「パパ知ってるよ。毎日これで通ってたんだから(笑)」
なんてことも思い出したりして。
懐かしいなあ〜。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 故郷協奏曲(ラプソディ)5 | トップ | 在宅医療で生き切るということ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

旅する」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。