ペーパードリーム

夢見る頃はとうに過ぎ去り、幸せの記憶だけが掌に残る。
見果てぬ夢を追ってどこまで彷徨えるだろう。

故郷協奏曲(ラプソディ)2

2017-06-10 17:19:26 | 旅する
170527.sat.-2

井田駅でバスを降りて、待ち合わせのホテルのロビーへ。



6人で連れ立って、市街地へ下りていく。
信号のないラウンドアバウト(環状交差点)が、飯田にはあったのね。
自動車が次々と入ってきてはぐるーりと回って出てゆく光景は
なんだか不思議。

 

高校時代によく入った喫茶店とか、いまはなき平安堂書店の跡とか、
今じゃすっかり有名になった焼肉屋さんとか、懐かしい三連蔵の景色とか。

 

りんご並木、やっぱりこれは外せないですね。



昭和22年の飯田大火で、当時の市街地の約8割が罹災。
その翌年、防火設備を整えて再建された道に市内の中学生が植樹し、
今も大切に手入れされている飯田市のシンボルです。

昨年11月に天皇皇后両陛下が、阿智村の満蒙開拓記念平和館へ行幸啓。
その後、皇太子時代以来47年ぶりにりんご並木をご覧になった陛下が、
「Build Back Better」というお言葉を話されたとのこと。
被災前より、より良い災害復興をしていくという活動が、
戦後間もなく行われていたことに言及されたその記念碑が、
リンゴ並木の傍に建てられていました。

 

飯田市美術博物館(設計は高校の先輩、原広司氏)のギザギザの屋根は
、伊那谷を取り囲む山なみ風。駅舎もりんごをイメージした赤。
マンホールはそのまんま林檎。

 

 これはわが町のマンホール


しかしねえ、、、人が歩いてないのよ、大通りもどこも 、、、σ(^_^;)
鶴瓶が来たら、困るんじゃないかな〜〜(笑)

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 故郷協奏曲(ラプソディ) | トップ | 故郷協奏曲(ラプソディ)3 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。