ペーパードリーム

夢見る頃はとうに過ぎ去り、幸せの記憶だけが掌に残る。
見果てぬ夢を追ってどこまで彷徨えるだろう。

ザ・「型染」職人 

2016-09-18 19:54:35 | 美を巡る
160916.fri.

 

「下平清人となかまたち展」
6月に帽子展をさせていただいたアートギャラリー道玄坂にて。
(17日で終了)

親戚のおじさんではありません。(笑)
でも、郷里は同じ飯田生まれで、あの芹沢銈介氏に師事、
80歳の今も、那須で型染作品を作り出しておられます。

 

昨日伺ったのですが、ダンガリーのシャツが若々しい。

たまたまギャラリーで再会したP出版のHさんと私に向かって、
「あなた達のようにものを書く人は、
 実際にこういう作業を見に来ないとダメだよ」と。

「名を残さず、ものを残す」を信条に、
図版から染めまで総ての工程をお一人でこなす。
気さくで、さりげない佇まいのザ・職人でした。

 

そのあとは、高校の後輩のみどりちゃんと、ワインハウスで食事。
同郷で同業、4つ年下なれど、話は尽きず。
場所を変えて、別バラタイムも含めて、
何時間しゃべったかなあ~~(笑)

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「現代女性歌人展」へ。 | トップ | あってはいけない! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

美を巡る」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。