ペーパードリーム

夢見る頃はとうに過ぎ去り、幸せの記憶だけが掌に残る。
見果てぬ夢を追ってどこまで彷徨えるだろう。

077:対(コバライチ*キコ)

2010-05-07 21:32:25 | 題詠2010
明日といふ対岸眺めゆるやかに落ちる夕陽を掌に乗す
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 22年前の生還 | トップ | 078:指紋(コバライチ*キコ) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

題詠2010」カテゴリの最新記事