ペーパードリーム

夢見る頃はとうに過ぎ去り、幸せの記憶だけが掌に残る。
見果てぬ夢を追ってどこまで彷徨えるだろう。

縁起のいい雲

2017-02-24 02:37:50 | 暮らしあれこれ
170213.mon.



帰京途中、八王子のあたりで
ひょろひょろ??っと前を横切る、、、あれは龍の子ども?



龍の子のあとに現れたキティちゃん?(笑)
いや、コアラのマーチか!?
ちょっとうつむき加減で。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

歴史探訪 松源寺

2017-02-21 19:35:41 | 暮らしあれこれ
02170212.sun.

 

朝起きたら、窓から見える見事な眺望!
仙丈ケ岳、赤岳、塩見に烏帽子、赤石岳、、、南アルプス連峰の美しいこと。



朝風呂も、朝ごはんもしっかりいただいて、
またの再会を約束して解散。

実家に戻る前に、歴史探訪です。

南信州は市田郷、松源寺。
「おんな城主 直虎」の許嫁、三浦春馬君演ずる亀之丞(井伊直親)が、
遠州井伊谷、今川氏の追っ手から逃れて12年を過ごしたという寺は
細い農道の、赤い幟のはためく先にありました。

 

この辺りはよく車で通っていたのに、全く知らなかった。すみません。
朝ドラとか大河ドラマでブレイクする例に漏れず、
この静かなお寺も、今やマイクロバスで観光客が押し寄せる観光地のようですよ。

 

 

 日陰はまだ雪が残ってた。

亀之丞は、領主松岡氏の庇護のもとで、
恋仲になった嶋田村の代官塩沢氏の娘との間に2人の子を成した。
現在、その子孫は塩沢→井伊に改名して、飯田で麹店を営んでいるとのこと。

そういえばしばらく会ってないけれど、
神奈川に住む歌友の井伊氏も井伊直弼の子孫だと、
以前聞いたことがあったっけ。
徳川家とか織田家とか井伊家とか、
歴史年表に載っている家系の方が普通に目の前に現れると、
勝手にタイムスリップしてしまいたくなるのは、どういうわけでしょうね。(笑)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

嗚呼、50年来の友等よ。。。

2017-02-21 19:22:49 | 暮らしあれこれ
170211.sat.

中学の同級会に出るために、帰省。

 

中央道、途中まで晴れてて富士山も八ヶ岳もきれいに見えてたのに、
駒ヶ根あたりから一面真っ白!!!

 

マイナス2度だって。
果樹園のリンゴの木も寒そう。。。

夜は5年ぶりの中学のクラス会。
南信州吾高森町、天然温泉湯が洞にて。、
NHK大河ドラマ「おんな城主直虎」の許嫁の亀之丞が隠れていた山里ということで
地元は大いに盛り上がっているようす。

 

宴会にはつきものの鯉のうま煮!
懐かしい~~(^^♪

 

担任のN先生も71歳。当時は28歳!? 
毎度それを考えると笑っちゃうよね。ワカゾーじゃん(笑)
でも、変わらないなあ。
結構怒られたよね、男子はしょっちゅう拳骨もらってたよね、
バスケの顧問やってたときは、竹刀もってたもんね~、、、とか
ついこの間のことのように映像がよみがえる。
学校はとっくに鉄筋コンクリートの新校舎になってるけれど、
あの木造校舎はいまも脳裏にちゃんとある。

18人の宴会の後、部屋に戻ってさらに飲む、喋る。笑う。
中学の同級生ですからね。
保育園の時から一緒だと、もう半世紀の付き合いじゃん!(≧∇≦)
そんな友人とのひと晩は、体も心もゆるゆるになりますわ。
「きーこ」「きっこ」って呼ばれる懐かしい時間はあっという間に過ぎていく。

気がついたら夜中の1時過ぎ。
ほろ酔いで温泉に浸かってバタンキューでした。

温泉は、すべすべのお湯で、朝風呂も気持ちよかった(^▽^)/
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

五平餅2017

2017-02-07 14:04:52 | 美味いただく
170126.thu.



いつの間にやら集まった
年齢ばらばらの高校の同窓生達の、
年に一度の見よう見まねの五平餅作りも、も
う5年?6年?経ちまして。

  

  

胡桃味噌の味付けも目分量、
新米の半殺し具合も適当な手加減、
串はいつも即席の割り箸なんだけど、
これが美味いんだな~~~

  

自称・転校生(笑)もちらほらいるのもご愛嬌の、
おかしな集まりです。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

書の未来展

2017-02-01 02:38:30 | 美を巡る
170124.tue.




「書の未来展」。



いきなりなんだこりゃ!?と思いません?(笑)



これなんか、書のモールス信号、、なんだとか。
アートです。



これは抽象画。




「本来無東西何処有南北迷故山三界城悟十方空」
とかいてあるのだとか・・・

 

ほかにもうむむむむ。。。とうなる作品ばかり。
なるほど、、、書は自由です。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加