Radio workshop & everyday.

自灯明法灯明

「自らを灯(ともしび)とし、拠り所として、他を灯とすることなかれ。」

作ったアンプの性能を見る

2017年05月16日 | 日記

6BM8超三結の周波数の増幅の具合をAboutに観測して見た。
あまり詳しくは突っ込まないでくださいね。
先ず正弦波をアッテネーターを介して接続し
sp-outにオシロを繋ぎ観測、出力はオープン。
正弦波は30年程前に買った秋月の信号発生ICを使ったキットを作ったもの。
結果はし100Hz以下に成ると、正弦波のピークが鈍って来ます。
3KHz辺りまでは入力波形と殆ど変わらない。
因みに5極管部のカソード電圧を、Audio-inの
FETのソースにシリーズに繋がっている5KΩの
VRを調整し5極管部のバイアスを変えて見た
やはり製作記事に調整電圧指示の42V辺りが
出力波形もおかしく成らず一番いい状態の様だ。
私の聴感は現在は良く無いので、明日新しい補聴器が来てから、また聞いてみたいと思っています。
font size="2">

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« チェーンソー修理と超三結アンプ | トップ | 補聴器が来た »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む