Radio workshop & everyday.

自灯明法灯明

「自らを灯(ともしび)とし、拠り所として、他を灯とすることなかれ。」

太陽の活動と人類の動向

2016年10月08日 | 日記


私はBCLをしていますが、太陽の活動と電波伝搬の関係は切っても切れ無い物が有ります。
例えばデリンジャー現象とか、太陽の活動サイクルは粗10年位の周期で有る様で、活動の極大期と極小期を繰り返すそうです、黒点の数等も関係している。
極大期には地球の電離層も電波を良く反射する様で、遠くの地球の裏側のアルゼンチンなんかの放送も良く聞こえる様に成ります。
後電波の周波数が高く成ると、通常の電離層は反射しにくく成るのですが、極大期には反射しやすく成り普通は聞こえないとか見れ無い様なテレビの絵や音が入感することが有りました。
私は昔その様な事を経験したことが有ります。
さて、話を本題に戻すと、極大期に成ると人間活動も活発に成りそれに伴い争いとかも起こるらしいです。
逆に極小期に成ると人間もおとなしく成るような事も有りジフテリア菌の毒性も低く成るようなデーターがあるそうです。
元記事は以下の所です。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« SSR-1を、まともにしてみる | トップ | 久々に山へ登った »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (maiko)
2016-10-08 23:12:52
阿蘇の大噴火の被害はいかがでしょうか?
普段、行くことができたあの火口が噴火したのでしょうか。
お早うございます。 (ezekiel1)
2016-10-09 11:12:31
噴火に関する直接の被害は、マスコミの言う程のものでは無い様です。
でも、火山灰の処理や農業関係のハウスやお米や野菜類の被害は相当なものが有ると思います。
やっと地震から復興しかけた所にこの火山灰の影響は、ボディブローのように効いてくるのではないかと心配をしております。
風向き関係で西の方は大した事は無い様ですが東の北、南、東の方面の地区は被害が大きい様です。
数年前の豪雨災害に始まり、降灰に因る被害も有りました、そして地震と、この様に立て続けに自然災害が発生すると自然と言うものは、立ち上がろうとするものを叩きのめしてしまう程の非情なものかと思ってしまいます。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む