Radio workshop & everyday.

自灯明法灯明

「自らを灯(ともしび)とし、拠り所として、他を灯とすることなかれ。」

バイバイ笑顔のわが子を橋から・・・

2017年01月04日 | 日記

こんなことが、こんなことが有って良いのだろうか
朝日ディジタルのニュースを見た
幼い我が子を橋の上から落として殺してしまうなんて
その時我が子はバイバイと笑顔で言って落ちていったのだそうだ。
もう私はこの状況をどの様に考えたらよいのか分からない
色々と事情は有ったにせよ、なぜこの母娘を救えなかったのか。
祝福された結婚、こんな筈では無かった後悔の後の離婚、
シングルマザーと成った後の更なる悲劇は、再婚しても相手に取って連れ子は所詮他人に過ぎない事だ、再婚相手に我が子を愛おしんで貰う事は並大抵の事では無いだろう。
この母の親の対応にも、なぜこの母がこの様な結論を出さざるを得ないような結末にさせてしまったのか。
この母の親であればもっともっと救いの手を差し伸べてやれるのでは無かったのだろうか。
他人事ながら涙が浮かんでくる。
更にこの様な自覚の足りないシングルマザーの予備軍は沢山おられるだろう、その現実は悲劇の前の一線で何とか踏みとどまっているのかも知れない。
なんともやりきれない世相に成ったものだ。
この様なニュースが出ると、結婚はしないと言う人が増えるだろう、皮肉な事に国の政策に相反したものに成ってしまう。
結婚し共に暮らして行く事は友達感覚では破綻してしまう
どんなことが有っても相手を尊敬しながら過ごして行くしか無い。
良くお互いに秘密を持たないとか有るけど、冗談じゃ無いはっきり言ってある程度の秘密は持っていないと暮らしていけないよ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 侘しくも心を突きぬ除夜の鐘 | トップ | 納屋の雨漏りを考えてみる »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事